2017年11月の私のポートフォリオ:DCの運用投資信託

今日のグラフ:日米の最大ETFが3分の1ずつを占める。

日本で最大のETF1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)が特定39%、NISA2%で合計31%を占めました。米国最大のSPY(アメリカSPDRのS&P 500の ETF)が32%、VOO(アメリカのバンガード社のS&P 500の ETF)が3%で合計35%がS&P500です。1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)は10月に急騰しましたが、11月も多少伸びています。

財形年金、DBは年金受給を始めていますので、毎年11月に1年分をまとめて資産から減らしています。ただし、どちらも年間で数十万円なので、円グラフの数字上は変化がありません。あと数年すると、財形年金は受給を終えてなくなります。

現在DCは全額を日本株式で運用しています。その理由は、管理費用が株式の中で最も安かったからです。最も安いといっても、0.594%ですから、今の感覚では高い方です。しかし、15年ほど前は、安いという水準でした。まだ、アメリカ並みにはなっていませんが、日本でも、20年前、30年前に比べて投資信託の信託報酬は確実に低くなっています。

今日のテーマ:DCの運用投資信託

DC運用商品の9割が銀行預金

以前勤めていた会社でDC(Defined Contribution Plan:確定拠出年金)を導入したときに、全社員の選んだ運用商品は9割が銀行預金でした。銀行預金の利子はほぼゼロですから、これは運用ではなく、タンス預金と同じです。ところが、この9割という数字は、この会社だけでなく、他の会社でも軒並み同じだと幹事金融機関の担当者が言っていました。

金融商品の危険度合い

金融商品には様々なものがありますが、どれが危険で、どれが安全(安全と言っても、リターンに見合ったリスクなど、人によって評価は変わると思いますが。)かわかりません。このため、多くの人が、銀行預金以外の商品に懐疑的になるのかも知れません。主な商品について危険度合いを考えてみたいと思います。

① 銀行預金

ペイオフの範囲内であれば、元本は保証されますが、現在、リターンはほぼゼロです。逆に最もリスクが高いのはこの商品自体ではなく、この商品を取り巻く経済状況がインフレになることだと思います。

② ETF

株と同じように相場で変動するが十分な分散ができることと、個別株式と違って価格がゼロになることがないという特徴があります。リターンとリスクは個別株式ほど激しくなく、信託報酬のコストは以前と違って、最近はほとんどゼロに近い水準まで下がってきました。

③ 個別株式

ETFと同じように、相場で変動しますが十分な分散ができないことと、ETFと違って価格がゼロになることがあります。リターン・リスクはETFより激しく、信託報酬は完全なゼロです。一方で、ETFに比べて一回当たりの購入金額が低くなるので、販売手数料が割高になる可能性があります。私は基本的に個別株式を持つつもりは有りませんが、個別株式の売買を楽しみとする人もいると思います。

④ 投資信託

ETFよりも信託報酬が以前は高かったのですが、最近ではかなり低く抑えれてきて、ETFに対するデメリットではなくなってきました。しかし、すべての投資信託の信託報酬が安くなったわけではありませんから注意が必要です。つみたてNISAの対象商品であれば、コストが低いので、つみたてNISA以外の積み立てにも使いたいものがあります。信託報酬が高いものは、それだけで投資の対象にならないと考えるべきだと思います。私の場合、金融商品を選ぶ基準が、規模と信託報酬なのですが、それが一目瞭然でないことに不満を持っています。一般の商品で考えますと、八百屋で野菜を買う時には、生産地を表示しなければなりません。探せばどこかに書いてあるというのではなく、商品名と同じくらい大きな字で、わかりやすく表示してほしいと思います。

⑤グロソブ、外貨建て特殊養老保険など

金融商品の中には要注意の商品があるとのことですが、資産の規模や名前で判断できないものがあるらしいので勉強を重ねる必要があると思います。

 

このように見ていくと、リスクが少なく、自分に適した金融商品についての知識を十分に取得するには、結構努力が必要だと思います。従って、投資についてかなりよく知っている人以外が ① 銀行預金 を選んでしまうのことは、やむを得ない面もあるかもしれないと思います。

④ 投資信託 については、2018年から始まるつみたてNISAに関連して、金融庁が実質的に商品を絞り込んでくれたので、少し選びやすくなったと思います。

② ETF については、そのような絞り込みが行われていないので、資産運用の知識があまりない人でも、ある程度安心して買えるようになることが望まれます。その結果、一般の人が銀行預金以外の運用商品を利用するようになるのではないかと思います。

私なら、シンプル・イズ・ベストという方針のもとで、1306(TOPIX連動型上場投資信託)とSPY(アメリカSPDRのS&P 500の ETF)を同額ずつ野村証券で購入して10年間は放っておきます。資産分散をさらに進めるなら、VGKとVWOを合計でSPYと同額買います。このやり方なら、株価の変動リスクはありますが、長期で見れば良好な結果を期待できますし、何より危険な商品に手を出さずに済むと思います。

