リタイアするにはいくら必要か?

老後2000万円問題が話題に上ってから3年以上が経ちました。

その後新型コロナウイルスが蔓延して、貯蓄額は増えたようですが、一方でインフレが急速に進行してきたので、老後のための貯蓄額をもう一度考える必要ができているのかもしれません。アメリカでは、老後の貯蓄が20年前の2000万円から6000万円に増えたという統計もありますが、実際にはいくら必要なのでしょうか、USATodayの2022年10月14日の記事を読みます。以下は拙訳です。


リタイアするにはいくら必要ですか?そして、いつから貯蓄を始めるべきでしょうか?

多くの人が退職を待ち望んでいます。仕事やその他の義務のために、時間がなかったことをすべて行うことができるのです。

退職は、プールサイドに座ったり、ビーチを散歩したりするほど簡単なことではありません。退職後の生活を快適で安心なものにするためには、何年もの準備と貯蓄が必要です。少しでもお金を貯め始めるのに、早すぎるということはありません。後で自分に感謝することになりますよ。

好奇心旺盛なあなたへ:私たちは、人生の日常的な疑問を解決するお手伝いをします。

リタイアするにはいくら必要ですか?

リタイアするために必要なお金は、正確な数字があるわけではありません。ニューヨークのフランシス・ファイナンシャルで、ファイナンシャル・プランニングや資産管理などのサービスを提供しているシュウェタ・ラワンデ氏によると、退職後の生活を考えるとき、いくらあれば十分かを知るために、いくつかの質問をする必要があるそうです。

その質問は、次のとおりです。

  • いつ引退する予定ですか?
  • 現在の支出はいくらですか?
  • 退職後のために、現在どのような貯蓄をしていますか?

「退職にいくら必要かを考えている人、特に退職年齢が近い人には、ファイナンシャル・アドバイザーと一緒に退職後の貯蓄と支出のための顧客ごとのプランを作成することをお勧めします」とLawandeは言います。

しかし、もっと具体的に知りたいのであれば、退職前の収入の約80%が退職後に必要になると仮定するなど、必要な金額の目安はいくつかあります、とLawandeさんは言います。退職前とは、退職を決意し、退職日を決めるまでの期間と考えられています。

退職に必要な金額を決定する

必要な退職金の額は人によって異なるため、退職後に達成したいことに関連して、現在の個人の財政状況を理解することが重要である、とLawandeは述べています。

また、大切な人や家族を養うための資金や、医療費についても考えておく必要があります。

特に医療費については、人生は予測不可能なものですから、たとえ健康であっても、処置や薬にかかる費用を考慮することがポイントです。

旅行や娯楽、お金のかかる趣味をする予定がある場合は、「より柔軟で自由度の高い出費」のために貯蓄を増やすとよいでしょう、とメリルは述べています。

留意すべきガイドラインのひとつに、「4%ルール」があります。これは、退職者が30年間、金融ポートフォリオから毎年4%の引き出し率を持ち、経年インフレを調整するというものです。

このルールを使うことで、人々は自分の投資が自分にとって妥当かどうか、そして退職後のどの年においてもその数字が自分を支えることができるかどうかを判断することができる、とLawandeは言います。


この記事は考え方だけで具体的数字がありませんから、2018年のUsaTodayの記事で、それを見ましょう。以下は拙訳です。


リタイアメントプランニング。それぞれの年齢で貯蓄しておくべき金額を示します

貯蓄に関して、アメリカ人は不足しています。成人の70%近くが貯蓄口座に1,000ドル未満しか持っていません。

退職金も同様に厳しい状況です。実際、米国の家庭の約半数は退職金口座の貯蓄がゼロなのです。

特に若い世代は、『もっと稼げるようになったらもっと貯めよう』と考えたがるものです。しかし、年収が5万ドルであろうと20万ドルであろうと、貯蓄の難しさは誰にでもあると、Intuit社のマネーエキスパートでMint.comの広報担当者であるKimmie Greene氏は言います。

というのも、収入が多くなると、支出が多くなってしまうことがよくあるからだそうです。

退職金や将来の大きな買い物に備えて、貯蓄を始めるのは早ければ早いほどよいでしょう。若いうちは、複利の効果で時間を有効に使えますから。

貯蓄に必要な金額は個人差が大きく、具体的な金額は任意ですが、グリーン氏は、十分な貯蓄ができているかどうかを判断するための簡単な計算式を提供しています。

20代は給与総額の25%を貯蓄することを目指すのが良いと、Green氏はCNBCに語っています。この25%は、401(k)の源泉徴収、雇用主からのマッチング・ファンド、現金貯蓄の合計であると、彼女は指摘します。また、借金の返済も含めることができます。

ただし、生活費が総収入の75%を超えないようにしましょう。

30歳までに、年収に相当する額の貯蓄が必要だと、グリーンは言います。年収が5万ドルなら、30歳までに5万ドルの貯蓄を目指しましょう。

この場合、退職金の拠出、会社からのマッチング・ギフト、現金貯蓄、インデックスファンドやロボアドバイザーなど他の投資をしているお金も含まれます。

35歳までに 年収の2倍の貯蓄があること。

40歳までに 年収の3倍の貯蓄をする。

45歳までに 年収の4倍の貯蓄をする。

50歳までに 年収の5倍の貯蓄がある。

55歳までに 年収の6倍の貯蓄がある。

60歳まで 年収の7倍の貯蓄がある。

65歳までに 年収の8倍を貯める

グリーンは、リタイアメント・プランを提供するフィデリティ・インベストメンツが推奨するタイムラインと同様で、30歳までに給料と同等の貯蓄を持ち、67歳までにリタイアしたい場合は最終給与の10倍の貯蓄を持つことが望ましいとしています。

現在は極めて難しいと聞こえるかもしれませんが、20代からそのお金を働かせるのであれば、それほど難しいことではありません、とグリーン氏は言っています。

また、人生は直線的なものではなく、この公式を忠実に守ることは不可能であるとも指摘しています。子供が生まれたり、家を買ったりといった人生の大きな出来事によって、その年その年で調整し、貯蓄を増やしたり減らしたりしなければならないかもしれません。

支出を減らし、貯蓄を増やすためのヒントが必要な場合は、以下をチェックしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。