連れ合いの運用実績2023年12月

現在は投資金額の1.69倍になりました。2021年後半から、ほぼ最高水準にあります。

サブプライムローンが問題視される前の2007年に1000万円を投資して、1306(TOPIX連動型上場投資信託(ETF))とSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)を買いました。その1年後にはリーマンショックが起こり、2009年3月に底値を付けました。運用実績は、元金の半分以下になりました。その状態は2012年まで続き、2013年になると少し上向き始め、2014年後半には元本を上回りました。しかし、その後も6年間、元本を少し上回る程度で、指数が150を超えたのは2021年ですから、ここまで来るのに14年かかりました。長い道のりではありましたが、

  • リーマンショックを乗りこえ、
  • 日本(TOPIX)とアメリカ(S&P500)の指標銘柄に分散し、
  • 低コストのファンドに絞り、
  • 一度も売らずにバイ・アンド・ホールドを守り
  • 長期

投資するという、いわば個人投資家の手本のような経験をしてきました。

還元率

ところで、長期・分散・低コストの個人投資は、年平均8%のリターンがありますから、還元率は108%です。一方で、還元率50%以下のものもあり、それが宝くじです。テレビなどで、宝くじのCMを見るたびに、「これで儲けているのは、出演している俳優と天下りしている役人」だと思うと、非常に不愉快になります。ですから、宝くじは買ってはいけないのです。

一方で、宝くじに限らず、相続、IPOなどで思わぬ大金を手にすることは、人生の中であるかも知れません。あるいは、コツコツ貯めてきた貯金がかなりの大金になった時に、投資に目覚めることがあるかも知れません。

そんな時にどうすればよいかを、アメリカの1000億円宝くじを当てた人にアドバイスしている記事が、2022年7月30日のUSA TODAYに乗っていましたので、気晴らしに読んでみましょう。以下は拙訳です。


メガミリオンズの785万ドル(約1000億円)ジャックポット当選者が次にすべきこと:静かにしていること、ファイナンシャルチームを雇うこと

7億8500万ドルのメガミリオンズのジャックポット当選で新年を迎えることは、間違いなく誰にとっても幸せな新年となるだろう。しかし、もしあなたが火曜日の夜の抽選に当たったとしても、金融の専門家は今のところ静かにしていろと言う。

先週金曜日の2022年の最終抽選で誰も当選しなかったため、メガミリオンズのジャックポットは、宝くじ史上6番目、メガミリオンズ史上4番目に大きいジャックポットである7億8500万ドルにまで膨れ上がっています。これは、あなたの2023年以降を幸せにするのに十分な額かもしれません。しかし、このニュースを広める前に、計画を立てなさいと専門家は警告しています。

結局のところ、これだけの金額を手にすると、税金やペテン師、友人や家族も引き寄せることになりそうなので、最初にして最も重要な財務上のアドバイスが必要です。

「屋上からあなたの勝利を叫んではいけない 」と、トロイ、オハイオ州のOutlook金融センターの金融と投資顧問ロブBurnetteは、言った。「あなたが宝くじに勝つために十分に幸運なら、それを静かに保つ。組織化され、計画を立てる。可能性があるなら、匿名のままでいることも考えてください」。

ジャックポットはいくらですか、抽選はいつですか、当選の私のチャンスは何ですか。

7億8500万ドルの賞金は、30年間にわたり毎年支払われる年金オプションを選択した当選者のためのものです。ほとんどの受賞者は、火曜日の夜の図面のための$ 403.8万ドルである現金のオプションを選択します。

すべての6つの数字に一致する単一のチャンスは約303万分の1であった。メガミリオンズのチケットは、それぞれ2ドルの費用がかかります。45州に加えて、コロンビア特別区と米領ヴァージン諸島で販売されています。

なぜあなたは皆に言ってはいけないのでしょうか?

