生き抜く力、人間関係を危機に落とすフレーズ

親として、子供には生き抜く力を付けてもらいたいと願います。

2023年9月16日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

The No. 1 thing successful parents who raise the strongest and most resilient kids do differently: Harvard study


最も強く、最も回復力のある子供を育てる成功した親がやっていることNo.1: ハーバード研究

社会の達成感についてのプレッシャーが、ますます子供たちを傷つけている。ジャーナリストとして、また3人の思春期の子どもを持つ母親として、私は子どもと親が感じているプレッシャーと、それがどこから来るのかを理解したいと思った。

そこで2020年、私はハーバード大学教育大学院の協力を得て、初の全国子育て調査を実施した。

その結果、子どもたちの自信と自尊心を傷つける特定の育児スタイルに関連する興味深い結果が得られた。

批判的な子育ては「偽りの自分」につながる

最も成功している親は、批判的な子育てスタイルをとらない。

親が批判的だったり(「どうしてもっとお兄ちゃんのようになれないの!」)、愛情が条件付きだと感じたり(「今学期はオールAを期待しているよ!」)すると、子どもは欠陥を感じ始める。

そのようなつらい感情に対処するために、子どもたちは、親が望んでいる、あるいは必要としていると信じている人間になるために、本当の自分を隠すことを学びます。

これは心理学者が「偽りの自己」と呼ぶもので、子どもが生きていくために必要な愛情や支援を得るための対処戦略として機能する人工的な人格を、子どもが身につけることにつながる。その結果、子どもは恥ずかしく、未知であり、愛されていないと感じるようになる。

偽りの自己は、本質的に他人の人生を生きているため、時間が経つにつれて、間違った友人、パートナー、キャリアを選ぶようになる。

成功する親はどこが違うか

最も強く溌剌とした子供を育てる親は、失敗を恐れず、間違いを犯せる環境を作っている。

その人を愛することはできても、その行動を愛することはできない。この2つを明確に分けることができれば、子供は自分の価値を、”良い “か “悪い “かという行動と結びつけることはない。

だからといって、子どもの行動に期待してはいけないということではありません。ただ、その懸念の表し方に気をつけなければならないということだ。子供が私たちの価値観や希望にそぐわない行動をとった場合、失望を表明しながらも、温かみのあるシグナルを送る必要がある。

子供を大切にしていることを示すには

親としての私たちの生活の多くは、子供がやりたがらないことをやらせること、教訓を教えること、将来の成功のためにお膳立てをすることで成り立っている。しかし、私たちの人間関係の中に、ただお互いを楽しんだり、子供の本来持っている愛らしさを喜んだりする時間が十分に含まれていないと、何かが失われてしまう。

ヨーク大学の心理学教授、ゴードン・フレットは、子供と一緒に使う「ミクロの習慣」に注意を払うことが重要だと言う。子どもたちが部屋に入ってきたとき、あなたは顔を輝かせるだろうか?それとも、自分の不安を解消するために、子どもたちに質問攻め(「テストの結果はどうだった?」)にするだろうか。

そのために、心理学者のスーザン・バウアーフェルドは、少なくとも1日に1回は、子供たちを家族の子犬のように迎えることを勧めている。これには、身体的に愛情を注いで遊ぶことも含まれる。

ニューヨーク大学のスコット・ギャロウェイ教授もこれに同意する。彼の著書『The Algebra of Happiness: 成功、愛、意味の追求に関するノート』の中で、彼は自分の母親についてこう書いている: 「私にとって愛情とは、誰かが私のことを素晴らしい、価値のある存在だと思ってくれることを願うか、そう思ってくれることを知るかの違いだった」。

また、ノートルダム大学の研究によれば、肉体的に愛情深い家庭で育った子どもは、大人になってもうつや不安が少なく、思いやりのレベルが高いと報告されている。

だからこそ、家族で遊ぶ時間はとても重要なのだ。遊びの時間を確保しないと、子供と対等な立場で一緒に何かに没頭するという、最も質の高い交流ができなくなってしまうのだ。


子供に限らず、人間関係でも有害な言葉というものはあります。

2023年2月13日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

Harvard-trained psychologist: If you use any of these 8 toxic phrases, ‘your relationship is in trouble’


ハーバード大学で訓練を受けた心理学者: この8つの有害なフレーズのどれかを使っていたら、「あなたの関係はトラブルだらけ」です。

ハーバード大学で訓練を受けた心理学者として、カップルを相手に仕事をしている私は、パートナーの一方または両方がお互いを軽蔑して話すと、関係が急速に悪化するのを見てきた。

侮蔑は相手の人格を攻撃するだけでなく、相手より優位な立場に立つことになるので危険だ。

このようなコミュニケーションをとるとき、私たちは相手を無礼に扱ったり、皮肉で馬鹿にしたり、嘲笑したり、目を丸くしたり、嘲笑するようなボディーランゲージを使ったりするかもしれません。

