国の債務、消費税、ハイパーインフレ

財政問題

最近、アメリカ株式市場が史上最高値を何度も更新しています。日本においても比較的良い相場が展開されています。しかし、財政の問題は確実に危険な場所に近づいています。

消費税10%の後

安倍首相は参議院選挙直前に、10月の消費税10%への増税後、「今後10年間ぐらいの間は、私は上げる必要はないと思っています。」と語りました。一方「未来永劫10%から上げなくてよいと考える党首」も野党の中に複数います。2013年に日本銀行の異次元金融緩和政策が始まって以来、増税、緊縮財政という国民に不人気な政策を採る政治家はいなくなったようです。しかし、財政の状態はひどくなる一方です。

X-dayプロジェクト報告書

自民党は2011年に「X-dayプロジェクト報告書」を公表しました。積み上がった借金が原因で日本国債が信任を失い、政府の資金調達ができなくなる―この結果金利が暴騰し、経済や国民生活が大打撃を受けるというものです。

借金は1100兆円

国と地方の借金は12年度末に932兆円でしたが、18年度末に1100兆円を突破しました。しかし、X-dayはやって来そうも有りません。おそらく今後数年間は大丈夫そうです。そのためMMT(現代貨幣理論)なるものが日本において広がってきているのかも知れません。

X-day発生の引き金

私はX-dayが実現するのは、次の3つの場合であると考えています。

① 国民の貯蓄が無くなる

団塊の世代やその後の世代の貯蓄が無くなり、国債の引き受け手が無くなるでしょう。これについては、時間がかかるので10年以上の月日が必要だと思います。

② 資産の海外逃避

世界又は日本において何らかの理由でインフレが実現し、日本の国債残高が急激に膨張します。この結果、日本国民のかなりの割合が、自己の資産を海外に逃避させる行動に出ます。円を売りドルを買うことになるので、大幅な円安になり、インフレが加速することになります。この繰り返しによってインフレスパイラルがおこります。ただし、日本には力のあるメーカーが数多くあるので、ドル円が200円を超えることにはならず、何十倍ものハイパーインフレになることは無いだろうと思います。

③ 大震災

首都直下型大地震が起きた場合には、住宅・オフィスビル・インフラなどの再建に伴う物価高騰、復興需要によってインフレになると考えられます。復興のための増税のインフレを加速する要因になるでしょう。個人資産などの建築費投入のための預金引き出しによって国債の引き受け手が減ることになります。

国は国民の財産を守らないというのが過去の歴史

アメリカ連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、議会で「政府債務は経済成長を上回るペースで増加しており、長期的には持続不可能だ」と証言しました。アメリカの累積赤字は名目GDPの107%です。一方日本は240%で、第2次世界大戦後に20000%のハイパーインフレになった時と同じ水準です。

国は、国民の財産を守ってくれません。国民は自分で自分の財産を守らなければいけない状態です。

確定申告の確認、クレジットカードの事件

◎今日のテーマ:確定申告の確認、クレジットカードの事件

(1) 確定申告の確認

私と連れ合いは、同じようなポートフォリオなので、確定申告も同じ形になると思っていました。しかし、申告内容確認票の 収入金額等 配当 の欄を見ると、私は300万円が計上されているのに、連れ合いには何も計上されていません。そこで、さっそく税務署に確認に行きました。結論は、連れ合いが平成30年にVOO(バンガード社のS&P500のETF)を購入したときに、USMMFを売却した資金を使ったのですが、その売却に損失が出ていたため、今年の確定申告では総合課税でなく、自動的に申告分離課税になっていたためと判明しました。

① 確定申告をしなければ、この税率が適用になります。年収が1000万円以上の人は、20%の税率が適用されますので、所得税の税率より低くなる場合が多いでしょう。ただし、国内、国外の所得税の二重課税の還付がありません。

② 私や連れ合いの年収は1000万円未満ですから、確定申告で総合課税を選択した方が有利な場合が多いのです。

③ ②のままだと住民税率が10%になるので、住民税の申告不要を届け出ると、住民税が5%に下がります。私は、この方式を選択しました。

④ 特定口座で損益通算をすると自動的に申告分離課税になります。

税制 所得税率 住民税率 住民税申告不要
源泉徴収 15% 5%
総合課税 18% 10% 内外二重課税還付
総合課税 18% 10% 5% 内外二重課税還付
申告分離課税 15% 5% 内外二重課税還付

(2)クレジットカードを置き忘れる―失敗談―

薬局は、支払方法でスイカを選択できるので、ビューカードSuica一体型クレジットカードで支払いました。しかし家に帰って、風呂から出た時に、このカードを受け取っていないことに気がつき、急いで薬局に戻って無事カードを受け取ることができました。家に着いてから、すぐにビューカード紛失・盗難デスクに電話した確認したところ、私以外のクレジットカード使用事績はありませんでした。また、スイカも使用されていなかったので、損害はありませんでした。私は今まで現金はでしたが、これからはカードも使いこなせるようにならないといけません。

(3)西友のセルフレジのサイン

西友のセルフレジを使って、クレジットカードで支払いました。暗証番号を入れなくても支払いが住んでしまったので驚きました。家に帰って調べたところ、食料品の3万円以下はサインレスでした。クレジットカードは、サインや暗証番号入力しなければいけないというのは、古い知識なのです。

衣料品 / 住居用品、一部食品銘店テナント、サービスカウンター 食料品
3万円未満(1回払い) 他社カード サイン必要 サインレス
セゾンカード サインレス サインレス
3万円以上(全ての支払い) 全てのカード サイン必要 サイン必要