VWOのトータルリターン:SBI証券のターゲット顧客層は20歳代~50歳代?

◎今日のグラフ:VWOのトータルリターン

VWO(バンガード社の新興国のETF)のトータルリターンのグラフです。2017年9月30日までの資料ですので、その後の2017年末までの価格上昇と2018年2月の株価下落を反映していません。少し古いデータであるとの印象はぬぐい切れませんが、私は長期の資産運用なので、あまり気にせずに3年間以上のタームを確認したいと思います。

VWO 2017年9月30日までのトータルリターン:%
四半期   7.76
年初来 23.61
1年間 18.86
3年間 4.040
5年間 3.610
10年間 0.970
設定来   7.01

9年前がリーマンショックなので10年間の利回りは低水準

2005年からの11年半のトータルリターンが7.01%ですから、悪くはありません。しかし、10年間のトータルリターンは0.97%と、極めて低い水準にです。2017年の10年前はリーマンショックの1年前で、株価の高い時期でした。つまり、リーマンショック前の株価上昇の波に乗って価格が上昇したものの、その水準を回復するのに10年間の時間を費やしたことになります。SPY(アメリカSPDRの S&P 500のETF)が早々に回復したのに比べると、スピードは遅いと言わざるを得ません。最近1年間は成長が著しいので、安定感にはあまり期待せず、長期の成長を見守りたいと思います。

VWOはリスクが高いのでしょうか?

VWOはFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)です。インデックスは時価総額加重インデックスで、全世界の新興国市場の大型株・中型株・小型株のパフォーマンスを表します。 インデックスはブラジル、ロシア、インド、台湾、中国、南アフリカを含みます。このETFを3年前に野村證券で買おうとしたときに、野村證券の担当者が、「VWOは新興国ですからリスクが大きい。買わないほうがいいと思います。私の顧客で、VWOを買った人はいません。」とアドバイス?をくれたので、その時は買うのをやめました。しかし、その後もう一度よく調べた結果、特に問題ないとの結論に達し、しかも資産分散化の観点からは必要だと考えました。そこで数か月後にVWOを発注しました。現在、野村證券ではインドなどの投資信託がよく売れているようです。

中国の経済成長

中国の過去30年間の経済成長が目覚ましいことは、私が言うまでもなく誰もがご存知のことです。30年ほど前に、仕事で中国になんども出張したことがありました。印刷物は、多色刷りですが、それぞれの色が少しずつずれていて、日本では見たことのないほど低品質でした。そのころは、男性はあまり熱心に働かず、女性の店員は愛想が悪く、これほどの経済成長を遂げるとは思いませんでした。インドや東南アジアの経済成長は緩慢で時間がかかりそうですが、長期にわたって紆余曲折を繰り返しながら成長していくのでしょう。

◎今日のテーマ:SBI証券のターゲット顧客層は20歳代~50歳代?

子供の世代には野村証券だけでなくSBI証券も候補

私の場合、資産運用は基本的にETFが中心で、インデックスファンドの積み立てはつみたてNISAだけですから、野村証券1社との取引で不満は有りません。しかし、私の子供の世代は、つみたてNISA以外に、非課税でない投信積立をする必要があります。ところが野村証券の積み立て用投信の商品は、信託報酬が高めなので、SBI証券の方が望ましいと思っています。今考えている積立用の投信は、ニッセイ外国株式インデックスファンドです。この商品は、SBI証券で取り扱っています。私の子供は、私ほど金融機関、金融商品、資産運用に関して知識も経験もありませんから、私が導いてあげたいと思っています。親が、「野村証券の野村つみたて外国株投信か、SBI証券でニッセイ外国株式インデックスファンドが良いよ」と教えてあげれば、本人も安心して、投資のハードルがかなり低くなると思います。ただし、まだ詳しく調べていませんので、これからいろいろ確認しようと思っています。

SBI証券のiDeCoは紙の報告書を郵送してくれない。

ところで、SBI証券のiDeCoは、毎年の報告書を電子でしか送ってくれず、紙で郵送してくれないそうです。そうすると、私がもし急死した場合には、家族にこの資産の存在を知らせることができないのではないかという不安があります。私は経理関係の仕事もしていますが、銀行の残高証明は決算日に必ず紙で郵送してもらっています。なんでも、すべて電子化にすればいいというものではないと思います。なお、野村證券に同様の問い合わせをしたところ、みずほのJIS&Tと同様に毎年初めに紙の報告書を郵送してくれるそうです。

SBI証券のターゲット顧客層は20歳代~50歳代?