関係を徐々に破壊する有害なフレーズ

もし、あなたやあなたのパートナーから以下のようなフレーズが出てきたら、あなたの関係はトラブルに陥っています:

1. “あなたは私にふさわしくない”

軽蔑を表す言葉は、あなたがパートナーに対して、相手が自分より劣っていると信じていることを伝え、相手の自尊心を傷つける可能性があります。

例えば “私が我慢しているだけで、あなたはラッキーよ”

代わりに何と言うべきか: “私は今、私たちをパートナーとして見るのに苦労しています”、または “私はあなたを私より価値が低いと見ています、それを改善する必要があります”。冷静かつ正直に気持ちを伝えましょう。

2. 「大丈夫かと聞くのはやめて。何も問題ないよ。」(大丈夫ないときに)。

受動的で攻撃的な言葉は、パートナーに直接的でオープンな方法で問題を話させません。これは対立を解決することを難しくし、双方に不安を感じさせます。

代わりにどう言うべきか: 「私は本当に動揺している。」問題を無視するのではなく、時間をかけて問題と向き合い、反省しましょう。

3. 「情けない」。

罵倒は、その人の複雑さを評価する代わりに、その人をひとつの否定的な属性に単純化してしまいます。

代わりにどう言えばいいのか: “私はその状況へのあなたの対応が好きではありません。” 相手が何をしたのか、なぜそれが気に障ったのかを表現する。

4. “あなたが嫌い”。

熱く感情的な瞬間にあなたがどう感じたかを反映した言葉であっても、大局的にあなたがどう感じたかを代表していない言葉は有害である。

一瞬の感情を過度に一般化し、良い瞬間でさえも不安を生み出します。あなたのパートナーはこう思うかもしれない:”先週「嫌い」と言った人は、今本当に私のことを愛してくれているのだろうか?”

代わりに何と言うべきか: “今はあなたのそばにいるのがつらい” たとえその瞬間は真実だと感じても、真実でないことを言う前に、少し落ち着いてください。

5. “あなたはダメな親だ”

パートナーはお互いの不安を知っています。その弱みにつけ込むような言葉は、相手を傷つけるだけでなく、相手の弱みにつけ込み、自分を優位に見せるために利用することで、信頼を損ないます。

例えば、あなたが子供のしつけに苦労しているとしたら、パートナーはこう言うかもしれない: 「甘やかしすぎだよ、お母さんが甘やかしたからだよ」。

代わりにどう言えばいいのか: 「この状況は、あなたの過去の問題を引き起こしていると思います。一緒に解決するにはどうしたらいいでしょうか?” 相手の感受性を尊重し、相手の人格を攻撃しているように感じさせないように伝えましょう。

6. “あなたはどうかしている”

相手に自分自身を疑わせる目的で、現実を操作したりねじ曲げたりする言葉は「ガスライティング(誰かを心理的に操る目的で、その人が自らの記憶や精神状態に疑問を抱くよう仕向ける行為)」と呼ばれ、相手の現実認識を損ないます。

例えば、自分を守ろうとしている時に、「あなたは錯乱している。その問題はすべて気のせいだ 」と言うかもしれません。

代わりに何と言うべきか: 「この状況に対するあなたの反応が、状況を悪化させていると思います」。自分の思い通りに行動させるように相手を操作しようとするのではなく、建設的な方法でパートナーの行動の何が気に入らないのかを表現する。

7. “あなたはとても貧乏くさい”

パートナーがうっとうしい、窒息させる、または一般的にあなたを悩ませるという言葉を使うとき、それは彼らのニーズが重要でないことを示唆している。

代わりに何と言うべきか: “かまってほしいのはわかるけど、息苦しいから少し離れてほしいんだ”

8. “もう終わった”

「別れる」、「もう終わりだ」、「別れたい」など、関係の終わりを脅かすような言葉は、不安定さと不安を生み出します。

あなたが分かれたがっているように感じれば、パートナーはあなたを信頼するのに苦労し、親密な関係がなくなるかもしれません。

代わりに何を言うべきか: “私は今、本当に動揺しているので、少し時間が必要です”、または “私たちは私たちの関係について真剣に話し合う必要があります”。一般的に、「出て行く」と脅すのは、本気で、それを実行する意志があるときだけにしたいものです。

健全なカップルのコミュニケーション

コミュニケーションは、練習と意図的な努力が必要なスキルです。以下は、健全な関係を築いているカップルが行っている3つのことです:

1. “自分”を主語にする: 自分の経験から話す。相手の欠点を指摘するのではなく、自分の感情、認識、観察について話す。

2.「ありがとう」と言う: できるだけ頻繁に相手の好きなところや感謝しているところを伝えましょう。

3.責任を取る: 関係不全における自分の役割を謝罪し、最高の自分になるよう努力する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d