つみたてNISAの推移2019年12月

評価額上昇は良いことか?

つみたてNISAは、2018年の1月から始まりました。2019年の9月までは評価額が取得金額前後で推移していました。しかし、2019年の年末になって、アメリカの株式市場が好調だったせいで、取得金額を上回って来ました。これは、喜んで良いのか、あるいは、残念だと思った方が良いのか、微妙なところです。

引き出すときに上がるのがベスト

つみたてNISAのような長期積立投資の商品は、最初の10年間、20年間は低迷していて、30年後、40年後に使う時期になって初めて評価額が上昇するのが良いのです。つまり、最初の頃は安く買って、後で高くなるパターンです。しかし、私は40年後には生きていないでしょう。

長生きの秘訣

私の父親は100歳近くまで生きたので、私もそうなれば今後30年以上生きることになります。父親は死ぬ直前まで株式をやり、日経新聞の関連記事に赤鉛筆で傍線を引き、やきもきしていました。それが長生きの秘訣だったかもしれません。

つみたてNISAの人気ランキング

今回は、マネックス証券における「つみたてNISA月間積立契約件数ランキング」のファンドタイプ別ランキングベスト10です。

最初は国際株式型です。

国際株式型(2019年11月01日〜2019年11月30日)
順位 銘柄名
1 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
2 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
3 楽天・全米株式インデックス・ファンド
4 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
5 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
6 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
7 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
8 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
9 iFree S&P500インデックス
10 たわらノーロード 先進国株式

低コスト銘柄

eMAXIS Slim は、低コストの代表的な銘柄なので、上位に来ることは当然だと思います。<購入・換金手数料なし>ニッセイ は、低コスト化のリーダー的存在で、私も自分の子供に積み立てさせています。楽天の全米、全世界株式インデックス・ファンド、iFreeも、低コストなので順当なところです。たわらノーロードの信託報酬も、税抜0.0999%で低コストです。全体として、ランキングベスト10に入る商品は、低コストの銘柄ばかりです。

低コスト銘柄内での生き残り競争

しかし中長期で見ると、全ての銘柄が生き残れるわけではなく、集約が進むと思われます。その中で、営業力から見ると第1位の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」、歴史・純資産総額から見て第2位の「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が将来的にも有望だと思われます。

次に国内株式型です

アクティブファンドは避けるべき

第1位の「ひふみプラス」に疑問符がつきます。この銘柄の申込手数料は3.30%(税抜き3.00%)、運用管理費用(信託報酬)は1.0780%(税抜き0.9800%)です。このような、コストの高い銘柄はとても買う気になりません。それでは、なぜこの銘柄が売れているのでしょうか。この銘柄はアクティブファンドで、一時期成績が良かったことがありました。しかし、過去の業績は将来の業績の根拠にはならないというのは、現在の投資信託の常識になっています。過去3年間の運用成績は42.9%と好調でしたが、過去1年間では4.6% です。つまり少し前までは良かったけど、今は基準価額、純資産総額とも最近2年間頭打ちです。コストの高いアクティブファンドは敬遠すべきです。

アクティブファンドの信託報酬は1%以上

第6位の「コモンズ30ファンド」もコストが高く、申込手数料は3.30%(税抜き3.00%)、運用管理費用(信託報酬)は1.0780%(税抜き0.9800%)です。コストの高いアクティブファンドに関心はありません。

アクティブファンドのコストはインデックスの10倍

第10位の「年金積立 Jグロース」の購入時手数料 は購入時の基準価額に対し2.2%(税抜2%)、運用管理費用(信託報酬)は、ファンドの日々の純資産総額に対し年率0.902%(税抜0.82%)です。上記2銘柄よりは低いですが、ニッセイやeMAXIS Slimの商品と比べるとかなり割高です。信託報酬が1%違えば、10年で10%、20年で22%、30年で35%の差がつきます。アクティブだからと言って、インデックスより良い成績をおさめられるという保証はありません。

国内株式型(2019年11月01日〜2019年11月30日)
順位 銘柄名
1 ひふみプラス
2 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
3 eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
4 ニッセイ日経225インデックスファンド
5 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
6 コモンズ30ファンド
7 たわらノーロード 日経225
8 <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
9 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)
10 年金積立 Jグロース

複合商品(バランス)型

バランス型は初心者にお勧めという話もありますが、まったく意味がないと思います。現在のような超低金利の時代には、債券が組み込まれたバランス型は選ぶべきでは有りません。変動リスクを下げたいのであれば、バランス型を選ぶのではなく、外国株式インデックスファンドの金額を少なめにすればよいだけです。

複合商品(バランス)型(リート含む)(2019年11月01日〜2019年11月30日)
順位 銘柄名
1 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
2 世界経済インデックスファンド
3 eMAXIS バランス(8資産均等型)
4 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
5 iFree 8資産バランス
6 野村6資産均等バランス
7 DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)
8 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)
9 たわらノーロード バランス(積極型)
10 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型

 

独立系ファンドとインデックスファンド

独立系運用会社

1980年代まで、投資信託の募集・販売などの業務は証券会社だけで行われてきました。しかし1992年4月に投信委託会社(運用会社)による投資信託の直接販売が認められたことから、直販投信が始まることとなりました。

