投資に必要な4つのもの

◎今日のテーマ:投資に必要なもの

投資、資産運用で成功するために必要はものは、次の4つです。

① お金

② 投資する商品

③ 始めること

④ 10年間持ち続けること

この4つについて、説明していきます。

① お金

投資するためには、お金が必要です。でも、そのお金は、100万円でも、1000万円というまとまったお金でもいいですし、毎月1万円、2万円でも構いません。

② 投資する商品

まとまったお金

100万円あれば、1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)を買えばいいと思います。私も、連れ合いも数千万円の1306を保有しています。最初に買ったのが1306でした。さらに100万円あればSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)を買うのが良いと思います。私は数千万円、連れ合いは数百万円のSPYを、保有しています。

毎月コツコツ

1306とSPYというETFは、ある程度まとまったお金のある場合にお勧めですが、毎月1万円ずつ、2万円ずつインデックスファンドを積み立てる方法もあります。毎月1万円ならニッセイ外国株式インデックスファンド、毎月2万円ならニッセイ外国株式インデックスファンドとニッセイTOPIXインデックスファンドで、毎月コツコツ積み立てる方法が有望です。つみたてNISA、iDeCo、投信積立を利用します。

日米で最大の商品で、低コスト

SPYは1993年、1306は2001年に登場したので、それ以前は、このような、顧客のための優れた商品はありませんでした。ニッセイインデックスファンドのTOPIXと外国株式の信託報酬は現在0.1%台まで下がって来ました。現在は投資する商品に恵まれた時代だと、つくづく思います。1306とSPYは、日本とアメリカで最大のETF(上場投資信託)です。

③ 始めること

①と②で、お分かりのように、始めようと思えばすぐに始められるのです。でも、日本人の多くは投資を始めようとしません。私の兄弟や友人も、「どの商品を買ったらよいか」と私に聞くので、「1306とSPYが良い。10年持ち続けることが大事。」とアドヴァイスするのですが、買いません。買わなければ資産は増えません。投資で一番大事なことは、買うことです。投資を始めることです。

④ 10年間持ち続けること

相場は、上がったり、下がったりします。上がった時には売りたくなります。下がった時にも売りたくなるものです。私の連れ合いも、投資を始めた翌年にリーマンショックに遭遇して、評価額が半分になったこともありました。それでも売らずに11年間持ち続けて、現在は運用益で高級車1台と大衆車1台の合計2台を買えるだけになりました。私は8年で、高級車14台分に相当する評価益を出しています。私も連れ合いも買った後は、売らずに持ち続けています。

最も大事なことは買うこと

以上、資産運用に必要な4要素を挙げて説明しましたが、一番大事なことは、③の始めることです。私の兄弟も友人も始めないので、何年たっても資産は増えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です