18歳までに学ぶべきお金の授業

新NISA登録完了

2024年から始まる新NISAの登録を家族全員終えました。新制度なので分からないことが多かったのですが、YouTubeを参考に何とか終えました。私たち親は、野村證券、子供たちはSBI証券の口座で、しかも、SBI証券口座は今回初めてポイント還元のカード決済を始めたので、結構手間取りました。

家庭内での子供に対するお金の教育

お金に関する子供の教育は、2022年4月から高校で必修化されましたが、貯蓄、節約、投資については小学生のころから家庭で教えたいものです。

このテーマについて、2023年12月11日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

10 important money lessons you should learn by 18—and can use forever


18歳までに学ぶべき、そして一生使える10の重要なお金の教訓

ファイナンシャル・リテラシーは生涯をかけて身につけるものです。

幼い頃から貯蓄や投資といった概念を理解する手助けをしてくれる両親や教師に囲まれて育つ幸運な人もいる。しかし、2022年のイプソスの世論調査によると、米国の成人の3人に1人以上が「金融リテラシーがある」とは考えられていない。

最近、CNBCのシニア経済レポーター、スティーブ・リースマンと副パーソナル・ファイナンス・エディターのケリ・グラントと一緒に、ニューヨークのクイーンズで1000人以上の高校3年生と話をしたのもそのためだ。

私たちは、生徒たちがお金の仕組みについて基礎的な理解を得られるよう、私たちの経験と専門知識を分かち合った。これらは、高校生が卒業するまでに知っておく必要があると私たちが考える、最も重要な10の金融の教訓である。

1. 自分の目標、価値観、願望を明確にする-友人やソーシャルメディアとは別に

パーソナル・ファイナンスは個人的なものです。予算を決め、目標に向かって努力する前に、その目標が何であるかを明確にする必要がある。それはあなたにとって重要なものでなければならない。

例えば、住宅購入は、その実用性と有利な投資の可能性の両方から、非常に一般的な経済的目標です。しかし、旅行やさまざまな場所での生活に多くの時間を費やしたいのであれば、持ち家に住むことはあなたの夢ではないかもしれない。

あなたが人生で望んでいることと一致しない特定のマイルストーンに向かって努力することをプレッシャーに感じないでください。

2. 複利は最大の味方、だから今すぐ投資を始めよう

投資に関しては、資金が市場にある時間は、拠出する金額と同じくらい重要であることが多い。それは複利があるからだ: 投資した現金には利息がつき、その利息が最初の投資額に上乗せされることで、利息がつき始めるのだ。

ウォーレン・バフェットのような投資のプロも同意見だ: 複利は富を築く最も簡単な方法の1つであり、それを最大限に活用する方法は、できる限り長く投資し続けることだ。だからこそ、できるだけ早く投資を始めるのが得策なのだ。

3. 意図的にお金を使う

ほとんどの人は、一定の金額で生活する方法を考えなければならない。たとえ使えるお金がたくさんあったとしても、記録を取っていなければ、一文無しになったり、赤字になったりするのは簡単だ。宝くじの当選者やプロのスポーツ選手の何割が、ゼロに戻ってしまうかを考えてみよう。

衝動買いは誘惑するようにできている。買い物をするときは、カードをタップしているものが本当に自分が望むお金の使い方かどうか、じっくり考えてみよう。

ウォンツとニーズを理解するということは、住居、食費、請求書などお金を使わなければならないものと、旅行やコンサートなどお金を使いたいものを見極めることができるということです。

ひと月にお金を使ったものをすべて書き出してみると、自分のお金がどこに消えているのかがよくわかる。そこから、必要なものが満たされた後に、実際にいくら残っているのかを正確に把握することができる。そうすれば、残りをどうするか決めたり、ある目標を達成するために支出を抑えられる部分を探したりできる。

4. お金のことをみんなに話す: 話せば話すほど、居心地がよくなる

以前は、お金の話をすることは嫌われることが多かった。しかし、そのような態度が、賃金格差や知識不足といった金融問題を長引かせてきた。

信頼できる年長者や経験豊富な仲間とお金の話をすることで、クレジットカードの賢い使い方や投資のリスクといった概念を学ぶことができる。

利害関係のない状況でお金の話をしやすくなれば、給与交渉や住宅購入の申し出など、重要な場面でお金の話をしやすくなる。

5. 交渉術を学ぶ

交渉術は、早くマスターすればするほど有利になる。給料のように入ってくるお金と、家賃のように出て行くお金の両方に関して、より良い取引を求めるだけで、自分自身をより良い立場に置くことができる。

初めての仕事のオファーで交渉するのは気が引けるかもしれないが、尋ねてみなければ自分の実力はわからない。雇用主が高い賃金を提示してくれない場合は、休暇や契約ボーナスなど、他の手当を要求する。

同様に、アパートを借りようとするときは、月々の家賃を安くしてもらったり、光熱費を家賃に含めてもらったりすることができる。たいていの場合、最悪なのは “ノー “と言われることだ。

6. 自分自身を擁護し、わからないことがあれば質問する

お金のことは、早く質問しやすくなったほうがうまくいく。

給料が思ったより少ないようなら、人事部に相談して源泉徴収が正しいかどうか確認するのが賢明かもしれない。銀行や医者から、よくわからない手数料を請求されたかもしれない。

そもそもなぜそのような状況に置かれているのかを理解していなければ、現状を改善することはできない。

7. 失敗から学ぶ

誰もが間違いを犯す。実際にそこから学ぶ限り、すべては学習プロセスの一部である。

なぜそのミスが起きたのか、それを防げた可能性はあったのかを自問する。そして、同じ過ちを二度と繰り返さないために、その知識を将来に生かすのだ。

8. あなたのお金の目標をサポートしてくれる人に囲まれる

春休みの旅行のためにお金を貯めようとしているのに、友達が毎週末ディナーや飲みに行ったり、毎月新しい洋服を買いに行くことを望んでいたら、目標を守るのは難しくなるかもしれません。

全員が同じ経済状況である必要はありませんが、あなたが持っていないお金や使いたくないお金を使うように圧力をかけてくる友人は、あなたに大きな損失を与えることになりかねません。

逆に、目標を守るよう励まし、責任を持たせてくれる人が身近にいれば、成功するのはずっと簡単に感じられるでしょう。

9. 無料または低額で楽しめる趣味や活動を見つける

特に、お金の管理方法を学び、富を築き始めている間は、自然の中で屋外で過ごす、地元の非営利団体でボランティア活動をする、文章を書く、スポーツをする、芸術作品を作るなど、無料または低コストの自分の好きな活動を見つけるとよい。

そうすれば、お金がないときでも、将来のために貯蓄をしようとしているときでも、楽しみながら気の合う仲間と付き合うことができる。

10. 真の豊かさとはお金以上のもの

最も裕福だと感じている人は、必ずしも高給取りとは限らない。

金融の専門家も富裕層も、同じ意見を持っている傾向がある: お金の心配をせず、自分の喜びとなることをする余裕を持てるような状態になれば、幸せで満たされた気持ちになれる可能性が高い。

それは言うは易く行うは難し。しかし重要なのは、お金を効果的に管理する知識とスキルがあれば、幅広い所得水準でそれが可能だということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d