VGKの分配金 2020年12月

ヨーロッパの株式ETF

VGK(バンガード社FTSE ヨーロッパのETF)分配金の支払の知らせが野村証券から届きました。一昨日のVOO(S&P500)、昨日のVWO(新興国)に続いて内容を確認します。

分散投資の一環

VOO、VWO、VTIに比べるとVGKというETFはあまり日本では有名でありません。しかし資産総額は2兆円を超えています。ETFで世界の株式市場に分散投資を検討した際、ヨーロッパ市場で、唯一、1兆円を超えていたETFとしてVGKを選択しました。

VTI

なお、上記のETFの中で、VTIというのは、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)です。CRSP米国総合指数のパフォーマンスに連動する投資 成果を目指す。あらゆる時価総額規模の米国株式を保有。米国株式市場全体を投資対象とする。3500以上の銘柄を保有し、時価総額ベースでウエートを算定。今後成長する可能性のあるアメリカの中小型株式を含んでいるため、VOOよりこちらの銘柄を好む人もいます。

2020年の年間分配率は2.46%

2020年12月のVGKの分配金は、単位当たり0.3779ドルでした。このグラフで、2019年6月25日の分配率が高くなっていいるので、通知書を確認しましたが、間違いではないようです。2020年はコロナショックで分配率が低かったのかもしれません。2020年の年間分配率は2.46%、2019年は2.79%でしたので、0.33%の減少でした。

二重課税の還付

VGKはアメリカ国籍のETFなので、現源泉税率は10.00%で、日本国内でも20.315%差し引かれるので、10%が二重課税されています。翌年の確定申告で還付してもらうことになります。

株価チャート

VGKの株価チャートを、2005年3月からの16年間で確認します。

過去10年で最高の株価

2007年のサブプライムのバブルのころは80ドルに達していましたが、リーマンショックで暴落して20ドル台まで落ち込みました。その後はおおむねフラットな動きを示していて、旧大陸であるヨーロッパは、日本と同じで魅力がないなと思っていました。しかし、久しぶりにチャートを確認すると、過去10年で最高レベルに達しているので驚きました。それにしても、ヨーロッパの時代は過ぎ去りつつあるのかもしれないので、今後ヨーロッパのVGKに追加投資するよりは、新興国のVWOに追加投資したいと思います。

VGKの現状を確認します。

バンガードFTSEヨーロッパETF(Vanguard FTSE Europe ETF)は米国籍のETF(上場投資信託)。FTSEディベロップド・ヨーロッパ大中小型株インデックスに連動する投資成果を目指す。同指数は、欧州主要市場に拠点を置く企業が発行した株式の投資リターンを測定。時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定。

  • 資産総額  ( 03/16/2021) 156億㌦(109円/ドルで1兆6,973億円)
  • 設定日 2005年年3月10日
  • 経費率 0.08%

トータルリターン

  • 1年トータルリターン 49.38%

⇒ 異常に高い数値になっているのは、昨年の3月がコロナショックの底値だったからです。

  • 3年トータルリターン 5.71%

⇒ 5.91%のうち、分配率が3%近くを占めますので、株価上昇は約3%です。過去16年間のチャートを見ると、最近の株価がかなり高い水準にあるので、トータルリターン5.71%という数字は、これでも少し高いかも知れません。

  • 5年トータルリターン 9.18%

⇒2015年から2016年にかけてチャイナショックがあったので、分母が小さく、5年トータルリターンが高めに計算されます。ヨーロッパへの投資は、あまり高いリターン水準を期待せず、世界分散の一つだと割り切った方が良いかもしれません。ただし、世界の株式価格が連動している現在、たいした分散効果も期待できませんが。

投資信託組入れ上位銘柄

名称 事業概要 ファンドの割合 %

ネスレ

多国籍食品加工会社。広範囲にわたる食品の製造・販売を手掛 ける。製品は、ミルク、チョコレート、菓子類、飲料水、コーヒー、クリーマー、調味料、ペットフードなど。 2.58

ロシュ・ホールディング

医薬品・診断用具製造会社。心血管疾患、伝染症、自己免疫疾患、呼吸器疾患、皮膚疾患、代謝異常、腫瘍、移植、中枢神経系などの疾病を対象とする処方薬を製造する。 2.06

ASMLホールディング

半導体製造装置メーカー。特にリソグラフ ィーによるチップ製造向け機械を開発・製造・販売する。 2.01

ノバルティス

医薬品メーカー。医薬品および消費者向けヘルスケア製 品の製造に従事。革新的な科学やデジタル技術を用いて、重要な医療ニーズの分野で変革的治療薬を製造する。特許で守られた処方薬、ジェネリック医薬品、およびバイオ後続品を提供。 1.64

LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン

多角化 した 高級品のグループ。ワインやコニャックなどの酒類をはじめ、香水、化粧品、旅行 かばん、時計・宝石類の製造・販売を手掛ける。 1.4

SAP

多国籍ソフトウエア会社。e-ビジネスおよび企業経営ソフトウエア などビジネスソフトウエアの開発、アプリケーションソフトウエアを企業で使用する際 のコンサルティング、研修サービスを提供。 1.23

ユニリーバ

パーソナルケア用品メーカー。消費財、食品、洗剤、香 料、美容、家庭、およびパーソナルケア製品を提供する。 1.17

アストラゼネカ

医薬・医療製品の研 究、製造、販売を手掛ける。消化器系、腫瘍、循環器系、呼吸器系、中枢神経系、疼痛管理、麻酔、感染症の8分野において事業を展開。 1.13

HSBCホールディングス

リテ ールおよびコーポレート・バンキング、貿易金融、受託業務、証券代理、保管業務、キャ ピタルマーケット、財務サービス、プライベート・バンキング、投資銀行、保険など多岐にわたる。 1.08

シーメンス

技術・製造会社。電化、自動化、デジタル化の分野に特化。自動化・制御、電力、運輸、医療診断における技術ソリューションも提供する。 1.05
カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です