VWO、VGK、VOOの分配金

◎今日のグラフ:野村証券から「外国証券 分配金支払いのお知らせ」届く

バンガード社のVWO、VGK、VOOの分配金が支払われます。

VWO:バンガード社の新興国ETF

VGK:バンガード社のヨーロッパETF

VOO:バンガード社のアメリカS&P500ETF

1年4回の分配金

バンガード社の分配金は年間4回です。1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)は、日本円で分配金が支払われますので、引き出して生活費に充てたりしますが、外貨ETFの分配金は外貨なので、そのままUSMMFで貯めておきます。ある程度まとまったところでVOOなどの外貨ETFを追加購入することとしています。

ETFの分配金は再投資するなら非効率

分配金を受け取ると、そのたびに税金を支払い、かつ、USMMFで保管している時間はETFに再投資しないので、できれば、インデックスファンドのように自動的に再投資してもらえると便利なのですが、仕方がありません。ただし、私のように、SPYの分配金をVWO等他のETF購入に使う場合には、便利な仕組みです。私としては、SPYの比率が全金融資産の3分の1を占めていますので、SPY以外のETFを購入したいと考えています。

VWOの純資産額は6兆円

VWO(新興国ETF)の経費率は0.14%、純資産総額は562億ドルです。2018年にアメリカが利上げを重ねているので、新興国のETFであるVWOは、最近元気がありません。分配金は、10月が一番高くて1.18%(1口40.32ドルとして計算)です。4回の分配金を合計すると、2.60%です。

VGKの純資産額は2兆円

VGK(ヨーロッパETF)の純資産額は、160億ドルですから、2兆円弱です。運用管理費用(信託報酬)は、0.10%です。最近1年間のトータルリターンはマイナスですから、世界株式相場で元気なのは、ダントツでアメリカ、その次に日本ということのようです。分配金は7月が1.98%と、飛びぬけて高く、年間を合計すると3.44%です。ヨーロッパの企業の配当金は、日米よりも高いようです。

VOOの割合

VOOは、SPY、IVVと並ぶアメリカS&P500の3大ETFの一つです。私のポートフォリオの中では、SPYが34%、VOOが3%です。SPYの割合が大きくなったので、資産分散の意味から、S&P500を追加購入するときはSPYでなく、VOOを選択しています。

ウォーレン・バフェット

VOOは、アメリカの投資家・資産家ウォーレン・バフェットが、自分の死後、相続財産をVOOで運用するように指示しています。VOOは運用管理費用(信託報酬)が0.04%で、最も低く、バンガード社が低コストを徹底していることに共感しているようです。バフェットは、フォーブス誌の2018年長者番付で、1位アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(資産額は1600億ドル(18兆円))、2位ビル・ゲイツ(970億ドル)、に続いて3位(883億ドル)です。

VOOの配当は年間1.72%

VOOの配当は、4回とも0.4%台で安定しています。4回合計で1.72%です。日本の株式の配当率も同程度です。日米は、欧州・新興国より分配金が少ないようです。

USMMF 取引報告書

◎今日のテーマ:USMMF

USMMFでVOOの決済

USMMFは、アメリカドルのマネーマネジメントファンドです。最近、連れ合いがVOO(バンガード社のアメリカS&P500のETF)を追加購入しましたが、その決済をUSMMFで行いました。その報告書が野村証券から送られてきました。連れ合いは、数年前に、USMMFを購入しておいて、VOOなどの外貨ETFの購入に際し、原資として使用しています。

2015年までは譲渡税無し

現在、譲渡益から20.315%の税金が源泉徴収されていますが、2015年までは、譲渡税が非課税でした。そこで、2015年までに外貨MMFを売却する人がかなりいました。

簿価を高くすることで将来、売却損を経常可能

2015年は比較的円安ドル高円安だったので、連れ合いは2015年に一旦USMMFを売却して、すぐに買い戻しました。その効果は、その時の売却益に税金がかからずに、新しく買ったUSMMFの簿価を高くすることができたのです。この結果、今回のVOO購入に際して売却したUSMMFに売却損が発生します。

売却損を特定口座内で利益・分配金と相殺

その売却損は特定口座の中で、1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)などの分配金と相殺されるので、税金がかからなくなります。なお、分配金は当時も課税されていました。

取引報告書

さて、今回送られてきた「外貨建MMF 取引報告書」に戻ります。

所得税率  15.315%

地方税率    5%

が適用されます。しかし、上記の通り、2015年に高く買い戻したので、今回の売却にあたって、形式上損失が発生しました。従って税金の徴収額は、ゼロです。そして、今回の損失は、2018年の年間損益の中で相殺されます。

昔は外貨ETFの利回りが日本より高かった

私も連れ合いも、現在は外貨ETFをメインに資産運用していますが、以前は外貨MMFをかなりの金額、保有していました。1990年代から2010年代の前半にかけて、日本は低金利でしたが、外貨MMFの利回りは比較的高い水準が続きました。

利回りは為替リスクを十分カバー

そこで私は、為替リスクをとっても、日本の銀行に預金するよりは、外貨MMFの方が、中長期で見た場合に有利だと思いました。そして、数千万円単位で外貨MMFを購入しました。しかし、その後、リーマンショックなどが起こり、外国も超低金利になったので、外貨MMFの有利性が無くなりました。そこで現在は外貨ETFをメインに資産運用することとしました。もっと早くからそうすればよかったと反省しています。

USMMFの利回りは1.5%

現在は、アメリカの金利が上がって来ましたので、以下のようにUSMMFの利回りが先進国で最高になっています。

  • USMMF         1.547%
  • 豪ドルMMF        1.353%
  • カナダドルMMF    0.759%
  • NZドルMMF          1.303%

それでも、1.5%程度ですから、為替リスクをかけて投資する商品ではなく、経過的に一時保有する性質の商品だと思います。なお、外貨ETFの分配金は、USMMFで受け取りますので、私の場合、毎年100万円以上、USMMFが増えていきます。