投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤー 2019

投信ブロガーが選ぶ ファンドオブザイヤー 2019が発表されました。私もプレゼンターとして登壇し、授与しました。

第1位 eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
第2位 eMAXIS Slim米国株式 (S&P500)
第3位 eMAXIS Slim先進国株式
第4位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式
第5位 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
第6位 楽天・全米株式(楽天VTI)
第7位 セゾン・バンガード・グローバルバランス
第7位 グローバル3倍3分法
第9位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
第10位 SBI・バンガード・S&P500

注:7位は同点で2銘柄になりました。

第11位 たわらノーロード先進国株式

第12位 農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね

第13位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

第14位 ひふみ投信

第15位 結い 2101

第16位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

第17位 野村つみたて外国株投信

第18位 eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

第19位 野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型

第20位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

1位のeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、昨年の3位から躍進しました。全世界を対象にした銘柄が強いようです。

第2位のeMAXIS Slim米国株式 (S&P500)も昨年の8位から大幅アップです。アメリカ市場が好調なのでS&P500関係の銘柄は、ファンド・オブ・ザ・イヤーでも人気です。

第3位のeMAXIS Slim先進国株式は、昨年の首位から陥落です。去年の1位、2位が、今年は3位、4位に降格しました。

第4位の<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式も、2位から陥落しました。しかし、この銘柄の受賞者から、「2月に信託報酬を税抜き0.0930%に引き下げる」というサプライズ報告がありました。私も、この銘柄を私の子供に推奨しているので、頑張ってもらわないと困るのです。

なお、ニッセイの受賞者からSDGsについての話がありました。SDGsは、地球環境、飢餓、貧困、雇用の問題など、国際社会が抱えるさまざまな課題を解決に導くため、2015年に国連サミットで採択された、2030年を期限とする国際目標です。1950年代以降の開発競争が地球環境の急速な悪化を招いたことから、「将来の世代の欲求を充たしつつ、現代の世代の欲求も満足させるような開発」を進めるために策定されました。

S=Sustainable 持続可能な
D=Development 開発
Gs=Goals 目標

第5位のeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートで8等分したファンドです。乱暴で工夫もないようなポートフォリオですが、ハーバード大学の基金が同じように工夫のないバランス型なのです。

今年の特徴は、インデックスファンドがトップ10を独占したことだそうです。

そして、eMAXIS Slimシリーズとバンガードが強かった点です。eMAXIS Slimシリーズは、ユーザーとのミーティングを重ね、ニーズを取り入れる姿勢が好結果を生んだかもしれません。

上位の銘柄は、信託報酬の引き下げに真剣に取り組んでいますが、難しいのは販売会社の取り分の引き下げだそうです。自社内の取り分引き下げももちろん難しいのですが、販売会社は社外ですから、一層困難を伴うとの話です。

プレゼンターは5人いましたが、そのうちの二人は石川県と兵庫県から、わざわざ出かけてこられたとのことでびっくりしました。

投資信託を含む金融商品の表彰の中で、この「投信ブロガーが選ぶ ファンドオブザイヤー」が最もユーザーサイドに立った優良なものであることは疑いありませんから、今後とも引き続き頑張ってほしいと思います。

今回の表彰式は以下の様に行われました。

日時: 2020年1月18日(土曜日)
14:00開場/14:30開演~16時30分終演予定
会場: きゅりあん(品川区総合区民会館)小ホール
チケット代:1500円(前売のみ。当日券のご用意はありません。)

第一部 14:30~14:50
かしこい投資家なら知っておきたい! 公的年金 3つのポイント     慶應大学 商学部教授 権丈善一氏

第二部 14:50~15:35
みんなの【声】を聞いてみよう!
個人投資家が注目ファンドに寄せる「熱いコメント」一挙紹介!!!

第三部 15:35~16:25
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 発表と表彰式     フォトセッション(この時間のみ撮影可)

運営委員長 イーノ・ジュンイチをはじめ、運営委員の m@、まっき~、竹川美奈子、島田知保、えんどうやすゆき、カン・チュンド、セロン、かえる様、お疲れさまでした。そしてお世話になり、ありがとうございました。

2019年に株価の上昇した会社、下落した会社

私は個別株式に興味はなく、日本は1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)、アメリカはSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)とVOOに投資しています。しかし、SPYもVOOもアメリカの株式で構成されているETFですから、少しは個別企業のことを知っておいた方が良いだろうと思います。そこでフォーブスの2019年12月20日の記事を元に勉強したいと思います。以下は私の拙訳です。

