年金

今日のテーマ:年金

多種類

新聞やテレビなどで年金という言葉が躍っていますが、様々な年金があります。国民年金、厚生年金、国民年金基金、小規模企業共済、iDeCo、DB、DC、財形年金、民間の個人年金保険です。このうち私が既に受け取っているか、今後受け取ることになっている年金が、国民年金、厚生年金、iDeCo、DC、DB、財形年金の6種類、仕事の関係で携わったことのある年金が、小規模企業共済、民間の個人年金保険の2種類です。

国民年金・厚生年金:

日本の公的年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する「国民年金(基礎年金)」と、会社などに勤務している人が加入する「厚生年金」の2階建てになっています。

国民年金:

国民年金(基礎年金)は、日本に住んでいる20歳から60歳未満のすべての人が加入します。20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付していれば、月額約6.5万円(平成31年度)の満額を受給することができます。

厚生年金:

厚生年金は、会社などに勤務している人が加入する年金です。保険料は月ごとの給料に対して定率となっており(平成30年度末現在で18.3%)、実際に納付する額は個人で異なります。また、厚生年金は事業主(勤務先)が保険料の半額を負担しており(労使折半)、実際の納付額は、給与明細などに記載されている保険料の倍額となります。

国民年金基金制度:

国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)とセットで、自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです。

小規模企業共済制度:

小規模企業の経営者や役員の方が、廃業や退職時の生活資金などのために積み立てる退職金制度で、一括受取りと分割受取りがあります。分割受け取りの場合、年6回に分けて、受取期間は10 年または 15 年の選択が可能です。共済は年金という名称がついていませんが年金です。

iDeCo:

加入者が自分で拠出し、積み立てた掛金を自己の裁量で運用する年金制度で、「個人型確定拠出年金」ともいいます。

DC:

英語のDefined Contribution Planの頭文字で、確定拠出年金のことです。あらかじめ毎月の掛金額を決めておき、積立金の運用成績に応じて将来の給付額が決まる年金制度です。企業および個人が積立金を拠出して、従業員および個人など加入者自身が資産運用の判断をし、その成果が加入者の老後の受取額になります。

DB:

確定給付企業年金(Defined Benefit Plan)のことで、事業主が従業員と給付の内容をあらかじめ約束し、高齢期において従業員がその内容に基づいた給付を受けることができる企業年金制度です。年金資産は一括して運用され、運用のリスクは企業が負います。

財形年金:

勤労者財産形成促進法にもとづき、勤労者が財産形成を目的として貯蓄を行い、事業主及び国がそれを援助する制度で、私のは生命保険会社なので「財形年金積立保険」です。財形年金の予定金利は現在0.7%しかなく、新規受付をしていない金融機関もありますから、財形年金の時代は終わったようです。

個人年金保険:

さまざまな種類があり、選び方によって受け取る年金の形は大きく異なります。時々、金融庁などによって問題視されていますので、注意が必要です。私は利用しません。

予定利率と物価

上記の年金のうち、国民年金基金、小規模企業共済、財形年金については、予定利率が明示されています。それらを日本銀行の物価見通しと比較したのが次のグラフです。インフレ率が上昇すると、予定利率を上回って、利用者が損をする可能性があります。もし、日本に5%、10%のハイパーインフレが発生した場合に、予定利率はそれに合わせて上昇するのかは不明です。政府・日本銀行は、インフレ税によって政府の債務を軽くしようと考えているでしょうから、用心しないといけません。

年金・物価 予定利率・
物価見通し(%)
国民年金基金予定利率 1.5
小規模企業共済 1.0
日本生命の財形年金 0.7
日銀の19年度物価見通し 0.9
日銀の20年度物価見通し 1.3
日銀の21年度物価見通し 1.4

 

老後の2000万円は今100万円あれば用意できる。

◎今日のテーマ:定年時に2000万円は今100万円あれば用意できる

老後の2000万円

「老後に2000万円」という問題の始まりは、金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループの報告書です。2000万円という金額は、50代のひとにとっては新たに作るのは難しいのですが、20代に人にとっては、それほど難しくないかも知れません。

