アメリカの401k資産残高の平均値と中央値

昨日は、日本の確定拠出年金の現状を見ましたが、今日はアメリカの401k事情を勉強します。

401(K)プラン

米国の確定拠出年金制度のうち、内国歳入法401条(K)項を根拠とする税制適格年金制度。401(K)の特徴には次のようなものがあります。1978年の法改正で導入されました。

従業員の給与からの拠出金が主となりますが、企業もそれに上乗せ拠出を行うことができます。各従業員の加入は任意で従業員が自ら運用指図を行い、その結果については自分自身が責任を負う制度です。従業員の拠出は課税所得からされされ、企業の上乗せ拠出は損金算入、資産運用の収益については給付金受取りまで課税繰り延べなど、税制面で優遇措置があります。

各従業員の持分が明確であり、転職時には転職先の401(K)プラン等に移換することができます(ポータビリティ)。転職先に401(K)プランが導入されていない場合はIRA(個人退職勘定)に移換する、そのまま残す、一時金で受け取る(ペナルティあり)等が選択できます。

USA TODAYの2022年6月23日の記事を読んでみましょう。以下は拙訳です。


平均的なアメリカ人は、401(k)口座に141,542ドル(約2千万円)を保有しています。あなたの残高はどうでしょうか?

ソーシャル・セキュリティだけで老後を過ごせると思っている人がいます。そのような人は、しばしば不愉快な思いをすることになります。

ソーシャル・セキュリティは、平均的な給与所得者の場合、退職前の収入の約40%を補うに過ぎませんが、多くの高齢者が快適に暮らすためには、その約2倍の資金が必要なのが実情です。この40%という数字には、社会保障の削減は考慮されておらず、現時点では、この削減は非常に大きな課題となっています。

ですから、退職前に貯蓄を築いておくことがとても大切なのです。401(k)プランに参加できるのであれば、それを利用するのもよいでしょう。

401(k)は、IRAよりはるかに高い年間拠出限度額が設定されているのが大きな特徴です。さらに、401(k)のスポンサーである企業の多くは、マッチング・インセンティブを提供しており、老後の財産を増やすことにつながる口座への無料資金を意味します。

しかし、401(k)に加入しただけでは、退職後の経済的な安定を得ることはできません。401(k)を長年続けていると、平均的なアメリカ人と比べて、自分の貯蓄残高がどうなっているのか気になるものです。

そこで、バンガード社がその答えを持っています。そして、それはあなたが貯蓄を増やすきっかけになるかもしれませんし、よくやったと自分を褒めることになるかもしれません。

あなたの401(k)の残高はどうなっていますか?

バンガードの2022年版How America Savesレポートによると、2021年、バンガードのプラン参加者の平均401(k)残高は$141,542(約2千万円)でした。しかし、残高の中央値は、わずか$35,345(約5百万円)とかなり低い。
中央値が平均値を大きく下回る場合、平均値より少ない人が多いことを意味する。この場合、平均の$141,542よりも$35,345の方が、401(k)にどれだけ貯めているかを示していると言えるかもしれない。

退職金積立の残高に満足すべきなのか?

あなたの401(k)の残高が平均的なアメリカ人と同程度であると仮定してみましょう。もしあなたが20代なら、素晴らしい状態です。しかし、50代であれば、そうでもないでしょう。

401(k)の平均を見ることは、好奇心を満たすだけで、必ずしも大きな助けにはならないのです。平均的なアメリカ人の貯蓄額にこだわるのではなく、自分自身の貯蓄残高と、それが自分の目標達成に役立っているかどうかを考えてみてください。

一般的には、最終給与の10倍から12倍の貯蓄があれば、キャリアを終えることができると言われています。つまり、40代で年収10万ドルの人なら、120万ドル(あるいはそれ以上)を目標にするとよいでしょう(現在からキャリアを終えるまでに給料が大きく伸びる可能性もありますから)。平均的なアメリカ人よりも貯蓄額が少ない場合は、もっと貯蓄を増やしたほうがいいでしょう。平均よりも残高が少ないからではなく、自分が必要とする水準よりも少ないからです。

老後に必要な資金は人それぞれであり、貯蓄のペースも人それぞれであることを忘れないでください。ですから、自分自身のニーズと目標に焦点を当てることが重要です。

また、2021年に401(k)の残高が2020年に比べて10%増加したことは、間違いなく注目に値します。しかし、これは必ずしも労働者がより多くのお金を貯め始めたことを意味するものではありません。
むしろ、その大幅な増加は、株式市場の上昇によってもたらされた可能性が高い。今年は、多くの人が痛感しているように、株価が大きく下がっているので、401(k)の残高も、現時点では、昨年より減っているかもしれません。したがって、残高よりも貯蓄率に注目するのがよいでしょう。

リタイアメント・プランの残高は、市場のパフォーマンスによって変動します。しかし、豊かな老後を送りたいのであれば、特に収入が増えるにつれて、拠出額を増やしていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d