野村證券とSBI証券の比較5

若い人が口座を作るにあたって、野村とSBIのどちらが良いかを比較します。

野村證券 SBI証券
9 商品の品揃え
10 低コスト商品の取り扱い(iDeCo)
11 低コスト商品の取り扱い(つみたてNISA)
12 低コスト商品の取り扱い(NISA) ×
13 低コスト商品の取り扱い(積立投信) ×
14 外国ETFの取り扱い

9 品揃えはSBI証券が圧倒的

商品の品ぞろえについては、圧倒的にSBI証券が優れています。意味のない商品をいくら品揃えしても無駄ですが、iDeCo、つみたてNISA等の各分類について、SBI証券が各社の魅力のある商品を取り揃えているのに対し、野村證券は、自社の商品で低コスト化を進める傾向があります。

野村證券は外国株式インデックスファンドに関し、次の商品を持っています。

  • iDeCo:野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(信託報酬:年0.1512% (税抜年0.14%))
  • つみたてNISA::野村つみたて外国株投信(信託報酬:野村つみたて外国株投信:年0.2052%(税抜 年0.19%)

それに対し、SBI証券では以下の商品を取り扱っています。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬年 0.107892%(税込み))
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬年 0.107892%(税込み))

10 iDeCo ~ 11 つみたてNISA

SBI証券が優位にありますが、野村證券も0.2%以下に抑えていますので、決定的敗北とまではいかないでしょう。

13 積立投信

しかし、13の積立投信に関しては、野村證券の「野村インデックスファンド・外国株式」の信託報酬は年0.594%※(税抜年0.55%)です。つまりSBI証券0.1%と野村0.6%という大差がついているのです。毎月の積立額は通常、iDeCoやつみたてNISAより積立投信の方が金額的に大きなはずですから、そこでこれほどの大差がつくと野村證券は不利です。

12 NISA

NISAについては、野村證券は外国ETFを利用することができません。これは致命的な問題です。このため、私は1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)でNISA枠を利用したのです。そして、つみたてNISAの制度スタートともにNISAからつみたてNISAに移行しました。

14 外国ETF

外国ETFに関して、野村證券は同じ対面証券会社の大和証券よりも品揃えは多いのですが、世界2位の純資産額を誇るIVV(ブラックロック社のS&P500のETF)を扱っていません。また、私は外国ETFを成行でなく指値で買っているのですが、野村證券は夜間の取引を行っていないので、何日も買えないことがあります。従って営業時間のサービスという観点からは、野村證券はSBI証券に負けています。

野村證券とSBI証券の比較4

若い人が口座を作るにあたって、野村とSBIのどちらが良いかを比較します。

野村證券 SBI証券
7 ホームページの見やすさ

SBIはパソコン、電話を利用

野村證券に比べてSBI証券のホームページは、情報が盛りだくさんです。取り扱い銘柄が多いことと、窓口で対応できない分をカバーしようとしているのでしょう。いろいろとクリックしていると、目当てのサイトにたどり着けるかもしれません。しかしパソコンが得意でない人にはわかりにくいかも知れません。スマホを片手にやりたいことを電話で聞きながら、パソコンで操作すればよいのではないかと思います。

野村は証券会社の売りたい商品を表示

一方野村證券のホームページは、洗練されてすっきりしていますが、逆に親切ではないかも知れません。スッキリしているということは、元々の情報量が少ないともいえます。一方で、顧客にとって重要な、純資産総額や信託報酬などのランキングが表示できないので、顧客本位ではなく、証券会社の売りたい商品本位であると言えるでしょう。このようなホームページを続けていると、遠くない将来ネット証券に追い抜かれることになりそうです。

野村證券 SBI証券
8 ホームページの内容の豊富さ

野村證券は大企業、SBI証券は新興企業

野村證券の証券のホームページは、ミスを少なくし、言質を取られないような大企業にありがちはホームページです。一方、SBI証券のホームページは、雑誌の記事のようなものまで掲載しています。しかし、顧客にとってはこの方が分かりやすいという面があります。

企業文化

昔、私が勤めていた会社が携帯電話会社に共同出資し、人材も出向させていました。その出向社員は「商社、銀行から出向してきた人は、決裁書類をきちんと作って文章もしっかりしていた。証券会社から出向してきた人は、決裁書類を作っていると相場が動いてしまうので行動が先だった。リクルートから出向してきた人は、最低限の書類しか作らないし、その文章も友達言葉のようだった。」と言っていました。

顧客本位ならSBI証券

野村證券のホームページは商社銀行に近く、SBI証券のホームページはリクルートに近いのではないかと思います。顧客の立場に立てば、決裁書類をきちんと残して社内で社員が身の保全を図るよりは、顧客の役に立つ内容掲載を優先してほしいと思います。

かんぽ生命も自分本位

最近は、かんぽ生命の保険商品販売で不正が疑われる事例が明るみに出て来た。しかも、ある新聞によるとそれは30年以上前から行われていて、ある営業員は顧客用のハンコを50本も持っていたという。あきれてものも言えません。その内容はいずれ近いうちに明らかになると思いますが、郵政グループであるから内部の書類作成だけはキチンとしていたのだろうと推測されます。悪いことをしなければ、多少の間違いはあっても仕方ないと思いますので、顧客本位の商品品揃え、顧客が知りたいと思う情報を分かりやすく伝えてほしい。

野村は顧客本位を目指してほしい

野村證券はのホームページは、信託報酬が分かりにくいので、商品名のすぐ傍に書いてほしい。八百屋さんも、野菜の名前の隣に、価格と原産地をはっきり書いているのです。野村も、商品名のすぐ隣にリターンと経費を書いてほしいのです。