さわかみファンド

1998年にさわかみ投信がさわかみファンドを設定し、直販投信に参入しました。さわかみ投信は証券会社や銀行を親会社にせず、資本関係のない、いわゆる独立系運用会社と言われます。

セゾン投信、レオス・キャピタルワークス等

2007年にはセゾン投信、2008年にはレオス・キャピタルワークス、2009年にはコモンズ投信、2010年には鎌倉投信がそれぞれ直販投信に参入しました。これらの投信委託会社はさわかみ投信と同様に、1本もしくは多くても数本の投資信託を運用・販売し、長期投資・積立投資の理念などを軸に営業活動を行なっています。

メディアの注目に値するか

つみたてNISAの開始による投資家の長期積立投資に対する関心の高まりや、メディア、セミナーなどでのファンドマネジャーによる積極的な情報発信を背景に独立系運用会社が注目を浴びています。しかし、それほど素晴らしい商品を扱っているのでしょうか。

信託報酬

さわかみファンド、 ひふみ投信 、コモンズ30ファンド 、結い2101の4銘柄の信託報酬は1%強です。また、 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは半分を債券で運用しているので、その分コストを抑えることができ、0.61%です。従って、この商品が特別に低コストだということはありません。(2019年10月現在)

ファンド名 さわかみファンド ひふみ投信 コモンズ30ファンド 結い2101 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド TOPIX(配当込) S&P500(配当込、円ベース)
運用会社 さわかみ投信 レオス・キャピタルワークス コモンズ投信 鎌倉投信 セゾン投信
純資産(百万円) 313132 134118 18126 40977 196520
信託報酬 1.10% 1.08% 1.08% 1.10% 0.61%
リターン
1年(年率) 4.38% 3.22% 4.65% -0.76% 7.41% 3.52% 11.43%
3年(年率) 7.98% 11.53% 8.83% 5.48% 7.68% 8.28% 16.47%
5年(年率) 6.52% 12.76% 8.11% 4.78% 4.21% 6.53% 11.01%
10年(年率) 7.64% 14.65% 8.97% 6.72% 8.36% 15.40%

純資産額の上位銘柄は以下の通りです。(2019年7月現在)

ファンド名 運用会社 純資産額(百万円)
ひふみプラス レオス 595,411
さわかみファンド さわかみ 289,166
セゾン バンガード・グローバルバランスファンド セゾン 185,386
ひふみ投信 レオス 130,933
セゾン 資産形成の達人ファンド セゾン 80,450
結い2101 鎌倉 38,676
コモンズ 30ファンド コモンズ 16,457

私の結論

独立系運用会社の商品はすべてアクティブ運用です。証券会社等のアクティブファンドの信託報酬は、1~3%ですから、それに比較すると低コストの下限に張り付いている状況です。しかし、日本やアメリカでインデックスファンドの優良な商品がたくさんあるのに、敢えてコストの高いアクティブファンドを買う必要はありません。優良なインデックスの信託報酬は0.1%程度ですから、10分の1のコストで済みます。1000万円の資産なら年間で9万円、10年間で90万円の差が出ます。私は今後も1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)、SPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)などのETFで運用を続けます。なお、アクティブファンドの成績がインデックスファンドの成績を上回るということは無いというのが定説です。

なお、せっかくの機会ですから、独立系運用商品の概要をご紹介します。

さわかみファンド

ファンドの目的 円ベースでの信託財産の長期的な成長を図ること。
主な投資対象・制限 国内外の株式等を中心に、投資対象の割合等には特に制限を設けず、積極的かつ長期スタンスの運用を行います。

ひふみ投信

主に日本の成長企業に投資します:顧客から預かった資産を、主に日本の成長企業に投資することで顧客の長期的な資産形成を応援するとともに、日本の未来に貢献します。

守りながら増やす運用に挑戦します:基準価額の上下動に伴うお客様のハラハラ、ドキドキ感をできるだけ軽減し、かつ着実なリターンを目指した「守りながらふやす」運用に挑戦します。

コモンズ30ファンド

ファンドの基本方針
1.投資の目線は30年とします。
2.投資対象は、原則として30銘柄程度とします。
3.企業との対話を重視します。
4.生活者(個人投資家)の参加する場を数多く提供します。
5.直接販売を主とします。
6.信託報酬の一部を社会貢献に活用します。

結い2101

結い 2101は、投資家の長期的な資産形成と社会の持続的発展に貢献するために、信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、国内を中心に、社会との調和の上に発展する次のような企業の株式に投資することにより運用をおこなうことを基本とします。
(1) これからの日本に必要とされる企業
(2) 顧客・消費者、社員とその家族、取引先、地域、自然・環境、株主等を大切にし、持続的で豊かな社会を醸成できる企業
(3) 人財を活かせる企業
(4) 循環型社会を創る企業
(5) 日本の匠な技術・優れた企業文化を持ち、また感動的なサービスを提供する企業

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

3つの特色
◆国際分散投資
このファンド1本で世界中に分散投資することができます。
地域別の投資比率は市場の規模に応じて変化するので、手間なく市場の変化に対応できます。
◆株式と債券への分散投資
株式と債券へ半分ずつ投資することにより、リスクを抑えながら安定したリターンの獲得を目指します。
◆低コスト
ローコスト・ハイクオリティ運用で定評のあるバンガードのインデックスファンドに投資することにより低いコストを実現。長期の資産形成に特化することで運営に係る経費も抑えています