SBI証券には、マネープラザという対面窓口もありますが、SBI証券本体ではなく別会社で、かつ対面証券会社が行うような各種手続きはしないそうです。SBI証券では各種手続きに関して、セミナーをしているので、そちらに行ってほしいとのことでした。そこでホームページで調べたところ、多くのセミナーが20歳代~50歳代と限定しているので、60歳代の私は気後れしてしまいそうです。今後少しずつ調べようかと思います。

ネット投資家か店頭投資家か:ネット証券会社との取引

◎今日のグラフ:ネット投資家か店頭投資家か

証券経済研究(2016.3)に年代別投資家プロフィールが掲載されています。

60代はネットより店頭が好き

一番右側の60代の棒グラフに特徴がよく現れています。緑の店頭投資家が40%を超えていますので、やっぱりという感じです。一方でネット投資家も24%ですから、低い数字でありません。かくいう私も60代のネット・電話・店頭投資家です。国内のETFはインターネットで注文できますが、外貨ETFは電話か店頭でないと注文できません。30代、40代の人達は仕事が忙しいので、インターネットが多いですね。また、30代は投資に関心がないのでしょうか、インターネットも店頭も少ないです。

投資家のプロフィール(%)

30代 40代 50代 60代
非投資家 21.0 33.3 29.9 15.9
ネット投資家 19.2 26.9 29.7 24.3
店頭投資家 10.4 19.4 29.5 40.6
投資家予備軍 25.7 34.1 28.5 11.7

◎今日のテーマ:ネット証券会社との取引

連れ合いはネット証券に近付かない

連れ合いにネット証券と取引したいかと聞いたところ、「よくわからないから怖い」と言っていました。

シニアにとってネット証券のハードルは高い

普通の人にとって、ネット証券に口座を開設し、取引を行うのはハードルが高そうです。私自身、ネット証券にどんな会社があるのかを知るようになったのは、最近のことのように思います。大事な財産を預けるのですから、よくわからない会社に電話とインターネットだけで口座を開設して、資産を送金するには、かなり高い精神的ハードルを飛び越さなければならないと思います。

日本人は用心深い

日本人は、株式に関してとても保守的で用心深いのではないかと思います。それは、1990年ごろのバブルで悲惨な目にあった人が多いからかもしれません。また、アメリカのようにインデックスファンドやETFが成長して、初心者が株式や投資信託などを始めやすい土壌ができていないからかもしれません。

9割の社員は確定拠出年金に銀行預金を選ぶ

あるいは、子供の頃から、貯金箱、郵便貯金、銀行預金には慣れ親しんできても、株式、投資信託は近づかない方がいいもの、と思っているからかもしれません。私は、メーカーの人事部門の福利厚生責任者として、DC(Defined Contribution Plan:確定拠出年金)の業務に携わったことがあります。DCは自分の年金を自分の選んだ商品で運用するわけですが、9割の社員が定期預金を選んだのにはびっくりしました。国内・外国の株式・債券を選ぶ人は1割しかいないのです。この会社では、DC以外にDB(確定給付年金)も制度としてありますし、厚生年金も当然あります。DBや厚生年金は、元本確保型の年金ですから、DCぐらいはリスク資産で運用した方がバランスが取れると思うのですが、そうは思わないのです。しかも、この傾向は他の会社でもすべて同じで、どこの社員も9割が銀行預金を選ぶと、幹事金融機関の担当者が話していました。

私もネット証券は不安

これほど保守的な人達に、インターネット証券会社に口座を開設して、投資信託の取引をしてはいかがでしょうかと誘っても、あまりにハードルが高いのではないでしょうか。どうしたら、そのハードルを低くできるのでしょうか。私自身も、インターネット証券に電話をして口座を開設するのは少し怖いような気がします。私が口座を持っている野村証券は30年来の取引があります。私がかつて勤めていた会社の目の前に支店があったので口座を開設したのです。

自分の欲しい商品を選んだ後に金融機関を決定する

数年前、複数の証券会社と取引した方が良いかもしれないと考え、2社目として大和証券に口座を開設しました。この支店は私の家から歩いて行けるのです。しかし、その後、よく調べてみたらバンガード社の商品を扱っていないことが分かり、現在は資産を預けていない状態です。私の基本方針は buy and hold なので、株式の売買手数料が多少高くても、長期で見ればあまりコスト高にはならないし、家に近いところで相談できる方が良いかなと思ったのでした。

SBI証券はネット証券ながらマネープラザも設置

一方で、最近SBI証券が、秋葉原や新宿にマネープラザという対面窓口を持っていることを知りました。2018年から始まったつみたてNISAについて、もし野村証券で気に入った商品がなければ、SBI証券のりようを考えようと思ったのですが、野村つみたて外国株投信という商品が発売されました。この商品は信託報酬が安く、外国株式に手軽に積み立てることができるので、とりあえず、今は野村証券の口座で、この商品の積み立てを始めました。なお、SBI証券のマネープラザは、SBI証券とは別の会社で、対面証券のような対応はしてくれなさそうなので、今後よく調べたいと思います。