個別株式、株式ファンド、銀行預金のリスク

リスクの大きさ

株式はリスクが大きく、銀行預金はリスクが小さいと思っている人が多いのですが、本当にそうでしょうか。

リスクとリターン

リスクと一緒に考えるのがリターンです。そしてリスクとリターンは比例する関係にあります。リスクが大きいのにリターンが小さければ、投資家はそのような商品に投資しませんから、消滅してしまいます。リスクが大きければ、リターンも大きい商品に投資をするわけです。

銀行預金

一方、銀行預金は、株式投資とは異なり、銀行が責任を持って利息と元本の支払を保証しています。銀行は預金者から預った預金を、企業に貸し出したりして運用をして、収益を上げることを目指します。預金者には、利率どおりの利息を支払う代わりに、当初約束した利率以上に収益が上がったときでも、その超過分は支払いません。逆に、運用がうまくいかずに約束した利率どおりの利息を支払うのが難しいときでも利息の支払を保証しています。

銀行預金と株式投資のリスク・リターン

このように、銀行預金はリスクも小さい代わりに、リターンも小さく、「ローリスク・ローリターン」です。一方、株式投資は値動きの幅が大きくなりがちで、リスクも大きい代わりに大きなリターンも期待できる「ハイリスク・ハイリターン」です。

今もハイリスク・ハイリターンか?

このような説明が一般的です。しかし、現在でもこの説明が正しいのでしょうか。代表的な投資対象である、

① 個別株式

② ETF

③ 銀行預金

について考えてみましょう。

① 個別株式

倒産、自主廃業、上場廃止などによって株式の価値が大きく損なわれることがあります。現に連れ合いの勤めていた会社は、倒産し株式価値がゼロになりました。私の父親は山一証券の株式を保有していましたが、これも紙切れになりました。これらの例からもわかるように個別株式のリスクは大きいのです。もし個別株式を保有するなら様々な業種の数十銘柄に分散して保有することが望まれます。購入後も、リバランス、売却の意思決定など普通の人には難しい投資対象であるので、結局年々リスクは高まっていく可能性があります。しかし株式ですからリターンも比較的大きいと言えます。なお、私も連れ合いも現在個別株式は保有していません。

② ETF

1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)やSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)を代表とするようなETFは、業種、銘柄、地域の分散が可能です。しかも、低コストなため、リターンは株式を十分に分散した場合と同レベルです。株式取引市場が発達する以前は、少数の投資対象しかなく、その情報に関しても透明性が低い時代がありました。その頃のリスクは本当に大きかったと言えますが、現在のETFは分散性、透明性において以前とは全く異なります。100年に一度と言われたリーマンショックでさえも数年で回復することができました。ETFに関するリスクは、1年単位のリスクなので、10年、20年という長期で見たリスクはもっと低くなります。代表的な株式ETFの場合、ハイリスク・ハイリターンではなく、ミドルリスク・ハイリターンだと考えます。

③ 銀行預金

銀行預金は一行当たり1000万円まで元本が保証されます。しかし、インフレへの対応はできません。経済評論家によっては、インフレが始まってから、外貨、不動産、日本株式などに逃避させればよい、という考えの人もいます。しかし、銀行預金しか持ったことのない人が、急に始まったインフレに対応して適切な対応ができるのでしょうか。銀行の窓口で相談して、新興国の外貨預金や、複雑な外貨保険などを買ってしまうのではないでしょうか。あるいはそれ以前に日本政府が、キャピタル・フライト(資本逃避)を避けるために、外貨との交換を制限する可能性もあります。銀行預金しか持っていないことは、大きなリスクかも知れません。

インデックス運用を考える4

今までインデックス投資の良い点や、現状などを述べてきましたが、更に違った角度から考えようと思います。

弱小の個人投資家は不利にならない

アクティブ運用は、専門的知識、人件費、コンピュータなどの経費を負担しなければなりません。これらのコストを吸収して、その上さらに市場平均以上のリターンを、継続して出すことはほとんど不可能と言えるでしょう。この件に関してウォーレンバフェットはアクティブファンドと公開の賭けを行いました。

S&P500のインデックスファンドの圧勝

バークシャー・ハサウェイ社のCEOで、9兆円の資産家ウォーレン・バフェットは2007年12月19日に10年間の賭けをしました。S&P500インデックス・ファンドの10年間のパフォーマンスが、ヘッジファンド(手数料控除後ベース)を上回れば、バフェット氏の勝ちというものです。ファンド・オブ・ヘッジファンズのプロテジェ・パートナーズ社が挑戦者になりました。そして、その結果がバークシャー・ハサウェイ社の株主への手紙の中で発表されました。結果は一番右側のS&P500のインデックスファンドの圧勝でした。

ファンド ヘッジファンドとインデックスファンドの年平均リターン
A 2.0%
B 3.6%
C 6.5%
D 0.3%
E 2.4%
S&P500インデックスファンド 8.5%

バイ&ホールド

インデックスファンドが個人投資家にとってとても良いことの一つが、買った後は何もしなくて良いということです。つまり「買いっぱなし」です。これを英訳するとBuy and Holdということになります。

実際に私は購入したETFをほぼ全額そのまま保有しています。「ほぼ」というのは、200万円だけ生活費補充のために売却したETFがあるからです。つまり儲けようとして売ったことは無いということです。連れ合いは、投資を始めて12年になりますが、100%バイ&ホールドを貫いています。

「買いっぱなし」の利点は、

  • 売り時を考えなくて良い
  • 販売手数料を払わなくてよい
  • 売却によって得た資金の再投資を心配しなくてよい
  • 売却益にかかる税金を後に延ばすことで、その税金分も複利で資産運用できる

ということがあげられます。

パッシブ運用は無差別投資

一方で、パッシブ運用に対して問題点を指摘する見方もあります。それは、市場の銘柄に対して無差別に投資するので、結果的に成長株への潜在投資が減少してしまうということです。しかし、個別株式への投資が禁止されているわけではないので、本当に成長株の力があれば個別株式投資によって、その銘柄の株価は上がるはずです。

経済の寄生者

また、何もしないで利得だけ得るパッシブファンドは経済の寄生者だという見方もあります。日本においては、過去生命保険会社などが保険の契約者から受け取った資金を株式等で運用していました。それを元に保険金が支払われたり、財形貯蓄の利回りが高くなったりしてきたのです。つまり個人投資家の資金は保険会社を経由して内外の株式に投資されていたのですが、現在は保険会社を「中抜き」して直接投資するようになったのです。保険会社が価値を生まずに手数料だけを受け取っていた非効率なシステムをやめて、個人投資家が直接効率的に投資できるようになったのです。これもコンピュータやインターネットが発達したおかげだと思います。そしてこの効率化はこれからも進んでいきますので、対面証券会社や銀行の存在価値がどこにあるのかを一層問われることになります。