著名アナリスト・ストラテジストたちが考える個人長期投資ポートフォリオ

2020年1月6日のテレビ東京モーニングサテライトの出演者は以下の通りでした。

  • UBSウェルス・マネージメント 青木大樹
  • JPモルガン証券 坂上亮太
  • 三菱UFJモルガン証券 藤戸則弘
  • SBI証券 北野一
  • マネックス証券 広木隆
  • 大和証券 石黒英之
  • BNPパリバ 中空麻奈
  • バルタリサーチ 花生浩介
  • ホリコキャピタル・マネジメント 堀古英司

この番組の中で著名アナリスト・ストラテジストたちの考える個人長期投資ポートフォリオの特集がありました。それを要約すると以下の通りです。

  • 株式を中心に運用する

  • 外国株式のウエイトが高い

  • その中でもアメリカ株式が多い

超低金利の現在においては、債券の利回りが低いので株式をメインに考えなければリターンを手にすることができません。株式はリターンが高い一方でリスクも高いという特性があります。しかしリスクは短期で見ると高いものの長期で見ると低くなります。正確に言うと、株式はリターンが高いので長期運用によって株価が徐々に上昇する傾向にあるので、時間の経過とともにリスクが小さくなるのです。もし株価が上昇しないのであれば、長期であってもリスクは小さくなりません。具体的に言うと、アメリカの株式相場は200年で100万倍になりました。株式相場が今後100万分の1になる可能性はほとんどゼロといってよいでしょう。

個別株式でなくETF

個別株式であれば、倒産によって株価が100万分の1どころか、100万分のゼロになってしまします。しかし、個別株式ではなく、S&P500のようなETFに投資すれば、ETFの株価がゼロになることは考える必要はないと思います。

外国株式

上記アナリスト達によれば、個人投資家の長期投資としては、株式の中でも外国株式が推奨されています。それは日本だけでなく世界に分散投資することによってリスクを減少させることができるからです。上記のように、一つの国の中でも個別株式だけではリスクが高いので、数多くの株式に分散投資する方が良いのと同じように、国の数も多い方がリスクが小さくなります。それは30年前の日本の株式相場のバブルと崩壊の後、現在でもその水準を回復していないことを見れば、1国だけに投資することのリスクが分かると思います。

簡単に買える

しかも現在は、外国の株式インデックスファンドやETFを簡単に買える時代です。簡単なうえに、インデックスファンドは非常に低コストで購入・保有することができるようになりました。日本の投資家にとってこれほど恵まれた時代はありませんでした。

昔の投資信託はひどかった

30数年前に私がアメリカ主張したときの飛行機で隣席にいたので山一証券の社員でした。初対面でしたが話しているうちに共通の知人がいることが分かり、打ち解けることができました。その人に「株式の勉強をしたいのですが、何を買ったら良いか」と質問したところ、「投資信託だけはやめた方が良い。あれは証券会社だけ儲かって、お客さんは損をするから。転換社債が良い。転換社債は、値が上がる時は株と同じ動きをするけど、もし下がっても5年後の償還の時には額面に戻るから損はしない。」と答えてくれました。

転換社債

そのアドバイスに基づいて、東海銀行の転換社債を100万円購入しました。その頃ちょうどバブルの真っ最中だったので、転換社債は150万円くらいまで上がりました。私は勉強のために購入したので売るつもりはありません。しかし、そこでバブルがはじけました。70万円まで下がりましたが、それ以上は下がりません。額面で償還になるのですから、資金が不足していなければ売らないで2~3年持っていれば良いのです。そして徐々に価格が戻り5年後には100万円で償還されました。その5年間利子も受け取りましたから、決して損はしませんでした。

一方のアドバイスである投資信託については、当時まったく手を出しませんでした。昔の投資信託の投資信託は次の3つの点で問題でした。

  • 購入手数料が高い
  • 信託報酬が高い
  • 銘柄の買い替えをするように証券会社から営業攻勢をかけられる

現在は昔の10分の1以下のコスト

現在販売されているアクティブファンドの購入手数料は1~3%です。それに対し優良なインデックスファンドの購入時手数料率は、ゼロです。いわゆるノーロードです。また、保有していると常にかかるコスト(信託報酬)もアクティブファンドの1~3%に対して、インデックスファンドは0.1%~0.2%と極めて低率です。信託報酬2%の投資信託を10年保有すれば20%価値が損なわれます。

証券会社の営業

もう一つの問題は、証券会社の営業員が銘柄の買い替えをさかんに勧めることです。言い商品だから、あるいはタイミング的に「旬(しゅん)」だからと言って勧めるのですが、本音は買い替えによって購入手数料を稼ぎたいのです。

新商品登場

このような状況は30年以上前も現在もあまり変わっていません。しかし、それ以外に大きな変化がありました。それは、ETFの登場と、低コストインデックスファンドの登場です。

ETF、インデックスファンド

2001年に、1306(TOPIX連動のETF)等の低コスト上場投資信託が登場したのです。信託報酬は0.11%(税抜き)です。それまでの投資信託の20分のです。もう一つは2014年ごろから登場し、コスト引き下げ競争を演じている低コストインデックスファンドです。これらの商品は1980~90年代には考えられなかったような優良な商品です。しかし低コストインデックスファンドは、まだ対面証券では買い難く、インターネット証券での購入が主流です。

SPY

しかし、ETFであれば対面証券でも買うことができます。上記のテレビ番組でも具体的商品名としてSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)が推奨されていましたが、このETFはインターネット証券会社だけでなく、野村證券、大和証券などでも購入できますので、個人投資家の長期投資としては推奨されるべき商品です。私は約5年前にSPYを購入し、現在43%上昇しています。一度も売ったことは無く長期保有に努めています。

