子供の投資教育 下

<昨日の続き>

子供たちを助けるには

CNBCと市場調査会社Momentiveが最近行った調査によると、米国の成人の約83%が、金融リテラシーを子どもに教育する責任は親にあると信じているそうだ。3月に実施されたこの調査では、1,149人の親が対象になっています。

オンライン・リソースを利用する、お金の使い方を意識する、金融に関する話題をできるだけ早く取り入れる、などの方法で、子どもへの教育を始めることができます。

「3歳までに、子どもは価値を理解します。7歳までには、子どもたちはお金との関係を築いています。しかし、親の半数は子供とお金の話をしませんから、そこには問題があります」と、親子向けのオンライン金融リテラシー教材「Benjamin Talks」の共同創設者カリッサ・ジョーダンはCNBC Make Itに語っています。

子供と一緒に金融リテラシーを学ぶなら、まずお小遣いをあげることから始めるといいとジョーダンは言います。

お小遣いは、子供たちがお金の決定に関与していると感じるのに役立ち、予算管理、節約、支出の遅延満足、自分が楽しめる募金活動への寄付について学ぶのに良い方法だと、ジョーダンは言います。

お小遣いをあげる経済的余裕がない場合は、日常生活の中でお金に関わることがあれば、それを話すだけでも効果があると、ジョーダンのBenjamin Talks共同設立者のNikki Boulukos氏はCNBC Make Itに語っています。

“あなたの日常生活を見て、そのままナレーションしてください “と彼女は言います。もしあなたが子供と一緒にコーヒーショップにいるのなら、「ママは私のクレジットカードを通すことでこのコーヒーを買って、私のクレジットカードからのお金はコーヒーショップに支払うことになるのよ」と言うべきです。月末には、銀行口座からお金を出して、クレジットカードの返済に充てるつもりだよ』」。

子どもたちが幼い頃からお金についての会話に加わっていると感じられれば、子どもたちの好奇心を刺激することができ、今後何年にもわたってお金の話をしやすくなる可能性が高いのです。

父が私に与えた影響

私の父は2021年に他界しましたが、今でも父の声が頭の中に響いています。”毎月の請求書は自動化しろ。収入の10%以上を退職金や投資口座に投資しなさい。請求書が収入の50%を超えないようにしろ』」。

今日、私はCNBCで働きながら、金融ジャーナリズムのキャリアを追求しています。父は私のキャリアに影響を与えただけでなく、私のパーソナルファイナンスに対する長期的な展望を形成してくれました。

私はRoth IRAの口座、Acornsの投資口座、高利回りの普通預金口座、CD(預金証書)を持っています。まだ大学生である20代の若者が、同じことをしたと言えるとは限りません。

高校時代、ある日帰宅した父に、好きな授業はAP Economicsというマクロ経済学とミクロ経済学を中心とした上級クラスの授業だと話したことがあります。

すると父は目を輝かせながら、「お金の話をしたのが効いたんだな」と言いました。

まさにその通りだった。


子供の投資教育について、もうひとつ、2022年4月10日の make it の記事を見ましょう。以下は拙訳です。


子供に経済的に豊かに育ってほしいなら、何から始めればいいのか

金銭感覚に優れた子供を育てたいなら、講義を受けずにお小遣いから始めることを検討してみてはいかがでしょう。

モルガン・スタンレーでファイナンシャル・プランニングの責任者を務め、現在はアドバイザリー・プラットフォームEnvestnetでマネーガイドの責任者を務めるローズ・パラッツォは、子どもに教えることのできる最も重要なことの1つは、貯蓄の重要性だと言う。子供にとって、最も長く残る教訓は、経験を通して学ぶものです。

パラッツォは、親が子どもに小遣いを与えるだけでなく、好きなことに使ってもいいと勧めています。そうすることで、子どもたちは目標を立てるということを学び、実践することができます。

「貯蓄の大切さを理解させ、短期的なニーズと長期的なニーズのバランスを取る方法を教えてください」と、彼女はCNBC Make Itに語っています。

特別なおもちゃや行きたいイベントのための貯蓄目標を設定し、お小遣いの一部を積み立てて、それに向かって努力する方法を子どもたちに見せることを提案しています。

「お金を貯めて、そのおもちゃを買うことができるということは、子どもたちが経験していることなのです」とパラッツォさん。「実際に行動に移すことは、子どもたちにとって大きな意味を持つのです」。

子供にお金について教えるのに「適齢期はない」と言いながらも、パラッツォは貯蓄について教えるなら若いうちから始めることを勧めています。10代になれば、「投資の概念や複利の力」を教えるなど、より複雑な話題に触れることができます。

若いうちにしっかりとした金融の基礎を築くことは、実を結びます。伝説の投資家ウォーレン・バフェットも、両親から教わった幼少期のお金の教えが、自分を成功に導いたと信じています。

バフェットは、2014年に開催されたバークシャー・ハサウェイの年次総会で、幼い頃に金融について教えてくれた両親を持つ自分を「幸運」だと表現しました。”何を学んでいるのかわからないうちに、食卓で学んでいた “と、金融リテラシーについて語った。

バフェット氏は、「何らかの金融的な狂気を犯した人たちから毎日手紙が届く」そうですが、彼らは「親が教えてくれなかった」ために、自分のしたことが間違っていることに気づいていないのだそうです。

「金融文盲が引き起こす穴から自分を掘り起こすことは、残りの人生をかけてもできることだ」と彼は言った。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。