お金を貯める戦略

お金を貯めるにあたって大事なことは、このブログで何度も取り上げています。金額的に大きいのは、保険、自動車、外食、コンビニなどです。東京23区内や大きな都市に住んでいる人は自動車が不要であると書いてきましたが、アメリカでも自動車をやめてお金を貯めている例があります。2017年2月1日のCNBCの記事の拙訳です。


昨年5万ドルを貯めた夫婦が教える、お金を貯めるための8つの戦略

12万ドルの学生負債に埋もれ、貯蓄を確保するのに苦労していた “Distilled Dollar″のマットと彼のフィアンセは、2014年に腰を据えることを決意しました。

“それは私たちが給料から給料の生活、つまり自転車操業を逃れるためにほぼ丸一年かかりました “と彼のブログに書いています。”それは、推奨される貯蓄の10〜15%を越えてじわじわと、さらに約1年かかりました。3年目は飛躍の年でした。

彼らは貯蓄率を3倍の60%に上げ、2016年の間に50,556ドルを貯めることに成功しました。

シカゴに住むこの夫婦は、さまざまな戦略によって貯蓄額を増やしましたが、その詳細は公認会計士の資格を持つマットが最近のブログ記事で紹介しています。ここでは、彼らの節約術の中からベスト8を紹介します。

ダウンサイジング

「小さな家で大きく暮らそう」とマットは勧める。「私たちが住んでいる地域は、家賃の負担率が高いのです。もちろん,同じ割合で支払って2ベッドルーム2バスの素敵な家にアップグレードすることもできますが,私たちは今の住まいに十分満足しています」。

彼と婚約者は、シカゴの65平方のマンションに、収入の15%未満を支払っています。「月々1,000ドル余分に支払う余裕もあるくらいですから」と、マットさんは言います。

賃料を交渉する

“賃貸契約を結ぶとき、私たちは家賃を下げるために、試行錯誤の末に交渉に臨みました。”とマットは書いています。「私たちは市場を知っており、大家が提示した家賃が非常に割安であることを知っていました。とにかく、私たちには計画があり、それがうまくいったのです」。

聞いてみて損はない。マットの場合、2,400ドルのリターンを得ました。

車を使わない

これは、他の人よりも実現可能性が高い人がいるかもしれませんが、可能であれば、車を公共交通機関、自転車、または自分の足と交換することです。

職場から徒歩圏内に引っ越したことで、マットさんは婚約者とともに年間9,000ドル近くを節約できたと見積もっています。「この決断ひとつで、この1年間、他のどんな決断よりも健康で、幸せで、裕福になりました」と彼は書いています。

体を動かす通勤がまったく問題外だという人は、通勤費を削減する他の方法をチェックしてみてください。

アマゾンの “Subscribe & Save “を利用する。

マットと彼のフィアンセは、毎月の配達を管理できるアマゾンの無料機能(アマゾン・プライムとは別)「Subscribe & Save」を使って、年間約1,000ドルを節約しているそうです。「店頭で買うよりもお得な価格で、文字通り玄関先まで配達され、しかも自動で行われるのです」と彼は書いています。

このサービスを使って年間1,000ドル節約している内訳を読んでみましょう。

使っていない定期購読を解約する

「ほとんどの人には、使っていない定期購読があると思います」と、マットは書いています。彼の場合、それは2007年から購読している雑誌「エコノミスト」でした。彼は、購読を中止するのに1分かかり、今では年間97ドルの節約になりました。

過去数回のクレジットカードの明細を見返し、毎月何に支払っているのか正確に把握しましょう。どれを減らせるか、自分に問いかけてみてください。

自家製にする

これは私にとって今年最大の “なるほど “と思った瞬間でした “とマットは書いています。「料理をするようになっただけでなく、スーパーでお金を節約するクリエイティブな方法を見つけたのです。」

「さらに、今はずっと健康的な食事もしています」。

“needs必要”と “wants 欲しい “を区別する

マットと彼のフィアンセは、クリーニング、マッサージ、スターバックス、映画に行くといったことを減らして、数千ドルを節約しました。

「欲しいもの」を減らすには、まず、お金を使う場所を正確に評価することから始めましょう。ノートに書き留めたり、MintやPersonal Capital、Level Moneyなどの支出を記録するアプリを使ったりして、2〜3カ月間、購入したものをひとつひとつ記録してみてください。

結局のところ、現金が消えたときにどこに行くのかがわからないと、貯金はできないのです。

考え方を変える

“我々は素晴らしいヒントについて読んでから、それらを実行できなくする厄介な習慣をやめた “とマットは書いている。”失敗を避けるのです…. 文字通り、このリストから今日何かをして、お金を貯め始めましょう。”

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。