VWO:バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF2022年5月

新興国の株式ETFは、VWO以外にEEM、IEMG、SCHEがあります。

EEM

iシェアーズMSCIエマージング・マーケットETF(iShares MSCI Emerging Markets ETF) は米国籍のETF(上場投資信託)。MSCI TRエマージング・マーケッツ・インデックスのパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。主に新興国市場の大型・中型株を保有する。四半期ごとに時価総額方式を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。

  • 資産総額 (十億 USD) ( 05/20/2022): 269億ドル
  • 経費率:0.68%         ⇒ 高い
  • 設定日:04/11/2003
  • 1年トータルリターン:-21.98%    ⇒ マイナス20%前後が多い
  • 3年トータルリターン:3.01%
  • 5年トータルリターン:2.12%

IEMG

iシェアーズ・コアMSCIエマージング・マーケットETFは、米国籍のETF(上場投資信託) 。新興国株式市場のパフォーマンスの指標となるMSCIエマージング・マーケッツ・インベスタブル・マーケット・インデックスに連動する投資成果を目指す。主な構成銘柄は、一般消費財、エネルギー、金融、ITセクターなどの企業。代表サンプリング手法を使用する。

  • 資産総額 (十億 USD) ( 05/20/2022):676億ドル
  • 経費率:0.09%      ⇒ 安い
  • 設定日:10/22/2012
  • 1年トータルリターン:-19.75%    ⇒ マイナス20%前後が多い
  • 3年トータルリターン:4.51%
  • 5年トータルリターン:3.10%

SCHE

シュワブ・エマージング・マーケッツ・エクイティETFは、米国籍のETF(上場投資信 託)。FTSEエマージング・インデックスの運用実績(経費控除前)に連動する投資成果を目指す。

  • 資産総額 (十億 USD) ( 05/20/2022):85億ドル
  • 経費率:0.11%                ⇒ 安い
  • 1年トータルリターン:-18.34%    ⇒ マイナス20%前後が多い
  • 3年トータルリターン:4.02%
  • 5年トータルリターン:3.38%

英語版を日本語に翻訳

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

製品概要

  • 中国、ブラジル、台湾、南アフリカなど、世界中の新興市場にある企業の株式に投資します。
  • 目標は、FTSE新興市場のオールキャップチャイナAインクルージョンインデックスのリターンを綿密に追跡することです。
  • 成長の可能性は高いですが、リスクも高いです。 株価は、米国を含む先進国に投資する株式ファンドよりも上下に変動する可能性があります。
  • 長期的な目標にのみ適しています。

ETFのデータ

  • 資産クラス:国際/グローバルストック
  • カテゴリー:多様化した新興市場
  • IOVティッカーシンボル:VWO.IV
  • 経費率:2022年2月25日現在 0.08%
  • CUSIP:922042858
  • ETFアドバイザー:バンガードエクイティインデックスグループ

価格と利回り

  • 市場価格:2022年5月20日現在 $42.20
  • NAV:2022年5月20日現在:  $42.15
  • プレミアム/ディスカウント:  0.05ドル

リスク潜在性

アグレッシブファンド: リスクレベル5

アグレッシブに分類されたバンガードファンドは、株価が非常に大きく変動する可能性があります。 これらのファンドは、長期的な投資期間(10年以上)を持つ投資家に適している可能性があります。 これらのファンドに関連する異常に高いボラティリティは、いくつかの戦略に起因する可能性があります。

⇒リスク潜在性がヨーロッパのと同じランク5となっていますが、ヨーロッパと同じであるわけはなく、ランク7か8にした方が良いでしょう。

パフォーマンス

平均年間収益 2022年4月30日現在

1年間 3年間 5年間 10年間 2005年3月4日設定以来
バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF -15.24% 2.99% 4.39% 2.94% 5.83%
Spliced Emerging Markets Index (ベンチマーク) -14.47% 3.59% 4.72% 3.08% 6.02%

10,000ドルの仮想成長 2022年4月30日現在

⇒ 10年前に1万ドル投資していたら、13,367.31ドルになっていたということです。最近1年間が下落しています。

特徴 2022年4月30日現在

  • 純資産総計:1,0009億ドル
  • 株式数:5446
  • 上位10銘柄の割合:19.8%

月末の保有 2022年4月30日現在

1.台湾積体電路製造株式会社6.10%
2.Tencent Holdings Ltd. 3.90%
3.アリババグループホールディング株式会社2.40%
4.リライアンスインダストリーズリミテッド1.70%
5.美団1.20%
6.Infosys Ltd. 1.00%
7.ヴァーレSA1.00%
8.中国建設銀行株式会社0.90%
9.Petroleo Brasileiro SA 0.80%
10.アルラジ銀行0.80%

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。