年末年始にお金を使い過ぎないようにするために

夏と並んで、年末年始はお金を使う時期です。沖縄九州や北海道に帰省する家族は、飛行機代とお土産代で、30万円以上かかる場合もあります。旅行をする場合にも、家族だと同じような出費となるでしょう。

出費を抑える方法を、2023年11月27日のCNBC makeitの記事で見てみましょう。以下は拙訳です。

3 ways to save money for next holiday season


次のホリデーシーズンに向けてお金を節約する3つの方法

年末年始は何かと出費がかさむ時期だ。旅費、プレゼント代、装飾品の購入費など、12月は何かと出費がかさむ。しかし、12月を比較的無傷で過ごす方法はある: 来年のために今から貯蓄を始めるのだ。

そして、ホリデー・セービングに使える貯蓄商品もたくさんある。適切な行動を組み合わせることで、来年やってくるかもしれない余分な出費に備えることができる。

来年のホリデーシーズンに向けてお金を貯める3つの方法

次のホリデーシーズンの出費に備えたいなら、早めに計画を立てることがポイントです。2024年のプレゼント交換の時期に、手元に余剰資金を持つために使えるテクニックをいくつか紹介しよう。

高利回りの普通預金口座を利用する

すでに高利回りの普通預金口座を持っているかもしれない。そうでないなら、今がその変更時だ。当座預金口座に多額の現金資産がある場合、そのお金は何の役にも立ちません。日々インフレに見舞われ、購買力を失っているのだ。

一方、高利回りの普通預金口座には利息がつく。現在、高利回りの普通預金口座の中には、5%以上の金利がつくものもある。このようなオンライン銀行は、実店舗のような固定費がないため、従来の銀行よりも高い金利を提供することができる。

連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ対策として過去1年半にわたってフェデラル・ファンド・レート(FFレート)の引き上げを繰り返したため、高利回りの普通預金口座は特に金利が高くなっている。スウェル・ファイナンシャルのファイナンシャル・アドバイザー、ニック・コヴィヨーは、連邦預金金利は消費者向け商品で提供される金利とは異なるが、「姉妹か従兄弟のようなものです」と言う。つまり、フェデラル・ファンド・レートが上がれば、高利回りの普通預金口座の金利も上がるのだ。

例えば、今日5%の高利回りの普通預金口座を開設したとしよう。この金利は今後1年間で変わる可能性がありますが、金利がどのように変化するかわからないため、一定の金利を使用することで、どれくらいの収入を得ることができるかを予測することができます。12月1日に5,000ドルを口座に入れ、さらに毎月100ドルを入れると、2024年12月1日の口座価値は6,450ドルとなり、250ドルの利息がつく。利子だけで、贈り物や旅行費用を支払うことができる。

譲渡性預金を利用する

貯蓄のもう一つの選択肢は、預金証書(CD)を利用することである。CDも貯蓄商品の一種で、現在金利が高い。2023年11月現在、1年物のCDで5%以上の金利を得ることができる。

CDの場合、口座にお金を入れておけば、CDの期間中は利息が付きます。とはいえ、多額の早期引き出し手数料を支払いたくなければ、通常、早期引き出しはできない。CDに入れるお金は、次の連休までに使う必要のないお金であることを確認しよう。

仮に今1,500ドルを金利5.66%の1年物CDに入れたとすると、85ドルの利息を得ることになる。パリ行きの航空券を買うには足りないかもしれないが、1ドルでも大切だ。

また、高利回りの普通預金口座とは異なり、CDを開設したときの金利は全期間にわたって適用される。コヴィヨーは、現在の高金利を維持するために、今すぐCD口座を開設することを勧めている。

予算計画を立てる

このコツは最も簡単だが、最も難しいかもしれない。年末年始に使えるお金を増やしたいのなら、年内の支出を減らすのが一番だ。

もちろん、これは言うは易く行うは難し。生活にはお金がかかるものだが、予算計画を立ててそれを守ることで、実際に休暇が近づいてきたときに、より快適にお金を使うことができる。外食の回数を減らしたり、交際費を減らしたり、コーヒーを自分で淹れたりするのもよいだろう。

結論

休日はいろいろな理由でストレスがたまるものだが、お金のことはそのうちのひとつにする必要はない。高利回りの普通預金口座や譲渡性預金などの貯蓄手段を使うとともに、今から少し注意深く計画を立てれば、次のホリデー・シーズンを破産を心配することなく楽しむことができるだろう。


日本の定期預金の人気ランキングです。アメリカの金利は5%前後ですが、残念ながら日本はその10分の1以下です。

1位 SBI新生銀行 スタートアップ円定期預金
預入期間 金利  6ヶ月   1年     3年
–%   0.300%   –%

2位 オリックス銀行 eダイレクト定期預金
預入期間 金利  6ヶ月   1年     3年
0.100%  0.300%  0.350%

3位 UI銀行 スーパー定期預金
預入期間 金利  6ヶ月   1年     3年
0.120%  0.200%  0.200%

外貨MMFの利回りは以下の通りです。

  • ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド  4.9240%
  • ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド          4.7450%
  • ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト          4.8050%
  • ゴールドマン・サックス                  4.8930%

私は、外国株式ETF等の分配金を野村の外貨MMFで受け取っていて、500万円ほどになります。利回りが高いので、放ってあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d