子どもがいない人のためのお金のルール

経済的に人生の3大イベントは、「マイホーム購入」「子供の教育費」「老後生活資金」と言われています。しかし、子供がいなければ、子供の教育費はかかりません。今日は、子供がいない人について考えます。

2023年12月5日のCNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

Not having children ‘breaks’ traditional financial planning, says CFP


子供を持たないことは伝統的なファイナンシャル・プランニングが「当てはまらない」とCFPは言う。子どもがいない人のための8つのお金のルール

子どもがいない場合、そして子どもを持つ予定がない場合、通常のパーソナルファイナンスのルールは必ずしも適用されない。

認定ファイナンシャル・プランナーであり、『Childfree Wealthの肖像』の著者であるジェイ・ジグモントは言う。そのため、デイブ・ラムゼーのような金融専門家から聞くような標準的なアドバイスの多くは無意味になる。

「私が死んだとき、甥っ子たちが1,000ドルか10,000ドルもらえるなら、それでいい。もし彼らが100万ドルを手にしたら、私は間違いを犯したことになる。なぜなら、彼らがもっと早い時期にそれを使うことができたか、私がそれを使うことができたかのどちらかだからだ」。

伝統的なファイナンシャル・プランニングのモデルでは、自分の財産を子供たちに引き継ぐために、”それを使い続ける “ように言われる、とジグモントは言う。そのような変数がなければ、子供がいない人は、自分の幸福を最大化するために、死ぬまでに稼いだお金をすべて使うか寄付する自由がある。

「それはすべてのファイナンシャル・プランニングを壊すことになります」とジグモントは言う。

ラムゼイのマネー・マネジメントのための7つの “ベイビー・ステップ “にちなんで、ジグモントは子供がいない人のためのファイナンシャル・ロードマップとして、8つの “ノー・ベイビー “ステップを提案する。

1〜3:経済的基盤を築く

ジグモントは、最初の3つのステップは、子供がいてもいなくても処方するものだと言う。彼は次のことから始めることを勧めている:

  1. 緊急資金を作る

  2. 借金から抜け出す

  3. 3カ月から6カ月の緊急資金を作る

最初の緊急資金として、ジグモントは約1ヶ月分の出費をまかなえるだけの現金を蓄えておくことを勧めている。

「借金が多くなると、車や家など、あらゆるもののメンテナンスが先延ばしになってしまいます」とジグモントは言う。そのような出費が続くと、借金を深くするよりも、緊急資金から支払う方がマシになる。

貯蓄に余裕ができたら、借金返済を優先順位No.1として扱いましょう。特に、クレジットカードの残高のような高金利の借金ならなおさらです。

「特にクレジットカードの金利が20%を超えている今、借金は緊急事態です」とジグモントは言う。

ジグモントは、いわゆる雪崩方式(金利の高い借金から順に返済する方法)で借金を返済することに数学的な知恵を見出すが、彼は一般的に、残高の少ない順に借金を返済することで得られる心理的な勝利を好む。

「借金をすることはすぐにできる。借金から這い出すのは苦しい仕事だ。だから、早い勝利を手にすることで、前進し続けることができる。」

4. 目標に向かって貯蓄と投資をする

ジグモントはここで、従来のアドバイスから「大きく右折する」という。子どもがいる人も貯蓄や投資をしているにもかかわらず、子どもがいない人の目標はまったく違うかもしれません。結局のところ、支払うべき養育費も、貯めるべき大学も、残すべき遺産もないのだ。

「どうやってお金を使い、自分の人生を楽しみながら、将来のための貯蓄もできるのでしょうか?」ジグモントは言う。「結局のところ、何を目標にするかということだ」。

伝統的なモデルでは、例えば収入の20%を貯蓄し、その貯蓄を家の頭金と老後のための投資に分けるかもしれない。

子供がいない人の場合、その方法は根本的に異なる。ジグモントは言う。「子供がいない人にとって、家は必要条件ではなく、選択肢のひとつです。」

さらに、長期的な投資を望むかもしれないが、近い将来の生活を向上させるために資金の一部を流用することもできる。

「開業が目標なら、その事業に投資したいかもしれない。経済的には株式市場に投資したほうがいいのかもしれない」とジグモントは言う。「学校に戻ったり、転職したり、サバティカル(大学教授の研究休暇)を取ったりするための投資かもしれない。それらはすべて投資です。ただ、”古典的な “投資ではないのです」。

5. 保険に正しく加入する

子供がいない場合、ある種の保険に加入することが他の保険よりも重要になる。例えば、子供がいる場合、多くの金融のプロは、あなたが死亡した場合に家族に保障するために、何らかの定期生命保険を勧める。

あなたが死んだら配偶者が負担できないような大きな経済的負担がない限り、「子供がいない人が生命保険を必要とすることは非常にまれです」とジグモントは言う。「障害保険の方がはるかに大きいのです」。