 

1306マンスリーレポート2017年11月30日②:ETFの買い方 野村証券等対面証券会社の販売手数料と品ぞろえについて

今日のグラフ:1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)とTOPIXの累積騰落率

設定日は2001年7月11日です。従って、「設定来」は16年強です。

10月の16連騰で3か月の棒グラフが高い

10月に、日経平均が16連騰になりましたので、3ヵ月の累積騰落率は高い棒グラフになっています。

1年間では22%上昇

1年の累積騰落率は22%と非常に高い数値になりました。2018年の前半までは、世界的に好調が続くとの予測が多いようです。しかし、今年こんなに好調になると考えていたエコノミストはほとんどいなかったでしょうから、来年もどうなるか分かりません。

ETFの買い方

口座は野村証券だけ

私が実際にどのようにしてETFを買うかを述べます。なお、私は野村証券にしか口座を開設していませんので、当然野村証券で購入することになります。なぜ、野村証券かと言うと、私が30歳の頃に勤めていた職場のすぐ近くに野村証券の支店があって、業界内の規模も最大だったので、あまり迷わずに口座を開設しました。その後、大手銀行の転換社債を100万円買ったり、公社債投信を多少買ったりしました。2000年ごろ、銀行預金のペイオフが話題となった時に、銀行預金の一部を外貨MMFに換えたことがありました。また、私が勤めていた会社を退職したときに、持株会から株式を引き出して野村証券に移管しました。この程度の付き合いですので、株式売買などで頻繁に使ったということは有りません。このため、販売手数料もあまり重要視していないので、ネット証券の利用は考えたことがありません。

1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)の買い方

先ず、国内のETFである1306(TOPIX連動型上場投資信託)を買う場合には、インターネット取引を利用してます。口数を入力し、価格は指値にしています。以前は電話注文をしていて、「成行で」と言っていました。しかし、外国のETFを買うときに、日本の株と同じように、「成行で」と電話で発注したところ、野村証券の受注担当者が「アメリカの取引で、『成行』と言うと、文字通り『成行』の取引となって、とても高くなる恐れがありますから、指値の方が良い。」と言われました。それ以来、外国のETFも日本のETFも指値にしています。

平日の日中なら瞬間的に売買成立

その指値は、ほぼ、その瞬間の相場を入力しています。そうすると、1306は取引量が多いので、平日の日中は、すぐに取引が成立します。あっという間です。なお、その際NISAを選択する入力も併せて行っていました。夜間の発注の場合は、その日の終値より0.5%程度低い価格で発注します。大体1週間以内に取引が成立します。その後、インターネットで取引成立を確認し、数日後には成立した取引内容を紙で郵送してくれます。

外貨MMFの買い方

SPY(アメリカSPDRのS&P 500の ETF)などの外国ETFはインターネットでの取引ができず、電話注文になります。価格はもちろん指値で、そのほかに発注口数を伝えます。価格はやはり前日の終値より0.5%ぐらい低い水準にしています。外国のETFは野村証券の場合、NISAを使えません。1週間以内には大抵の場合成約します。そうすると野村証券の担当者から電話連絡があります。その時に、ETFを買うためにはUSMMFが必要ですが、それで足りない場合には、USMMFを買い増すことになります。その時の為替レートの確認も併せてされます。そして、その数日後に成約内容が郵送されて、完了します。

野村証券等対面証券会社の販売手数料と品ぞろえについて

野村証券で外国のETFを買うと手数料を約1%取られます。ただし、それは1回だけのことで、その後は安易に売り買いしないようにしているので、手数料がネット証券より高いことは、私の場合、あまりハンディーにはならないと考えています。頻繁に売り買いしたい人はネット証券の手数料の安さは魅力だと思います。また、野村証券や大和証券よりも、SBI証券や楽天証券などのネット証券の方が外貨ETFの品ぞろえが多いのですが、私はそれほどたくさんの種類を必要としていませんので、今のところネット証券の口座開設は考えていません。

子供の口座は対面証券会社とネット証券会社をそれぞれ1社ずつか

少し細かいことを言うと、今後は品揃えで困ることがあるかもしれない、と懸念しています。それは、現在S&P500のETFをSPY(アメリカSPDRのS&P 500の ETF)に加えてVOO(アメリカのバンガード社のS&P 500の ETF)を購入し始めたのですが、将来的にはIVVも加えるかも知れないと思っているからです。しかし、野村証券や大和証券でIVVの取り扱いがありません。更に言いますと、子供は、将来iDeco、つみたてNISA、累積投資信託など様々な制度を利用する可能性がありますので、SBI証券などのネット証券の方が自由度があってよいかもしれないと思っています。特にSBI証券は秋葉原や新宿などにマネープラザがあって、対面の要素も有しているので便利かもしれないと思っています。この件については、あと1年ほど猶予がありますので、良く調べてじっくり考えたいと思います。