40代までに250万ドルの貯蓄を目指す

毎日の小さなことを大事にしてはいるけど汲々とした人生でなく、色々な可能性を求める生き方にも憧れます。

2024年1月11日のCNBC makeitの記事を読みます。以下は拙訳です。

30-year-old couple earns $227,000 a year in Chicago—and aims to save up $2.5 million by their 40s


シカゴで30歳のカップルが年収227,000ドル、40代までに250万ドルの貯蓄を目指す

ジェナ・バルーとニール・デサイは、40代前半までに250万ドルの純資産を築く計画だ。

これは、現在30歳で子供もいない夫妻が、経済的自立を果たすために必要な額だと見積もっている。

彼らにとって、それは「6ヶ月のサバティカル(休暇)を取ることであれ、別のキャリアチェンジをすることであれ、人生に変化を起こせること」を意味する。「それが私たちの関心事項であり、お金がどこから来るのかを心配する必要がないからです」とバルーはCNBC Make Itに語っている。

現在の投資額は約88万5,500ドルで、彼らは順調に歩んでいる。

バルーとデサイは2人とも、健全な経済習慣を持って結婚した。しかし、一緒に成長し、結婚するにつれて、彼らはチームとしてお金の目標を確立し、それを追いかけることに集中してきた。

2023年、2人は合わせて227,071ドルを稼いだ。バルーは、年初に経営学修士号を取得しながらパートタイムで働き、7月にフルタイムになった間に6万9,314ドルを手にした。彼女の年俸は125,000ドルである。デサイは技術職で約15万8000ドルを稼いだ。

そして、経済的自立を目指して頑張っているが、そのために今のライフスタイルを過度に制限しているわけではない。

「自分の人生を楽しみ、経験したいことをすべて経験できるべきです」とバルーは言う。「人生を楽しみ、自分の好きなことにお金を費やしながら、自分のために投資をすることができるのです」。

3つの学位を借金なしで取得

2つの修士号と1つの学士号を持つバルーは、幸運にも学問の旅で借金をすることはない。2016年に卒業したボストン大学では、学部課程と公衆衛生学の修士課程の一部を全額奨学金で賄った。彼女の両親は、ボストン大学での大学院留学の残りの費用を援助してくれた。

借金をせずに2023年にデューク大学フュークワ・スクール・オブ・ビジネスでMBAを取得するために、バルーは奨学金、貯蓄、アルバイト、両親からの援助を組み合わせた。ビジネススクールに入る前の彼女の年収は8万ドルだった。

在学中にアルバイトをすることで、1年目には約3万ドルというお金だけでなく、貴重な人脈も得ることができた。2年目に経験したインターンシップは、現在働いている会社でのフルタイムの仕事につながった。

「私の両親は、何よりも教育を重視してきました。両親は私の学費や生活費を喜んで援助してくれました」。

バルーとデサイは、彼女が2023年にMBAを取得するときに結婚した。その直後、デサイは自分もビジネススクールに行きたいと思うようになった。

夫婦の家計は別々で、デサイは彼女が在学中、まだ結婚していなかったので金銭的な援助はしなかったが、彼は必要な励ましと配慮をしてくれた。

「ニールは、私が学校とこの大きな人生の転機に集中できるよう、家庭で必要なものをすべて用意してくれて、とても協力的でした」とバルーは言う。

デサイがビジネススクールに通っている間に結婚したことで、状況は変わった。デサイと彼の両親が彼の学費を負担しているので、夫婦の共同予算に組み込まれている。バルーはそれでいいのだ。デサイのためにこのステップを踏んだことで、二人の将来設計が具体化したと言う。

「私が学校を卒業し、ニールが学校に通っている今、私たちは(将来の)計画をもう少し立てることができるようになりました。」

お金の使い方

自分たちの目標を明確にするにつれ、夫婦は身の丈に合った生活をすることを優先するようになった。例えば、もっと広いアパートを借りる余裕もあるが、今の場所にとどまることを選んだ、とバルーは言う。夫婦は、家賃や将来の住宅ローンにいくら使ってもいいと感じるかを「常に評価」している。