2019年に株価の上昇した会社、下落した会社

主役の座:今年S&Pは27%以上上昇し、株式市場は爆発的成長を遂げました。そして最近では最良の投資の年という結果に終わり、上位のテク巨大企業にとっては幸運な年で、時価総額は急激に上昇しました。しかしこの好景気で時代でも、変化する時代を反映して、競争の結果置き去りにされた米国の巨大な製薬、化学、消費財の会社があります。

重要な統計:CNBCの分析によると、もしS&P500が12月末以前に29・6%を超えれば6年ぶり、もし31%を超えれば22年ぶりの良い結果になります。

2019年における時価総額上昇額が最大だった企業は次の通りで、全社を合計すると2兆ドルになります。

●アップル株は大当たりの年で、時価総額は4970億ドル上昇して1.25兆ドル近くになりました。同時に2019年下半期は数多くの新たなる最高記録を樹立しました。同社は、製品の好調な売り上げと、アップルTV+によるストリーミング戦争参入によって恩恵を受けています。

●最高の結果となったもう一方の巨大テク企業、マイクロソフトは、時価総額が4080億ドル上昇して、1.10兆ドルになりました。世界最大価値の企業のタイトルの座をかけてアップルと抜きつ抜かれつの戦いです。

●グーグルはまだデジタル広告と検索の分野ではトップで、人工知能や自動運転自動車などの分野に拡張しています。時価総額は2140億ドル増加して9340億ドルになりました。

●フェースブックは、中核のプラットフォームサービスに新規ユーザーを追加して、売り上げを伸ばし続けています。加えてインスタグラムやホワッツアップ(瞬時にメッセージの交換ができる世界最大のスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリ。日本のLineのようなもの)等のサービスも提供していますが、規制監視の恐れも差し迫っています。2019年当初から時価総額で2130億ドル増加して5870億ドルになりました。

●アマゾンは1500億ドル近く時価総額が増加して8870億ドルになりました。今年は、クラウド・コンピューティング(アマゾン・ウェブ・サービス)と広告事業の貢献が大きかったです。

●今年時価総額が大きく増加した株式は、金融サービス会社のビザ(1150億ドル)、JPモルガン・チェース(1110億ドル)、マスターカード(1060億ドル)などがあります。

●トップ10のしんがり:ディズニー(1000億ドル)は秋に新しくディズニー・プラスを始めたのですが、極めて好調です。プロクター&ギャンブル(820億ドル)は今年経費を削減しブランドを統合しました。

2019年に時価総額を大きく減らしたトップ10の会社で、合計すると1400億ドルになります。

●デュポンはかつて世界最大の化学コングロマリットでしたが、今年、商品化学部門の子会社ダウと農業部門のコルテバ等数多くの事業を分離しました。その結果会社の時価総額は4月に半分以上削減されました。同社の時価総額は今年中に340億ドル近く減少し、475億ドルになりました。

●ファイザーの時価総額は、2019年には330億ドル下がって2180億ドル(トヨタ自動車の時価総額25兆円と同じです。)になりました。その理由は売り上げ減少と、今年初めにアップジョンがマイランと合併したことによりますが、これに関して株式市場はネガティブな反応を示しました。

●クラフト・ハインツは、ビリオネア投資家の一人ウォーレン・バフェットが最大の株主(27%近い)ですが、2月後半にクラフト・ハインツ社が象徴的ブランドであるクラフトとオスカー・マイヤーについて150億ドル以上の減損処理費用を計上しました。その後、株価が30%下がりました。それ以来、株価はたいして回復せずに、今年は時価総額で135億ドル減少しました。

●ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス:国際的ドラッグ・ストア・チェーンの時価総額は今年131億ドル減少しました。と言うのは、同社がオンライン小売店との競争で懸念が高まっていて、その結果、コスト削減と非公開株式会社からの巨額レバレッジド・バイアウトを模索しているからです。

●オクシデンタル・ペトロリアムは115億ドル時価総額が減少しました。今年初め370億ドルでアナダルコ・ペトロリアムを買収したため、大規模な負債に関しウォールストリートの投資家が不安を感じているからです。同時にエネルギー関係の株式も全般的に低調です。

●今年時価総額が減少した株式として、産業用製品メーカーの3M(107億ドル)、不動産投資信託のサイモン・プロパティー・グループ(74億ドル)、医療用機器装置メーカーのアビオメッド(70億ドル)もあります。

●トップ10のしんがり:バイオジェン(56億ドル)は神経の病気を治療することに焦点を当てています。そしてITサービス専門のDXCテクノロジー(47億ドル)です。