個人金融戦略の理屈と実行可能性

パーソナルファイナンスの理想形は少しずつ変化

私は自分で個人資産を運用していますが、連れ合いや子供達にもアドバイスして貯蓄・投資を勧めています。過去20年間にわたって、インターネットや書籍で調べた結果、最も良い方法と思えるものを実践し、アドバイスしているのですが、実績が必ず伴うという保証はありません。現に、2020年の新型コロナショックの時には、わずか1か月で、連れ合いの運用益が全部吹き飛んだという経験もしました。また、10年前までは、ある程度国内株式を保有していた方が良いと考えていましたが、現在は全部外国株式で良いと言うように、少しずつ考え方を修正してきました。このため、連れ合いは国内株式を4割近く保有していますが、娘と息子は全部外国株式で、日本株は保有していません。

このように貯蓄・投資に関しては、今後とも様々な考え方を参考にしたいと思っています。Inc.の2022年9月5日の記事を勉強します。以下は拙訳です。


エール大学ファイナンス学部の教授によると、一般的なパーソナル・ファイナンスのアドバイスのうち、明らかに間違っている3つの項目があります。

スズ・オーマン、デイブ・ラムゼイ、ロバート・キヨサキ、ラミット・セシなど、この種のパーソナル・ファイナンスの達人たちは、何千万冊もの本を売り、経済的に賢明であるとはどういうことかについての大衆の理解を形成してきました。彼らは非常に大きな影響力を持っていますが、実際に正しいのでしょうか?

経済学者に言わせれば、そうとは限らない。最近のNBERの論文で、イェール大学ファイナンス学部のジェームス・チョイ教授は、合理的にお金を管理したいと願うすべての起業家のために、グッドリーズによる上位50冊のパーソナルファイナンス本を読み、その推薦文を学術経済学者の総意と比較しています。

その結果どうだったのだろうか?教授たちは、多くの質問(例えば、インデックスファンドが投資に最適であるなど)において識者と意見が一致していますが、いくつかの重要な質問においては、大きく異なっています。

デジタルノマドとして4つの会社を経営する技術系ファウンダーの方法

1. 収入の10%以上を貯蓄する

個人的な貯蓄の達人たちがほとんど同意することが1つあるとすれば、それは、あなたは本当に、本当にもっと貯蓄すべきなのだ、ということです。そして、あなたは昨日から始める必要がありました。「45冊の本のうち、32冊はすぐに貯蓄を始めることの重要性を説き、31冊は複利の力を説いている」とチョイは報告しています。「28冊の本が、誰でも緊急時の貯蓄を優先する必要性に言及しています」。

緊急時のための貯蓄は、パーソナル・ファイナンスの領域では議論の余地がないことを考えると、常に一定額を貯蓄するというルールが、実は経済学者に支持されていないことを知ると驚くかもしれない。むしろ、若くて比較的貧しいうちは自分自身(と喜び)に投資し、中年になってもっと収入が増えたら貯蓄を増やすべきだというのが、学者たちの共通の意見なのです。

2. 2. 雪だるま式に借金を減らしていく

これは、経済学の博士号を持っていなくても、計算できることです。金利の高い借金から順に返済していけば、節約になることは誰でもすぐにわかる。しかし、多くの本がまだ別の方法を提唱していることに、チョイさんは驚いた。

デーブ・ラムゼイが広めた「スノーボール法」では、まず一番小さな借金を残高ゼロになるまで返済し、それから次の小さな借金に移ることを勧めています。「借金を1つ減らすごとに、エネルギーと勢いが増していきます」とラムゼイは説明します。

3. 固定金利の住宅ローンを選択する

チョイさんの論文では、固定金利の住宅ローン(FRM)と変動金利の住宅ローン(ARM)のどちらを選ぶべきかという問題にかなり多くのスペースを割いています。現在の金利、インフレのリスク、借り換えのコスト、家に住む期間などを考慮する必要があり、この質問に対する単純な答えはありません。しかし、チョイ氏は、プロの経済学者よりも専門家の方が一般的にFRMに肯定的であると結論付けています。

ある古典的な経済学モデルでは、「金利が低い場合を除き、借り手は一般的にFRMよりARMを好むはずだ」とチョイ氏は指摘しています。

経済学者と個人金融戦略の達人が異なる理由

表面的には、23歳のときにIRAに積み立てなかったからといって自分を責めるべきではない、最初に返済する借金を決めるときは基本的な数学に耳を傾けるべきだ、というようなことが書かれているように見えます。しかし、何人かのコメンテーターが指摘しているように、より深い教訓は、複雑な数式で武装した教授よりも、大衆作家の方が実際の人間の行動様式をよく理解しているということだ。

この世界のスズ・オーマンやラミット・セシのアドバイスは、すべての事例において数学的に理想的とは言えないかもしれません。人々の怠け心や自己妄想、心理的なクセを考慮した素晴らしい仕事です。大学を卒業してすぐに収入の10%を貯蓄することは経済的に理にかなっていないかもしれませんが、一度決めた習慣を変えることがいかに難しいかということを真剣に考えています。雪だるま式は、数学的な観点からは異常だが、モチベーションを高めるという観点からは完璧に理にかなっている。

アトランティックのデレク・ティンプソン記者は、「個人金融のベストセラーは、人間の本質を真剣にとらえ、理論と心理学を融合させることで成功している」と指摘する一方で、「満足を先延ばしにして一生を過ごす人は、ある日、複利の効果を高く評価しすぎて、あまりにも多くの喜びを犠牲にし、貯金だけは豊富だが思い出には乏しい自分に気付くかもしれない」と警告している。

これは、この論文から得た多くの起業家にとっての全体的な要約である。数学は強力だが、心理学も同様だ。最高の個人金融戦略は、数学的理想に最も近く、実生活で実行できるものである可能性が高い。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。