野村證券とSBI証券の比較3

若い人が口座を作るにあたって、野村とSBIのどちらが良いかを比較します。

野村證券 SBI証券
4 窓口相談・手続き

野村證券には支店があります。支店の役割は、各種相談にのってくれることと、手続きを行えることです。しかし、証券会社に各種相談をすることは間違いだと思います。

野村の商品としては、

  • iDeCo:野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
  • つみたてNISA:野村つみたて外国株投信

等が良い商品だと思いますが、積立投資信託用の商品はあまりないと思います。従って窓口で相談する必要はありません。このため、野村證券の支店網が有利だということはできません。

パソコンが不得意なら野村證券

一方パソコン操作が不得意な人はネット証券を使うことができませんから、高い手数料を払って野村證券を使うことになります。私は30年以上野村證券に口座を開設していますし、一度買ったら、ほとんど売らずに持ち続けるので、野村證券のデメリットが発生しにくいのです。しかも、私の保有する金融資産はほとんどETFですから、信託報酬は0.1%程度と極めて低コストです。

マネープラザ、IFA

SBI証券には、マネープラザとIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー) があります。マネープラザは窓口ではないので、手続きはしてくれません。手続きは基本的にインターネットで行います。IFAは実際に使ったことがありませんので、何をしてくれるかは分かりませんが、私の金融資産運用方針は、長期・分散・低コスト(・一部積み立て)ですからIFAにお世話になり必要はありません。

米国S&P500のインデックスファンド(ETF)

金融資産の運用方針は、ウォーレン・バフェットも言っているように、「9割を米国S&P500のインデックスファンド(ETF)で運用する」ことが基本ですから、IFA、ロボアドバイザー、窓口に力を借りることは無いと思います。

野村證券 SBI証券
5 電話相談

電話相談は、野村證券もSBI証券も充実していますから、特に問題はありません。逆に言うと、どちらか一方が良いということもありません。

野村證券 SBI証券
6 ホームページの銘柄比較し易さ ×

コストの分かりにくい野村、情報豊富のSBI

ホームページは、野村證券はすっきりしているものの、商品コストに自信がないので、顧客が低コストの商品を探そうと思っても探し難いという問題があります。一方SBI証券のホームページには「ランキング」などのサイトがありますので、例えば、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが上位に表示されます。つまり、SBI証券は、顧客が探したいものを探しやすくする工夫をしています。なお、低コスト商品については、楽天証券のサイトの方が、更に見つけやすいので、このサイトを利用することをお勧めします。

野村證券とSBI証券の比較2

若い社会人は野村證券とSBI証券のどちらを利用すべきかを比較検討します。

最初は規模です。現在は野村證券が圧倒していますが、SBI証券が急追しています。

野村證券 SBI証券
1 企業規模

時価総額

株式の時価総額を比較すると、野村ホールディングスがSBIホールディングスの3倍ですが、SBIは急成長しています。10年後にどちらの規模が大きくなっているかは分からないと思います。

順位 証券会社名 時価総額(単位:百万円)
1 野村ホールディングス 1,599,702
2 大和証券グループ本社 1,009,091
3 SBIホールディングス(証券会社はSBI証券) 553,542
4 松井証券 310,340
5 カブドットコム証券 156,494

口座数

口座数もSBI証券が急激に増加させています。このままでは2020年か2021年には逆転するかもしれません。私は還暦過ぎの古い人間ですし、あまり新しい資産運用はしませんが、若い人はiDeCo、つみたてNISA、投信積立、外国ETFを積極的に利用することになるでしょうから、野村證券では満足できないでしょう。

野村證券 SBI証券
2 企業の成長性

最小コストのS&P500 ETF

SBI証券は、最近バンガード社と組んで「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」を始めました。「バンガード®・S&P500 ETF(VOO)」への投資で、年0.09264%程度という低コストを実現しました。バンガード社は徹底的な低コストで有名ですが、このVOOを利用したインデックスファンドは、野村證券と共同では実現できなかったのではないでしょうか。

野村證券では心配?

上記のように口座数についても、野村證券は抜本的な改革を行わないとじり貧になってしまうのではないかと心配です。野村證券のことを心配しているのではなく、私の運用資産のほとんどが野村證券にあるので、このままにして良いのか、あるいはSBI証券などに移管した方が良いのかを検討しなければならないからです。

若い人ならSBI証券

それはともかくも、若い人が利用する証券会社の成長性としては、SBI証券が圧倒しています。

野村證券 SBI証券
3 企業の安心感

もうしばらく注視

企業に対する安心感は、規模と成長性から判断できるように思います。1997年に山一証券が破綻しました。山一証券は長年名門と言われていた会社です。しかし、つぶれるのは、あっという間です。過去の業績や名声は意味がありません。野村とSBIを比較すると、規模では野村、成長性ではSBIが優位です。現在は過渡期にあるので、絶対的に優位な企業はありません。野村は変革ができるかどうかです。もうしばらくこの2社を比較してみたいと思います。