貯蓄を増やす方法

いよいよ新NISAが始まります。できるだけ早くこの制度を利用して投資すれば、資産が増加します。

そのためには、投資する元本を早く確保する必要があります。

そこで、2023年12月22日のCBS NEWSの記事で考えます。以下は拙訳です。

5 ways to put more money into your savings account in 2024


2024年に貯蓄を増やす5つの方法

貯蓄を持つことが重要であることは周知の事実だ。予測不可能な出費はつきものであり、それをカバーする貯蓄がなければ、経済的困難に直面する可能性があるからだ。

多くの専門家は、少なくとも3~6カ月分の支出を貯蓄に残しておくべきだと勧めている。その程度の緊急貯蓄があれば、不意の機械修理代や収入減など、経済的な負担のほとんどを乗り切ることができるはずだ。何が起こっても、立ち直る時間はある。

しかし、貯蓄が思い通りにならないとしたら?2024年に貯蓄を増やすにはどうしたらいいでしょうか?

2024年に貯蓄を増やす5つの方法

「最高の節約術は、常に支出を減らすことです」と、バッバロ・グループの創設者兼社長のアンジェロ・バッバロは言う。しかし、物価が上昇傾向にある今、どうすれば出費を抑えられるのだろうか?

バッバーロには、以下のようなアイデアがある:

クレジットカードを多様化する

バッバロは、リスクを管理しリターンを高めるために分散投資すべきだと言う。支出習慣も同じようにしたらどうだろう?

スワイプするカードを分散させる」べきだと彼は言う。「リターンを最大化するために複数のクレジットカードを使いましょう。ガソリン代で4%還元されるカードもあれば、外食や航空会社のマイルで最大限の還元を受けられるカードもあります」。

もちろん、クレジットカードを使って買い物をするのであれば、支払期日までに全額支払えるものだけを買うべきだ。結局のところ、クレジットカードの特典は、通常、月ごとに背負うクレジットカード負債の利息に見合うものではありません。

娯楽費を削減する

「テレビのストリーミング配信契約を把握し、2024年に不要になるものを選んで解約しましょう」とババーロ氏は言う。「今では、契約内容を追跡して解約するのに役立つプログラムもあります」。

テレビのストリーミング以外にも、多くの金融機関が未使用の契約を解約できるツールを提供している。金融機関がそのようなツールを提供していない場合は、アプリを使って、もう使っていない契約を解約することを検討しよう。

DIYのトレンドに参加する

「DIYしましょう。DIYを一日中テレビで見ているのだから、自分でも取り組んでみてはどうだろう?時間当たり賃金は史上最高水準にあり、自分でやれば1時間もかからないような小さな仕事でも、その労賃は90%もの高値になる可能性があります」。

だから、今度何か簡単な修理が必要になったら、便利屋を呼ぶ代わりに、自分で修理してみて、便利屋に支払うはずの資金を高利回りの貯蓄口座に預けよう。

まとめ買い

「まとめ買いをしましょう」とババーロ氏は言う。「日用品の定番は、セールの時に大量に買うことができます。どうせ使うものですから、可能な限り安く買いましょう。需要のあるうちに買うと損をする可能性があります」

保険を一括契約して最安値を狙う

「まだ自動車保険に加入していない場合は、住宅保険と自動車保険を一括契約してください。」

いくつかの理由から、これは良いアイデアだ。第一に、保険会社はそのサービスに対して適切と思われる料金を自由に請求できる。ある保険会社は他の保険会社よりかなり高いし、安い。さらに、保険料は定期的に変わる。最良の契約を望むのであれば、時々買い物をする必要がある。また、保険をバンドルすることで、割引の扉が開くことも知られている。

貯蓄は高利回りの口座に保管しよう

貯蓄を始める前に、遊休資金を置くのに適した場所を確保することが重要だ。結局のところ、貯蓄のお金はできるだけあなたのために働いてほしいのです。高利回りの普通預金口座は、緊急資金を貯めておく場所として魅力的です。その理由は以下の通りだ:

  • 強力なリターン: 高利回りの貯蓄口座は素晴らしいリターンを提供することで知られています。高利回りの普通預金口座の中には、5%を超える利回りを提供しているものもあります。
  • 安全性 預金口座として、高利回りの普通預金口座には通常FDICまたはNCUA保険が付いています。そのため、預けた金融機関が倒産しても、一銭の損失もありません。
  • アクセスのしやすさ: 必要なときに緊急貯蓄にアクセスできることは重要です。結局のところ、緊急の出費は、それをカバーするためのお金が入って来るまで待ってくれません。通常、高利回りの普通預金口座からは月に6回までお金を引き出すことができます。それ以上頻繁に引き出すことも可能ですが、その場合はペナルティーを支払う必要があります。

結論

有意義な貯蓄口座を作るのは難しいと思われるかもしれませんが、ちょっとした工夫で、思った以上に貯蓄ができるようになります。上記のヒントに従って2024年の貯蓄を作り、高利回りの普通預金口座を開設して、眠っている現金を有効に使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d