節約する55の簡単な方法 下

<昨日の続き>

倹約については日米で共有の部分が多そうです。

GOBankingRates2023年6月27日の記事を見てみましょう。


27. セール品だけを買う

実際に買い物に行くなら、セール品だけを買うようにしよう。

28. 社員割引や学生割引を利用する

可能な限り従業員割引を利用することを忘れずに。学生なら、店員に学生割引があるかどうか聞いてみよう。多くの大手チェーン店では、学生向けの割引を提供している。

29. 顧客ロイヤルティ・プログラムに登録する

多くの小売店で、無料で参加できる顧客ロイヤルティプログラムがある。小売店によっては、限定割引を受け たり、次回以降の買い物でお得になるポイントを獲得でき たりする。

30. 24時間ショッピングルールを守る

大きな買い物をする前に、一眠りしましょう。その商品が本当に欲しい、必要だと思ったのではなく、衝動的に買いたくなったことに気づくかもしれない。24時間後に、まだその買い物が良い考えだと思えば、その買い物をしよう。

31. 店のセール・サイクルを知る

小売店では、季節セールや半期に一度のセールを開催することがよくあります。数週間後に値引きされるものを、結局フルプライスで買うことにならないよう、こうしたセールの開催日をチェックしましょう。

32. 中古品店で買い物をする

近所の中古品店や古着屋を覗いて、衣料品やアクセサリーを大幅割引で購入しましょう。

33. 火曜日にオンラインショップを利用する

米国の小売店レポートサービスSumAllの分析によると、火曜日はオンラインショッピングでお買い得品を見つけるのに最適な日である。

34. オンラインショッピングでプロモコードを探す

RetailMeNotやCoupons.comのようなサイトでは、どのオンラインショップでも、クーポンコードやプロモコード(プロモーション・キャンペーンの対象者の方に特別に発行されるコード)を検索することができる。

35. 送料を支払わない

送料は時間とともにかさんでいきます。送料無料の小売店や、「店頭受け取り無料」のオプションがある小売店でのみ買い物をすることで、お金を節約しましょう。

36. アウトレットで買い物をする

お気に入りの店にアウトレットがあれば、そこで買い物をしよう。小売店によっては、オンライン・アウトレットストアもあり、より簡単に節約できます。

37. お気に入りの小売店からのマーケティング・メールに登録する

最もよく買い物をする小売店からのEメールに登録して、セールやお得なクーポンにいち早くアクセスしましょう。

38. 年会費のかかるクレジットカードをすべて解約する

お金を節約したいのなら、特定のクレジットカードを持つためだけに年会費を払うべきではありません。キャッシュバックや旅行特典、その他の特典を提供する年会費無料のクレジットカードはたくさんある。

39. 服を買い替える代わりに修理する

小さな穴や壊れたボタンは、基本的な裁縫技術があれば簡単に直せる。買い替えに走る前に、服を修理してみよう。

40. クレジットカードの金利を交渉する

クレジットカードで高い金利を支払っているなら、プロバイダーに電話して金利を下げてもらえないか頼んでみよう。最悪断られることもあります。

41. 電気を消す

部屋を出るときは意識的に電気を消し、自然光で十分なときは照明の使用を控えましょう。この小さな変化が電気代の節約につながります。

42. エネルギー効率の良い電球に変える

ハロゲン白熱電球、CFL電球、LED電球に替えると、初期費用はかかりますが、長期的には節約になります。米国エネルギー省によると、家庭で最も頻繁に使用する電球のうち5つをエネルギー効率の良いものに交換することで、年間45ドルの節約になるという。

43. 友人や家族へのプレゼントをDIYする

手作りのプレゼントはより有意義で、お金の節約にもなります。大切な人の誕生日やその他の機会に豪華なプレゼントを贈る代わりに、ディナーを作ってあげたり、手芸をしてオリジナルのプレゼントを贈ることを考えましょう。

44. 食料品店のセール品を参考に食事を計画する

食料品店のチラシをチェックして、セール品をチェックしましょう。

45. 小売療法(お店でお買い物すると気持ちを幸せになるリテール・セラピー)に頼らない

悲しい時やストレスが溜まっている時に買い物をする人は多いと思いますが、クレジットカードの請求が払えずに終わると、もっと悲しくなったりストレスが溜まったりします。小売療法に頼るのではなく、無料で気分を高揚させる方法をいくつか試してみましょう。面白い映画を見たり、キャンドルを灯したり、お風呂に入ったり、瞑想したり、ランニングをしたり。

46. ホリデー・ショッピングは連休明けに

季節商品やホリデー商品は、シーズン終わりやホリデーが過ぎると必ずセールになる。こうしたセールを利用して、翌年のために買いだめしておこう。

47. 雑誌の定期購読を解約する

読んでいない雑誌にお金を払う意味はありません。家の周りに未読の雑誌が山積みになっている場合は、定期購読を解約しましょう。まだ手元に届いていない号が、日割りで戻ってくるかもしれない。

48. ベビーシッターを交換する

ベビーシッターにお金を払う代わりに、他の親とベビーシッター交換会を立ち上げ、交代でお互いの子供を見守りましょう。

49. 公共交通機関を利用する

公共交通機関は、ライドシェアサービスやタクシーを利用するよりも安い場合がほとんどで、ガソリン代や駐車場代を考慮すると、車で移動するよりも安くなる場合があります。節約するために、たまには公共交通機関を利用しましょう。

50. できる限り歩く

徒歩は公共交通機関よりさらに安い。さらに、運動にもなる。

51. 相乗り

通勤を相乗りにすれば、ガソリン代を大幅に節約できます。近所に住んでいる同僚と相乗りを検討しましょう。

52. 軽食を持参する

車での旅行や飛行機での旅行を計画しているなら、自分のスナックを用意しよう。そうすれば、コンビニや空港の ターミナルで割高な値段を払わずに済む。

53. 学生ローンを一本化する

様々な金融業者から学生ローンを借りている場合は、学生ローンの債務を一本化することを検討しましょう。低金利になる可能性があり、毎月の支払額を節約できます。

54. 会社の福利厚生を活用する

あなたの雇用主は、携帯電話料金の節約や映画の割引チケットなど、あなたが知らない割引を利用できるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。