VOO :バンガードS&P 500 ETF(ウォーレン・バフェット推薦)2022年1月

S&P500は1位と4位

S&P500は日本でも人気のある銘柄で、2022年10月の資金流入額では、1位と4位がS&P500を投資対象としています。そのうち、4位の「SBI・V・S&P500インデックスF」には「V」の文字が入っています。それは、この銘柄が「バンガード・S&P500ETF」を通して、米国の代表的な株価指数であるS&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果をめざしているからです。

順位 ファンド名 資金流入(億円) 購入時手数料(%) 信託報酬(%)
1 eMAXIS Slim 米国株S&P500 777 0 0.0968
2 eMAXIS Slim 全世界株式(オール) 372 0 0.1144
3 楽天・全米株式インデックス・ファンド 330 0 0.162
4 SBI・V・S&P500インデックスF 303 0 0.0938
5 世界厳選株式オープン<為替Hなし>(毎月) 202 3.3 1.903

投資信託 とETFの違い

私は「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」に、そして子供達は「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」投資をしていますが、その違いをSBI証券のホームページで確認します。

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド バンガード・S&P500 ETF(VOO)
商品 投資信託 ETF(上場投資信託)
取引単位 100円以上1円単位 1口単位 (=35,000円程度)
取引価格 毎営業日1回算出される基準価額で取引 株式のように取引時間中変動する市場価格で取引
取引通貨 米ドル(円貨決済も可能)
運用手数料 0.0938%程度 0.03%
分配金/再投資 ファンド内で再投資 受取/1口単位で再投資
つみたてNISA対象 ×

VOOの翻訳

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめたので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

  • マネジメントスタイル:インデックス
  • アセットクラス:国内株式 – 一般
  • カテゴリー:ラージブレンド
  • リスクとリターンの尺度:4
  • 経費率:0.03% 2022年4月29日現在
  • 前年同期比リターン:-15.60% 2022年11月18日現在
  • 市場価格(MP):$364.11 2022年11月18日現在
  • NAV価格:  $363.94 2022年11月18日現在

主要データ

  • IOVティッカーシンボル:VOO.IV
  • CUSIP:922908363
  • 経営スタイル:インデックス
  • アセットクラス:国内株式 – 一般
  • カテゴリー:ラージブレンド
  • 開始日:09/07/2010

レーティング:リスクとリターンの尺度

少ない —————–4—–高い

ファンドへの投資は、短期間あるいは長期間に渡って損失が生じる可能性があります。ファンドの株価やトータルリターンは、株式市場全体の変動と同様に、広い範囲で変動するものとお考えください。

パフォーマンスと手数料

トータルリターン

⇒1年はマイナスですが、3年間では10%を超えています。つまり、2~3年前の値上がりが激し過ぎたので、最近1年間で調整したということになります。

1年間 3年間 5年間 10年間 2010年9月7日設定以来
VOO(市場価格) -14.61% 10.16% 10.40% 12.74% 13.15%
VOO(基準価格) -14.66% 10.17% 10.40% 12.74% 13.13%
S&P 500 Index (ベンチマーク) -14.61% 10.22% 10.44% 12.79% 13.19%

経費率

  • VOO:          0.03% ⇒圧倒的に安い
  • 類似ファンドの平均経費率: 0.79%

ポートフォリオ構成

ポートフォリオの特徴 2022年10月31日現在

ファンダメンタルズ  VOO  ベンチマーク
銘柄数        503    503
時価総額の中央値   $147.0 B  $147.0 B
利益成長率      19.6%   19.6
短期準備金      ‐     -
PER         19.5x   19.5x ⇒ まだ高い水準
PBR         3.7倍   3.7倍
離職率(2021年12月期) 2.3%   – .
自己資本利益率    22.3%   22.3%
外国人保有比率    0.1%    ‐
ファンドの純資産総額 7,481億ドル
株式クラス純資産総額 2,655億ドル

加重平均エクスポージャ 2022年10月31日現在

⇒コミュニケーション・サービスと情報技術の割合が小さくなりました。

セクター S&P 500 ETF2022年10月31日現在 S&P 500インデックス (ベンチマーク)2022年10月31日現在
コミュニケーション・サービス 7.40% 7.40%
一般消費財・サービス 10.90% 10.90%
生活必需品 6.90% 6.90%
エネルギー 5.40% 5.40%
金融 11.40% 11.40%
ヘルスケア 15.30% 15.30%
産業機械 8.30% 8.30%
情報技術 26.30% 26.30%
素材 2.50% 2.50%
不動産 2.60% 2.60%
公益事業 3.00% 3.00%

保有内容 2022年10月31日現在

銘柄 割合
Apple Inc. 7.05%
Microsoft Corp. 5.27%
Amazon.com Inc. 2.76%
Tesla Inc. 1.84%
Alphabet Inc. Class A 1.72%
Berkshire Hathaway Inc. Class B 1.62%
UnitedHealth Group Inc. 1.58%
Alphabet Inc. Class C 1.54%
Exxon Mobil Corp. 1.40%
Johnson & Johnson 1.39%
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。