STW AUの業種別構成比率、ファンド特性

◎今日のグラフ:STW AUの業種別構成比率(2017年12月31日現在)

オーストラリアの豪ドル建てETFです。金融(除く不動産投資信託)は35.59%でかなり高い数字です。日本の1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)は、銀行業 7.65、証券・商品先物取引業 1.08、保険業 2.45、その他金融業 1.26で、合計12.44%です。したがって、オーストラリアの金融は日本の3倍です。素材が17.86%でかなり高い水準です。不動産投資信託はREITのことだと思いますが、オーストラリアの面積は、ロシア、カナダ、中国、アメリカ、ブラジルに次いで第6位で、第7位のインドより広い国です。一人当たり面積は、先進国の中では第1位です。ちなみに、全世界で1位はグリーンランドです。オーストラリアのそれ以外の産業は、自国の日常生活に必要な産業でしょう。
金融(除く不動産投資信託) 35.59%
素材 17.86
不動産投資信託 8.11
生活必需品 7.32
資本ザ・サービス 7.21
ヘルスケア 7.10
エネルギー 5.16
一般消費財・サービス 4.64
電気通信サービス 3.09
公益事業 2.10
情報技術 1.82

◎今日のテーマ:STW AUのファンド特性

2018年03月01日現在
過去3年間一株当たり利益 (EPS) 成長率 8.15%
配当利回り 4.37%
過去株価収益率 (PER) 15.88
予想株価収益率 (PER) 16.09
株価キャッシュフロー倍率 11.32
株主資本利益率 (ROE) 15.98%
組入銘柄数 203
純資産総額 (百万) $3,519.78(豪)

過去3年間一株当たり利益(EPS)は8.15%ですから、悪くない数字だと思います。

配当利回りは4.37%と高い水準を維持しています。日本の1306やアメリカのSPYが1%台、ヨーロッパ、新興国が2%台なので、かなり高い水準です。オーストラリアとニュージーランドは、日米欧に比べて金利がかなり高いので、株式の配当利回りも高いのでしょうか。

株価収益率(PER)は、過去、予想とも16%なので、標準的なレベルだと思います。

組み入れ銘柄数は203です。オーストラリアの経済規模からすれば、適度な数ではないかと思います。

純資産総額は3,519.78豪ドルです。82円/豪ドルとすると、2886億円です。私のETF購入の基準は1兆円以上なのですが、このETFについては、豪ドル建てでもありますので、資産分散を優先して、ポートフォリオに組み入れました。15年後ぐらいには1兆円に達するのではないでしょうか。

 

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です