2024年のお金の抱負

2023年に有名になったことばに「憧れるのをやめましょう」と言うのがありました。

お金についても、見方を変えると最も大切なことが見えてくるかもしれません。

2023年12月28日のCNNBUSINESSの記事を見ましょう。以下は拙訳です。

Forget ‘spend less’ or ‘save more.’ Make this your No. 1 financial resolution for 2024


「支出を減らす」か「貯蓄を増やす」かは忘れよう。2024年の経済的抱負の第1位はこれだ

経済的な生活を改善することは、不愉快だけれども必要なステップを踏むことだと思うかもしれません: 支出を抑える。借金を減らす。もっと稼ぐ。貯蓄を増やす。

しかし、現実の生活では、2024年のお金の抱負が、「やるべき」とわかっていながらやっていない経済的な雑用の長いリストに過ぎない場合、1月にコーヒーを3杯目飲む頃には、その計画を投げ出してしまう可能性が高い。

その理由はこうだ: お金の管理に関しては、純資産に関係なく、たいていの場合、私たちには持続的なギャップがある: 何をすべきかは分かっていても、実際に実行するのは難しいのだ。

「ジムのキー・ホルダーを持っていても、健康な体にはなれない」と、ファイナンシャル・セラピスト協会の会長で、センターポイント・アドバイザーズのリレーションシップ開発ディレクター、アシュリー・アグニューは言う。

何をするにも、”すべき “だと思ってやっているだけでは、やる気を出すのは難しい。家計を改善する場合、自分が何に満足し、安心して生活できるかを正直に評価し、その気持ちを育むためにお金をどう使うかを考えれば、モチベーションを維持するのはずっと簡単になる。

そこで、2024年の新年の経済的な抱負をひとつだけ立ててみよう: 自分にとって経済的な豊かさとは何かを考えることだ。それは極めて個人的な取り組みになるだろう。そして、それを改善するためのステップを1つか2つ選びましょう。

以下は、新年にそれを定義し、改善するための7つの方法である:

1. より大きな安心感を得る

お金は、緊急事態、失業、病気、早死などの不確実性を軽減するのに役立つ。そのため、雨の日の資金や保険が必要となる。

いずれにいくら必要かは、あなたの状況によって異なる。自分にとって何が適切かを考えるには、現在の生活にかかる費用を把握し、どのような基準で取り組むべきかを知ることだ、とアグニューは提案する。

毎月の出費(食費、住居費、光熱費、医療費、借金返済、定期購読料など)を見直すだけでなく、それらの出費やその他の予想される出費がいつ発生するかを地図に書き出す。彼女は、四分円を描き、それぞれの箱に季節のラベルを貼ることを勧める。それぞれの季節の箱には、定期的な出費に加え、誕生日、結婚式、休暇などの特別な出費や、屋根の葺き替えや授業料の請求などの予定された出費を入れる。

そうすることで、実際にいくら使っているのか、必要であれば何を削ればいいのか、今まで避けてきたけれども安心できるようなことをするために自由にできるお金がどこにあるのかがわかりやすくなる。例えば、幼い子供がいるのなら、2024年を低コストの生命保険に加入する年にすることで、自分がいなくなったときに家族を養うことができるようになるかもしれない。

誰だって自分の死について考えたくはないだろうが、その問題を避けることは、家族につらい思いをさせるだけだ。「避けると深呼吸ができなくなる。行動を避けることはできても、お金に関して何かを完全に葬り去ることはできません」とアグニューは言う。

2. 他人の期待ではなく、自分らしく使う

より大きな安心感を生み出すだけでなく、経済的な幸福とは、自分のお金を自分の思い通りに使うことだ。

だから、自分のお金の使い道を見てみよう。あなたが本当に欲しいものが反映されていますか?それとも、親や社会が設定した基準や期待に応えて、その一部を費やしていますか?例えば、必要だと感じるよりも大きくて高価な家を手に入れたり、より高価なブランドを買わなければならないという暗黙のプレッシャーを感じているかもしれない。あるいは、夫婦のどちらにもそれほど意味のない、あるいは成人した子供たちが当然と思っているような方法で、子供にお金をかけすぎているのかもしれない。

「私たちは比較の世界に生きている。他人の経済的基準に合わせて生きるのは難しいことです」とアグニューは言う。

3. 時間を買う

経済的な幸福とは、今あるお金を自分にとってより良い方法で配分し直すことでもある。

「お金を増やすことではなく、引き算をすることもある。引き算です。時には、”より少ないことをするためにお金をどう使うか?”ということもあります」と、金融のプロを養成するShaping Wealthの学習・開発スペシャリスト、メーガン・ラーツは言う。

ラーツは、時間は誰にとっても最も限られた資源であるという事実を指している。自分にとって最も重要なことに集中できるのであれば、お金を使って時間を少し取り戻すことができる。

例えば、家事や料理。家事や料理が仕事以外の自由な時間の大半を占め、1日のうち重要な時間帯に幼い子どもたちと十分に向き合うことからあなたを遠ざけてしまうのであれば、たまには食事プランにお金を使ったり、ハウスクリーニング業者を雇ったりすることも考えてみてはどうだろう。

4. 自分の価値観を表現する

例えば、学費の援助、医療費や学生ローンの返済などである。あるいは、自分の時間をボランティアとして提供することもできる。

いずれの点においても、億万長者である必要はない。「身の丈に合った生活をし、自分の価値観の中で生きているという点で、人は裕福になれるのです」とラーツは言う。

5. 買うものと喜びを混同しない

お金は、食料品を買うか電気代を払うか、いつもどちらかを選ばなければならないという苦悩から解放してくれる道具だ。しかし、生活の基本的な必需品を買う余裕を与えてくれるだけで、心の底から幸せを買える魔法の杖ではない。

今度、美しい家、完璧な家族、世界の頂点にいる感覚を呼び起こすために売り出された何かを買おうと思っているときには、そのことを思い出してみる価値がある。欲しいのは物なのか、それとも物から得られる感情なのか?とアグニューは言った。

6. 自分に満足をもたらすものに集中する

最終的にお金はそのビジョンを達成するために役立つはずだからだ。

「何が楽しいですか?子供の頃好きだったことで、今はしていないことは何ですか? 満足のイメージは人それぞれだ。自分がどうありたいかを考えてみましょう」とラルツは提案した。

具体的に。何が起きているのか、どこにいるのか、どのように時間を過ごしているのか、誰と一緒にいるのか、どう感じているのかを思い描くのです。

そのビジョンと現在の自分を比べてみてください。そして、そのビジョンに近づくための、達成可能な小さな目標をいくつか考える。例えば、若い頃にピアノや絵を描くのが好きだったなら、そのために時間を費やし、レッスン代もかかるかもしれない。あるいは、遠くに住む旧友と過ごす時間が恋しいなら、彼らに会いに行くための旅費を準備することかもしれない。

7. お金との関係を把握する

経済的な豊かさを自分で定義する方法は他にもたくさんある。また、お金や自分の人生におけるお金とその役割について、これまでとは違った考え方ができるようになる本を読むだけでも、新年の抱負を守ることができる。

AgnewとLurtzが最も気に入っているのは、以下の本である: Brad Klontz著『Mind over Money』、Morgan Hounsel著『The Psychology of Money』、Brian Portnoy著『The Geometry of Wealth』などだ。

最終的には、自分の人生においてお金にどのような役割を担ってもらいたいかを考えることだ。「お金は、あなたが言うとおりにしか動いてくれません」とアグニューは言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d