詐欺師がいるからだ。

「それらの詐欺師のいくつかは、メガ-ミリオンズと提携している、自分のことを言う 」とメガ-ミリオンズは言った。「これらの詐欺はすべて一つの共通点を持っている。 彼らはあなたが大規模な宝くじの賞金を獲得したと主張することによって、彼らにお金や個人情報を送信するためにあなたをだまそうとする。」

メガミリオンズのない代表者は決して、電話、テキスト、または賞金を獲得について誰にも電子メールを送らない、メガミリオンズは言った。

また、「本物の宝くじは、当選者に、すでに当選している賞金を回収するために自分のお金を出すように言うことはない」とも書いてある。

ミシガン州トロイにあるAzoury Financialのオーナー、Steve Azouryは、1億8100万ドルの当選者を含む多くの宝くじ当選者に助言してきたと言い、「以前あなたを知らなかったなら、今も知りたくはない」と言ったという。

当選を皆に伝えられない場合、何ができるのか、あるいは何をすべきなのか?

「税理士や会計士に相談し、ファイナンシャルアドバイザーに相談しましょう。”彼らは計画を把握するために手を携えて働くでしょう”。

プランには、どの支払い方法を選択するかが含まれます。

  • 年金型は、最初に年1回の支払いがあり、その後年29回の支払いがある。年金の場合は、最初の年金の後、29回の年金の支払いがあり、それぞれの支払いは、前の支払いより5%多くなる。
  • 現金払いは、メガミリオンズのジャックポットの賞金総額と同額を一括で支払うというものです。

一括払いと分割払いのどちらを選ぶべきか?

その決定は、あなたの目標、あなたの年齢、そして受益者が支払いを受け続けるためにどのような宝くじのルールであるか、またはあなたが一括払いによって、浪費する可能性があるかどうかに依存します。

Jackson Hewittの最高税務責任者であるMark Steberは、次のことを考慮するよう勧めています。

宝くじの当選金の大きさ。宝くじの当選金の大きさ:支払うべき税金と、そこから得られる経済的な保証を判断する目安になります。金額が小さい場合は、一括払いの方が簡単かもしれません。
現在の収入と予想される収入。一生涯の収入と税率を考慮する。

いくら家に持ち帰るか?

それは、あなたがお金を取ることを決定する方法と複雑な州法に依存します。

メガミリオンズの宝くじに当選した場合、おそらく最も高い連邦税額に追い込まれるでしょう。居住している州と当選券を購入した場所は、州税の支払いに大きく影響します。

例えば、カリフォルニア州に住んでいて、そこで宝くじを購入した場合、37%の連邦税率を支払うことになりますが、カリフォルニア州は宝くじの当選金に課税しないので、ラッキーなことに、Steberさんはこう言います。

しかし、ニューヨークは宝くじの賞金に最も高い税率を課している。

しかし、もしあなたがロードアイランドで休暇中のカリフォルニア居住者で、そこで宝くじを買うことに決めたなら、宝くじの当選金を連邦税とカリフォルニア税の申告書に含め、ジャックポットについては非居住者のロードアイランド税の申告書を提出しなければなりません。あなたは2つの州で同じ収入に二重課税されないように、あなたのカリフォルニアのリターンでロードアイランド税の税額控除を請求する必要があり、彼は言った。

「これは、税務の専門家が本当に便利な場所です “とスティーバーは言った。「州税は非常に厄介なのです。」

メガミリオンズに当選した場合、賞金を手にするまでにどのくらいかかるか?

あなたが賞金を請求したら、それはあまりにも長い時間がかかないでしょう、とAzoury氏は述べています。「たぶん2、3週間でしょう」と彼は言った。

彼らは彼らの計画を設定するために時間がかかるので、ほとんどの人はすぐに彼らの賞金を請求しないことを覚えておいてください。請求期間は、人々がそのチケットに適用される請求期間を取得するためにチケットを購入した状態で宝くじに確認する必要がありますので、管轄によって異なります。

メガミリオンズの請求期間は、抽選日から90日から1年の範囲、宝くじは言ったが、管轄区域によって異なる。 当選したチケットの所有者は、そのチケットに適用される請求期間を取得するためにチケットが購入された状態で宝くじに確認する必要があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。