SBI証券の信託報酬の少ない商品ベスト10

◎今日のテーマ:SBI証券の信託報酬の少ない商品ベスト10(2018年12月)

iDeCo加入者No.1はSBI証券

SBI証券は、iDeCo加入者のシェアが20%程度と高く、業界首位だそうです。そこで、SBI証券で扱っているiDeCo商品の中で信託報酬の安いベスト10の商品を調べました。

第1位 ニッセイ外国株式インデックスファンド

第1位は、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド です。この商品は2014年から3年連続で「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 」の第1位に選ばれた商品です。

コストが大幅低減

2014年当時の信託報酬は0.46%でしたが、当時としては画期的に安い商品でした。それから4年経って、0.11772%まで下がってきたのですから、驚きとともに称賛の気持ちを抱きます。しかし、Fund of the Year に選ばれたときに、ニッセイから受賞者が出席しないため顰蹙を買ったそうです。信託報酬が安すぎて、社内的に問題があったと勘繰られるかもしれません。

純資産総額は1000億円超

この商品は順調に成長して、純資産総額が1000億円に到達しました。個人の投資家だけでなく年金基金なども購入するETFと異なり、個人投資家しか購入しないインデックスファンドで1000億円の大台に登ったのは立派です。今後も更に成長していくと思います。

第2位は業界最安値宣言

第2位のeMAXIS Slim 先進国株式インデックス は業界最安値を宣言して、第1位のニッセイと切磋琢磨して信託報酬を引き下げています。ニッセイに出遅れたために現在270億円と、ニッセイに大きく水をあけられていますが、この2銘柄が個人投資家のための投資環境を改善する先導役として、今後とも活躍してほしいと思います。

順位 ファンド名 純資産(百万円) 信託報酬
1 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 101,853 0.11772%
2 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 27,477 0.11772%
3 三菱UFJ国際-三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 27,898 0.12960%
4 SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド (愛称:雪だるま(全世界株式)) 1,504 0.15000%
5 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内債券インデックス 2,101 0.15012%
6 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 3,197 0.15336%
7 大和-iFree 年金バランス 81 0.17172%
8 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 5,466 0.17172%
9 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 5,819 0.17172%
10 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 18,967 0.17172%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です