ジグモントが “ソロイスト “と呼ぶ人たち、つまり配偶者もいない子供のいない人たちには特にそうだ。

「リタイアするまでカバーできる障害保険に加入する必要があります」とジグモントは言う。「多くの人はこれをスキップしたり、雇用主の保険だけでは十分でないことに気づいていません」。実際、民間企業で働く人の半数以下しか、怪我や病気で働けなくなった場合に適用される短期および長期の障害保険に加入していない。

もうひとつの大きな検討事項は、介護保険である。

終末医療にはお金がかかる。保険会社ジェンワース・ファイナンシャルの2021年の調査によると、例えば老人ホームの個室にかかる費用の中央値は月9,000ドル以上である。

「子どものいない人は、よく誰が私たちの面倒を見てくれるのかと聞かれます。その答えは、専門家の助けを借りて、自分のお金ですることです」とジグモントは言う。「介護保険を考えるのは」40代半ばまでにやってほしいことです。その理由は、介護保険が最もリーズナブルになる時期だからです。決して安くはありません。しかし、よりリーズナブルなのです」。

6. 財産設計に積極的になる

ファイナンシャル・アドバイザーは、ほぼすべての人に遺産計画が必要だと言うだろう。遺産計画は、自分が死んだり、動けなくなったりした場合に、金銭面や医療面での意思決定をどのように処理してほしいかを、自分の身の回りの人に指示するものだ。

明らかな近親者がいない子供のいない人にとっては、さらに差し迫った問題だ、とジグモントは言う。

「医療制度や行政制度はすべて近親者を探します。」例えば、外出先で事故に遭った場合、近親者がいない可能性があります。「つまり、政府や医療制度があなたのために決断を下すことになるのです」。

遺産分割プランがなければ、自分では選ばないような手続きを受けたり、自分の財産が自分の意思ではなく政府のルールに従って分配されたりする可能性がある。

「自分のニーズや希望が満たされるように、経済的・医療的な意思決定者を決めておくことはとても重要です」とジグモントは言う。

7. パパとママのための計画

子供と年老いた両親の両方を介護する「サンドイッチ世代」の話を聞いたことがあるだろう。しかし、多くの家族にとって、それはむしろオープン・フェイスのサンドイッチだ。

「あなたには子供がいないから、お母さんの世話はできるでしょ?」とジグモントは言う。「期待されるレベルが違うんだ」。

それは、あなたにとって快適な役割かもしれないし、そうでないかもしれない。ジグモントは、最初のステップは境界線を確立することだと言う。例えば、あなたとあなたの配偶者は、経済的には兄弟姉妹より多く援助することに満足するかもしれないが、親を家に住まわせることには抵抗があるかもしれない。

また、親の介護における金銭的な役割をどうするかを伝える必要もある。「『おい、私にはそんな余裕はない』と決断するかもしれません。そのような会話も必要です」。

例えば、あなたとあなたの兄弟が高齢の親を介護する余裕がない場合、親はメディケイドが提供する介護施設を選ばなければならないかもしれない。そのような気まずい会話は、できるだけ早い時期にするのが理想的だ。「病気になる前にする必要があります」とジグモントは言う。

8. ゼロで死ぬ

ジグモントの「ゼロで死ぬ」というマントラは、ビル・パーキンスの同名の本にちなんだものだ。しかし、両者とも、銀行口座に0ドルを持って実際に死ぬことを目指すのは危険な提案であることを認めるだろう。自分の余命を過小評価して資金不足に陥ることは避けたい。

だからこそジグモントは、介護保険に加入し、余裕資金を準備することを勧めるのだ。

「そして、自分の人生を最適化し、生きている間にお金を最大限に活用することです」と彼は言う。

その方法は人によって異なるだろうが、一般的には「2つの異なることができる」とジグモントは言う。「貯蓄を減らすか、貯蓄を取り崩すかです」。

前者の例としては、低賃金の仕事に就くことで、ストレスを減らし、情熱に集中する時間を増やすことができる。「確かに貯蓄は減りますが、その分幸せになれるでしょう?」

多くのファイナンシャル・プランナーとは一線を画し、定年退職前にもっとお金を使うように勧める。

「何年もかけて貯蓄の仕方を学んできたのですから。そこには多くの罪悪感がある。それに伴う荷物がたくさんあります」と彼は言う。

ジグモントは、子供がいない人は無謀な浪費をする自由があると言っているのではない。むしろ、どうすればお金が自分たちの幸福を最大化できるかに、より焦点を絞ることができるのだ。

「YOLO(「You Only Look Once」物体を検出するときに使用される代表的なアルゴリズムです。)的なアプローチには気をつけたい。自分の安全を守るために十分なお金を持っている。しかし、同時にもっと早い年齢で人生を楽しむこともできる。」

%d