100万円は40年で2000万円

25歳の今、日本とアメリカで最も人気のあるインデックスファンド、ETFを100万円買って、何もしないで40年間待てばいいのです。

年齢 <購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
VOO
(バンガード
S&P500ETF)
ニッセイと
バンガード社
の平均
利率 6.18% 10.94% 8%
25 1,000,000 1,000,000 1,000,000
26 1,061,848 1,109,400 1,080,000
27 1,127,522 1,230,768 1,166,400
28 1,197,257 1,365,414 1,259,712
29 1,271,305 1,514,791 1,360,489
30 1,349,933 1,680,509 1,469,328
31 1,433,423 1,864,357 1,586,874
32 1,522,078 2,068,317 1,713,824
33 1,616,216 2,294,591 1,850,930
34 1,716,176 2,545,619 1,999,005
35 1,822,318 2,824,110 2,158,925
36 1,935,025 3,133,068 2,331,639
37 2,054,703 3,475,825 2,518,170
38 2,181,782 3,856,081 2,719,624
39 2,316,722 4,277,936 2,937,194
40 2,460,007 4,745,942 3,172,169
41 2,612,153 5,265,148 3,425,943
42 2,773,710 5,841,155 3,700,018
43 2,945,259 6,480,178 3,996,019
44 3,127,418 7,189,109 4,315,701
45 3,320,843 7,975,598 4,660,957
46 3,526,231 8,848,128 5,033,834
47 3,744,322 9,816,113 5,436,540
48 3,975,902 10,889,996 5,871,464
49 4,221,804 12,081,361 6,341,181
50 4,482,914 13,403,062 6,848,475
51 4,760,175 14,869,357 7,396,353
52 5,054,583 16,496,065 7,988,061
53 5,367,199 18,300,735 8,627,106
54 5,699,151 20,302,835 9,317,275
55 6,051,632 22,523,965 10,062,657
56 6,425,915 24,988,087 10,867,669
57 6,823,346 27,721,784 11,737,083
58 7,245,357 30,754,547 12,676,050
59 7,693,469 34,119,094 13,690,134
60 8,169,296 37,851,723 14,785,344
61 8,674,552 41,992,702 15,968,172
62 9,211,057 46,586,703 17,245,626
63 9,780,744 51,683,288 18,625,276
64 10,385,665 57,337,440 20,115,298
65 11,027,999 63,610,156 21,724,521
66 11,710,061 70,569,107 23,462,483
67 12,434,306 78,289,368 25,339,482
68 13,203,345 86,854,224 27,366,640
69 14,019,948 96,356,077 29,555,972
70 14,887,056 106,897,431 31,920,449

ニッセイの外国株式インデックスファンド

日本のインデックスファンドで最も人気があるのが、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドで、純資産総額は1,234億円です。投信ブロガーが選ぶ fund of the yearで過去数年第1位を獲得しています。アクティブファンドの中にはもっと大きなファンドもありますが、それは証券会社等が営業しているためです。利率は6.18%で65歳時点で1100万円、70歳で1400万円です。このままでは2000万円に到達しないので、75歳まで待つか、100万円をもう少し増額する必要がります。

VOO

VOO(バンガードS&P500ETF)は、過去5年の平均利率が10.94%なので、65歳で6300万円、70歳で1億600百万円になります。VOOは2010年の発売ですが、類似のETFである1993年発売のSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)も同程度の利率です。過去25年間は10%程度の利率でした。

利率8%

ニッセイが6%台、VOOが10%台ですので、中間の8%をとれば65歳で2100万円、70歳で3100万円です。

ニッセイとVOOを半分ずつ

この二つの商品を50万円ずつ買って、何もしなければ40年後に、2100万円になります。源泉分離課税なら20%の所得税がかかりますが、老後で、他に所得があまりなければ、総合課税にすることによって数%の所得税にすることも可能です。

複利の威力

アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだとされる「複利」の効果が出ました。

節約すれば貯まる

スマホを格安に変えて、コンビニを使わずにスーパーマーケットで買い物をし、少しずつ節約すると1年間で100万円たまるかもしれません。