社会人とお金20

新社会人へのアドバイス

私は長いサラリーマン人生の間に、資産運用関係の仕事に携わって来ました。その知見をもとに、就職が内定した自分の子供にお金のアドバイスをしました。このブログでは、数回に分けてそれを説明しています。

⑭ 給与明細はファイリングしておく。日本年金機構はいい加減。

私の年金記録も

2007年に消えた年金記録問題が発覚し、納めていた年金の記録がないために年金を支払ってもらえないという事態になった。私の年金を確認したところ、最初の数年は同じ掛金でしたが、数年後に突然2倍になり、その数字がしばらく続いた後、急に掛金が下がっていたのです。誰がどう見ても年金記録が間違っていると思えるのですが、年金事務所に言うと、「給与明細等の証拠を出してくれれば直します。」の一点張りでした。過去数十年の給与明細を取っているはずもなく、そのままになっています。今は、年金記録をインターネットで確認できますが、証拠書類としての給与明細は手元になければ突合できません。マメに保管整理しておかなければなりません。

⑮ 毎月の積み立て

最後に、社会人になって給与をもらうようになると自動積立をセットしておく必要があります。その案が次の通りです。

1.確定拠出年金

最近はiDeCoの広告宣伝が多いのですが、会社のDCで確定拠出年金の掛け金枠を全額使ってしまう場合にはiDeCoを使えません。会社のDCなら外国株式インデックスファンド、iDeCoならDCニッセイ外国株式インデックスを選択するのが良いと思います。

2.つみたてNISA

最も低コストの<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドかeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが良いと思います。

3.積立投資信託(特定口座)

2。のつみたてNISAと同じ2銘柄が良いと思います。なお、2019年9月に発売されるSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは最小コストなので有望と思われます。

4.ETF毎年自分で買付(特定口座)

将来的にはインデックスファンドだけでなく、外国のETFの方が低コスト化を図れるので、VT(バンガード社の世界のETF)、またはIVV(ブラックロック社のS&P500)、VOOを毎年定期的に買い付けることも検討するのが良さそうです。

区分 税金 証券会社 商品 毎月の掛け金
1 (DC企業型、iDeco個人型)確定拠出年金 節税 勤務する会社の指定金融機関、SBI証券 DC企業型なら外国株式インデックスファンド、iDeCo個人型ならDCニッセイ外国株式インデックス 55,000
2 つみたてNISA 節税 SBI証券 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 33,333
3 積立投資信託(特定口座) 課税 SBI証券 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(毎年1万円加算)、またはSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 11,667
4 将来的給与が上がった場合

(ETF毎年自分で買付(特定口座))

課税 SBI証券 VT(バンガード社の世界のETF)、またはIVV(ブラックロック社のS&P500)、VOO (100万円程度)
合計 100,000

 

 

 

私のポートフォリオ2019年8月

野村つみたて外国株投信を3万3千円積み立て

今月もつみたてNISAを33,000円買い増した以外は変化がありません。この円グラフを見ると、私のポートフォリオが少し複雑だったり、少し古いという印象を受けるかも知れません。

そこで、最近の流行を取り入れたポートフォリオを作ってみました。

1308の方が経費が安い

左上にあるDC7%、DB6%、財形年金保険1%は現在の商品をそのまま使いました。右上の1308(TOPIX連動型上場投資信託のETF)は、現在持っている野村證券の1306(信託報酬:税抜年0.11%)を日興証券の1308(0.088%)に替えています。

1308は成長中

1306の設定日は2001年7月11日、1308は2001年12月20日ですから、5か月ほど1306の方が早かったという利点がありますし、野村グループの商品であるということも訴求ポイントだったでしょう。しかし1308は、信託報酬が安いので成長を続け、現在純資産総額が4兆円を超えるところまで来ました。1308と1306のコスト差は歴然としていますから、これから買う個人投資家は1308を購入した方が良いと思います。

純資産総額1兆円を超えたVT

私の現在のポートフォリオとの最大の違いは、外国のETFです。最近流行のポートフォリオでは外国のETFをVT一本でカバーしています。正確に言えば、VTは全世界の株式市場をカバーしているので、日本も含んでいます。このため日本は1308とVTの両方でカバーしていることになります。また、外国為替手数料を二重に支払っているので少し不利かも知れません。なお、VT全体の内、日本市場の占める割合は7.5%です。

VTの地域別シェアで個別ETFを所有

一方私のポートフォリオは、アメリカはSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)とVOO、ヨーロッパはVGK、新興国はVWO、オーストラリアはASXでカバーしていています。私のポートフォリオでカバーしている地域のシェアはVTのシェアを参考にしています。

一本か、複数か

最新流行のポートフォリオのようにした方が良いのか、それとも私のように地域別に別々のETFを買った方が良いのかは、それぞれメリット・デメリットがあると思います。

VT一本だと無関心の恐れ

VT一本だけを持つと、何もしないでも自動的に世界の地域別の成長率を反映してくれますが、ヨーロッパ、新興国などについての関心が薄まるという問題もあります。少し時間をかけてチェックすれば、それぞれの地域への関心も知識も高まるでしょう。

ETFも分散

他にも、VT一本で良いのかという疑問を持つ理由があります。資産は分散させた方が良いと言われていますが、VT一本で運用したら、万が一バンガード社に問題が生じた時に、リスクが大きすぎるのではないかという不安です。日本でも過去に名門だった山一証券が経営破綻しました。私の連れ合いが400万円を積み立てた従業員持ち株会の株式は倒産によってゼロになりました。

4社分散が良いかも。

アメリカのインデックスファンドの会社の大手は、バンガード、ブラックロック、ステート・ストリートです。これに野村證券を加えた4社に分散したいという気持ちがあります。