やめるべき無駄遣い

過去を振り返ると、随分無駄のものにお金を使ってきました。医療保険、ガン保険だけで1000万円近く保険料を支払いました。お酒、たばこも1000万円以上払ってきました。CNBCの2017年1月10日の記事をもとに、無駄遣いのチェックをしてみましょう。以下は拙訳です。

無駄遣いをやめるべき11の無駄なもの

延滞金を払ったり、レジで待っている間にキャンディーをつまんだり、無意識のうちにお金を使うことはよくあることです。しかし、その現金は、あなたの貯蓄目標に向けられるかもしれませんし、

“私たちは皆、将来のために少しお金を準備する余地があります “と、公認ファイナンシャル・プランナーのキャリー・シュワブ・ポメランツ氏はCNBCに語っています。”身につけるべき良い習慣は、支出に対してより意識する姿勢を取ることです。”

ステップ1は、どこでお金を浪費しているかを特定することです。以下のような買い物に心当たりはないでしょうか。

ATM手数料

ネットワーク外のATMからお金を引き出すには、過去最高の4.57ドルが必要です。このような手数料を払い続ける理由はありません。時間が経つにつれて、手数料は大きく膨らみます。

今年のシンプルな決意: ATMに銀行のロゴがない場合は、利用しないことです。

伝統的な大手銀行を利用しているなら、あなたの地域にもそのATMがあるはずです。ネットで場所を調べ、すこし労力をかけて銀行のATMに行くだけでいいのです。あなたの市や町の便利なATMのオプションがない場合は、よりアクセス可能な銀行で当座預金口座を開設することを検討することをお勧めします。

遅延損害金

ATM手数料と同様、遅延損害金も無意味にお金を吸い取るものです。しかも、支払いが遅れると、単に手数料を払うだけではありません。支払いが遅れると、クレジットスコアが下がり、近い将来、家や車などの大きな買い物のためにお金を借りることができるかどうかに影響します。

ケーブルテレビ、インターネット、保険などの固定費は、オンラインで自動支払いを設定することで、もう請求書を見落とさないようにしましょう。家賃などオンラインで支払えない費用は、カレンダーのリマインダーを設定し、毎月同じ時間に支払うようにすると、日常的になります。

未使用の購読料

“顧客に定期購読を申し込んでもらうことほど、企業を幸せにするものはない “と、ヤフーの技術コラムニスト、デビッド・ポーグは2016年の著書 “ポーグのベーシックマネー “で書いています。

″何百万人もの人々が、30日以内に解約するつもりで、30日間無料トライアルに申し込む。そして、それを忘れてしまうのです。あるいは、あるサービスに申し込んだものの、とっくに使わなくなっているのです。”

過去数回のクレジットカードの明細に目を通し、雑誌の定期購読、ソフトウェア、オンラインサービスなど、何にお金を払っているのか正確に把握しましょう。次に、どれを排除できるか自問し、年間数百ドルを節約するために、その場でそれらをキャンセルします。

また、テキストを送るだけで自動的に定期購読を見つけ、解約してくれる「Trim」を利用するのもよいでしょう。

毎日、ランチを買う

外食はすぐに支出をかさんでしまいます。自宅で調理できる料理が多ければ多いほど、食費は節約できます。さらに、お弁当を作れば、腹囲にも良い影響があります。

もちろん、自分へのご褒美として、たまに外食を買うのはOKですが、今年、大きな経済的目標を達成することを目指しているなら、手作りにすることは、劇的な犠牲を払わずに削減できる最もシンプルな方法の1つです。

ペットボトルの水

お弁当を詰める習慣をつけるついでに、水筒にも水を入れてみましょう。

「ペットボトルの水を買う人の多くは、便利だから買っているのです」とポーグは言います。「水筒を持ち歩けば、無駄な出費はありません。(そして、体重を減らし、長生きすることができるのです。)」

ケーブルテレビ

「アメリカのケーブルテレビの平均的な請求額は月に100ドルである」とポーグは書いている。これは、人々が十分に活用しないことが多いサービスのために支払うべき大きな金額です。

Netfilx(月額8ドル)、Hulu(月額8ドル)、HBO Now(月額15ドル)などのインターネット・サービスからあなたのテレビを取得するために、コードを切断することを検討してください。

ケーブル・ボックスとモデム

ケーブルなしで生活することはできないと判断した場合、少なくともケーブルボックスとモデムを自分で購入します。

「ケーブル会社は、テレビ・サービスの料金だけでなく、ケーブル・ボックスのレンタル料として年間約235ドルも請求している」とポーグは書いている。「ケーブル・ボックスは120ドルで買い替えられる(8ヶ月で元が取れる)」。

ケーブル・モデムも同様だ。”損害は毎月約10ドル、永遠に続く “と、ポーグはレンタルの選択肢を言う。”100ドルで自分のケーブルモデムを購入し、今まで借りていたものを返却すれば、年間120ドルの節約になる。”

スマートフォンのデータ通信量

「携帯電話のキャリア会社は、あなたが毎月の割り当てを超えることを望んでいる」とポーグは言う。「そうすると、とんでもない超過料金を請求書に叩き込んでくるのです」。

二度と超過料金を支払わないために, DataManやマイデータ・マネージャのような “燃料計” アプリをインストールするのです。これは、使用するデータを監視し、自分の毎月の限界に近づいている場合は警告します。 ポーグはまた、 “データを大量に消費するアプリ”を発見することを勧めています。“様々なアプリが様々な量のデータを使用して、あなたはどれが大量利用の犯人であるかを見てびっくりするかもしれません”.

最後に、可能な限りWi-Fiを使用することです。Wi-Fiに接続していれば、データ通信量を消費することはありません。

余分な食料品

私たちは集団で、たくさんの食べ物を無駄にしています。余分な食料品を捨てるたびに、お金がドブに捨てられていることになります。

買い物をする前に、その週に作る食事を考え、その食事に必要な食材を正確に書き出しておきましょう。実際に買い物に行くときは、リストにある食材だけで済ませるようにしましょう。

ブランド品

食料品、トイレタリー、ペット用品などを、ノー・ブランド製品にすることは、時間をかけてお金を節約する簡単な方法です。ポーグの報告によると、”ストアブランドはナショナルブランドより約30%安い “そうです。

すべてをジェネリックで揃える必要はないのです。自分にとって本当に大切なもの、犠牲にしてもいいものを見極め、大切なものにはブランド品を、それ以外はジェネリックを購入しましょう。

衝動買い

食料品店からデパートに至るまで、小売業者はあなたを騙して無意識にお金を使わせる手口を用意しています。レジに冷たいソーダ、キャンディー・バー、99セントの小物など、魅力的な商品を並べるのもそのひとつです。買い物が終わる頃には、あなたの自制心も限界に達していることでしょう。

お菓子や雑誌はやめて、その5ドルを貯蓄や退職金口座に振り向けることによって、時間が経てば大きく増えるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。