Zumperによると、彼らの2ベッドルームの家賃は月3,300ドルで、シカゴの2ベッドルームの平均2,744ドルより少し高い。しかし、それでもバルーとデサイの年収の17%に過ぎず、家賃を収入の30%以下に抑えるよう専門家が推奨する額を大きく下回っている。

家賃は支出に占める割合が非常に大きいので、この数字をコントロールできれば、残りの1年間を他の楽しいことに費やすことができます」とバルーは言う。

2023年9月のバルーとデサイのお金の使い方はこうだ:

pie chart showing how Jenna and Neil spent their money in September 2023

  • 貯蓄と投資 401(k)への拠出を合わせて7,256ドル
  • 住居と光熱費:家賃、ガス、電気、水道、インターネットに3,546ドル
  • 裁量:ペットの世話、衣料品、パーソナルケア、書籍、ヘルスケア、友人への贈り物、結婚式の礼状に3,107ドル
  • 旅行:バンクーバーへの旅行で1,825ドル、今後の旅行で航空券を購入。
  • 食費:食料品と外食に1,446ドル
  • 電話代:1,301ドル(Bhalooの新しい携帯電話の購入と月々のプランが含まれる
  • 保険:デサイの雇用主を通じた医療費156ドル
  • ジム会員:82ドル
  • 交通費:公共交通機関とライドシェアに80ドル
  • バルーは9月に3回給料を受け取ったため、毎月の401(k)拠出額が通常より高くなった。

夫妻は、予算管理アプリのTillerを使って支出を追跡し、財務の全体像を一元的に把握することで、共同支出の統合に役立ったと言う。

「即座に、私たちは一緒に私たちの純資産が何であったか、私たちの取引が何であったか、ニールが彼のクレジットカードに課金していた金額、私が私のクレジットカードに課金していた金額を見ることができました」とBhalooは言う。「私たちの口座を統合し、本当に一緒に見ることができるシステムを使用することは、非常に役に立ちました。」

夫妻は多くの支出をクレジットカードにチャージして特典を得るが、毎月返済し、借金のない生活を続けている。

デサイのお金の使い方を学ぶことは、バルーが夫婦にとって最も重要なことに集中する助けにもなったと彼女は言う。

「ニールの支出性向について私が本当に驚いたことのひとつは、彼は本当に純粋に好きなものにしかお金を使わず、そのようなものに投資をするということでした」と彼女は言う。

例えば、デサイは2020年にピアノを購入した。バルーは、彼が “よくできた高品質の “ピアノに投資しようとするのを見て、「本当に好きなものにお金を使い、喜びや幸せをもたらさないものにはお金を使わないことの重要性」を理解したと言う。

食事と旅行は、バルーとデサイが優先的に費やす分野の2つであり、あちこちで少し贅沢をすることも恐れない。

「私たちにとって本当に大切なことのひとつは、60歳まで待つのではなく、今の生活を楽しむようにすることです」とバルーは言う。「私たちにとって、それは旅をすること。つまり、本当に素晴らしい料理を作って外食することです」。

リモートワーカーとして、彼らはどこにいても仕事ができる機会を楽しんでおり、これからもいろいろな都市を探検したいと願っている。将来は一時的に海外に移住することもあるかもしれない。

より良いものを求めて努力し、その過程で微調整を加える

バルーとデサイの2人は、家族からかなりしっかりとした経済的基盤を得ていたが、本を読んだり、お気に入りの金融教育者のYouTubeチャンネルをチェックしたりして、金融リテラシーを高め続けている。

「経済的健康は継続的なプロセスです」とバルーは言う。「完璧になることはないけれど、生活の変化に合わせて、常により良いものを目指し、微調整していくことはできる。」

彼らはラミット・セティの本とNetflixの番組のファンで、「豊かな人生」とはどのようなものかを考えるきっかけとなった。旅行好きを追求し続けることは間違いなく今後の課題であり、パーソナル・シェフを雇うことは贅沢なことだとバルーは言う。

次のステップはまだ完全に決まっていないが、それも楽しみのひとつだという。デサイがMBA(経営学修士号)を取得したら、夫妻は「間違いなく」しばらく海外に移り住みたいと考えている。

「しかし、具体的にどこに移住するかは未定だ。「シカゴに戻るかもしれないし、他の場所に引っ越すかもしれない。未知の世界にはたくさんの興奮があるの」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d