私のポートフォリオ2019年12月

ETFがメイン

私のポートフォリオの特徴は、ETFが多いことです。

  • 1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)
  • SPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)
  • VWO(新興国のETF)
  • VGKY(ヨーロッパのETF)
  • VOO(アメリカSPDRのS&P500のETF)
  • ASX(オーストラリアのETF)

合計で86%がETFです。

ETFはExchange Traded Funds(取引所で取引されるファンド)の略で、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託で、証券取引所に上場して取り引きされます。

最近話題になる投資信託は、

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド
  • ETF

の3種類です。

アクティブファンド

代表的な銘柄は以下の通りです。

  • レオス-ひふみワールド+
  • ダイワ J-REITオープン(毎月分配型)
  • 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
  • 楽天 日本株トリプル・ベアIV
  • グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)

アクティブファンドは経費が1~3%と高いので、私は買うつもりがありません。しかし、新聞、雑誌は、広告宣伝を掲載してくれるので、記事になることが多いのですが、避けるべき商品だと思います。

インデックスファンド

インデックスファンドは、数年前までETFより経費が高かったのですが、最近は急激に低くなったため、ETFとほぼ同水準のものもあります。私自身も、「野村つみたて外国株投信」(つみたてNISA)、DC(確定拠出年金)の外国株式インデックスファンドで利用しています。優良なインデックスファンドは、購入・換金手数料がかかりません。信託報酬も0.1%程度まで下がって来ました。

資産の分散化

インデックスファンドは日本企業が販売していますが、SPY、VOOなどはアメリカの企業が販売しています。資産の分散化を図るという観点からは、アメリカの企業が販売する商品に投資した方が、より安全ではないかと考えています。もっと安全性を高めるのであれば、外国のプライベートバンクで運用するという方法もあるようですが、それほどの大金を私は持っていません。

 

日本のETFは1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)しか保有していません。従業員持株会で20年近く積み立ててきた株式1000万円分が、2.5倍の株価になったので、全額を売却して1306に買い替えました。それが2012年初めだったため、年末からアベノミクスが始まって、2倍の時価総額になりました。結局5倍になりましたが、運が良かったことと、思い切って大量のETFを購入した結果です。

この投資で重要なことは四つです。

  1. 個別株式はリスクが大きいので早めに売却する
  2. 投資は代表的なETFに絞る
  3. 実際に買う
  4. 売らずに持ち続ける

1.個別株式はリスクが大きいので早めに売却する

私は運よく従業員持株会の株式が2.5倍になりましたが、連れ合いは20年間持ち続けた後に、会社が倒産して400万円の株式がゼロ円になってしまいました。株主優待で数十万円の恩恵は受け取りましたが、微々たるものです。もし、個別株式を持つのであれば、複数銘柄(できれば10種類以上を別々の業種で)を保有し、趣味としての投資として割り切ることです。趣味にはお金がかかりますから、多少損失を被ってもあきらめがつきます。また、十種類以上の株式を持っていれば、全てが倒産したり暴落する可能性は低いので、損失をある程度抑えることができると思います。

2.投資は代表的なETFに絞る

国内のETF銘柄数は200以上

ETFには、非常にたくさんの種類があります。2019年現在で219銘柄ありますが2017年には230銘柄ありました。このうち普通の人が投資しても良い銘柄は、数個から十数個だろうと思います。

純資産総額1兆円以上が基準

銘柄数が減ったということは、もしその銘柄を持っていたら、償還になって困るということを意味します。私は、ETFを買う基準の一つとして、純資産総額が1兆円を超えているということを設定しています。自分の持っている銘柄がいつ無くなるか分からないのでは、安心して長期保有することができません。

レバレッジ、インバース

また、レバレッジやインバースといった型の銘柄は経費が高いので長期保有に向いていません。レバレッジ型のETFとは、例えばTOPIXの日々の変動率に2倍を乗じた動きをするように設計された指数のことです。ダイワ 上場投信-トピックスの信託報酬(税抜)は0.11%ですが、ダイワ 上場投信-TOPIXレバレッジ(2倍)の0.75%もの経費がかかります。また、ダイワ 上場投信-TOPIXインバース(-1倍)も0.75%です。私はこのような高コストの銘柄には全く関心がありません。

ETF以外で保有している資産は以下の通りです。

  • USMMF
  • 豪ドルMMF(オーストラリア)
  • 財形年金保険
  • DB(確定給付年金)
  • DC(確定拠出年金)

外貨MMF

USMMFは、SPY等外貨ETFの分配金が年間4回支払われるので、それがたまったものです。そろそろ、このUSMMFでVOOかVWOを買いたいと思っています。豪ドルMMF(オーストラリア)もASXの分配金がたまったものです。

財形年金

財形年金保険は50歳代前半に財形貯蓄で貯めたもので、60歳から66歳まで受け取っている最中です。

DB

DB(確定給付年金)は、以前勤めていた会社の年金で、60歳から20年間に分けて受け取っています。毎月6万円ほどの受取です。

DC

DC(確定拠出年金)は、個人型(イデコ)ではなく企業型で、退職後はみずほ銀行からコストの低い野村證券に移管しました。SBI証券の方がさらに低コストなのですが、SBI証券は紙の報告書を送ってくれないというので野村證券を選びました。

売却予定

近々、自宅の修繕費用が300万円かかる予定なので、1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)のNISA部分と特定口座部分を売却する予定です。