2024年アメリカ経済と株式相場の予測

来年の予想をする時期になって来ました。2023年12月19日のCNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

Expect a ‘bumpy landing’ for the economy in 2024—and a ‘very bullish’ year for stocks, strategists say


2024年の経済は「波乱の着地」を予想、株式は「非常に強気」な年になるとストラテジストが指摘

エコノミストもマーケット・ウォッチャーも、水晶玉を持っているわけではない。そのため、来年を予想する場合、多くの投資家は保守的なスタンスをとり、多くの注意書きを添えて強気か弱気かを判断する。

しかし、ここ数年、投資家たちは決して弱気ではない。2022年、米連邦準備制度理事会(FRB)が高騰するインフレを抑えようと前例のない利上げ体制を導入したため、投資家は株を売り抜け、S&P500種株価指数は18%下落した。

今年は市場にとってはるかに明るい年だった。インフレ率が鈍化したことで、FRBはアクセルから足を離すことができるようになった。これは、中央銀行がいわゆる「ソフトランディング」(景気後退に陥ることなく、インフレ率を下げるのに十分なほど景気を減速させること)を実現できるかもしれないという明るい兆しである。投資家たちはこれに反応し、残り2週間弱の時点でS&P指数を25%上昇させた。

市場の予言者たちは、今年をどう見ているのだろうか?

FRBが2024年に利下げに踏み切る見通しであることから、多くの人が経済と株式市場にとって好調な年になると予測している。

インベスコのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジスト、クリスティーナ・フーパーは、「景気後退はないだろうが、完全に順調に進むとは思わないでほしい」と言う。彼女は “でこぼこ着陸 “を求めている。

「ソフトランディングであれば、実質的なダメージはない。経済へのダメージはあると思います。「金利がどれほど急速に上昇したかを考えれば、ダメージがない方が難しい。

とはいえ、最終的には2024年には市場と経済が上向きになると彼女は予想している。これは、投資会社インフラストラクチャー・キャピタル・アドバイザーズのジェイ・ハットフィールドCEOも同じ考えだ。

最近の経済データは、2024年が金利引き下げの年になるという我々の説を正当化するものであり、それは株式にとって非常に強気なものだ」とハットフィールドCEOは言う。世界的な金利低下は、市場にとって良い年であり、景気後退の可能性も低くなるはずだ、と彼は言う。「ですから、私たちはおそらく、これまでと同じように強気です」。

2023年に起こりうる強気相場の形

現在の経済は必ずしも健全とは言えない。根強いインフレが消費者の家計を圧迫している。「消費者は買い物をより慎重に選ぶようになっている。フーパーは言う。

フーパー氏はまた、2023年の倒産件数が2022年に比べて増加していることも指摘している。「特に中小企業では、資金調達が困難になるケースも出てくるでしょう。

また、企業がFRBの金利体制を消化し続けるため、失業率が若干上昇するかもしれない。

これらはすべて、FRBが金利を引き上げたときに起こる「ごく自然な」ことだという。フーパー氏は、2024年前半の景気減速は「比較的短期間で」終わり、「年後半に本格的な加速と成長がある」と予想している。

ハットフィールド氏の「景気後退はない」という見方を後押ししている要因のひとつが、住宅市場である。「第二次世界大戦以来、ほとんどすべての不況は住宅の暴落によって特徴づけられてきたが、ここでは住宅が不足している。「だから、景気後退の可能性は低い。

つまり、ハットフィールド氏は、金利の低下によって世界中の企業が融資を受けやすくなり、ビジネスがしやすくなると予想している。回復力のある米国経済や人工知能の継続的なブームと相まって、2024年の市場は上昇軌道に乗る可能性が高いと同氏は言う。

2024年の投資方法

ファイナンシャル・アドバイザーは一般的に、予想される市場の短期的な動きに基づいてポートフォリオを全面的に変更しないよう注意を促している。しかし、勝ち組のポジションから資金を減らし、出遅れ組のポジションに資金を追加することで、ポートフォリオのバランスを調整する時期にはなるかもしれない。

ハットフィールドは、不動産セクターと金融セクターの銘柄が特に大きな年になると予想している。両セクターは2022年に荒れた年であり、2023年のこれまでのところ、幅広い市場ほどには立ち直っていない。

同様に、フーパー氏は、リバランスによって資産の一部を急成長する大企業から、中小企業株や新興市場の銘柄など、広範な景気加速の恩恵を受けそうな分野にシフトさせることができるという。

しかし、特に若い投資家にとっては、来年の市場で何が起こるかを見極めようとすることは、市場の歴史の教訓を受け入れ、長期的な計画に忠実であることよりも、はるかに重要度が低いとフーパー氏は言う。

「何が起こるかを知るのは難しい。私たちが2022年を迎えたとき、FRBは利上げに踏み切るとは予想していませんでした。私たちは2023年に素晴らしい回復を遂げました。2023年にはうまく回復しています」と彼女は言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d