夫婦合計の運用実績2023年8月:富とは何か?

元本は1億5千万円で現在は4億円

夫婦で投資を始めてから15年が経ちました。元本は1億5千万円で現在は4億円を超えました。最初の10年近くはあまり効率的とは言えない投資をしていましたが、最近は外国株式ETFを中心に一部国内株式ETFにも投資しています。

膨大な日本国債への対策

投資を始めた理由は、膨大な日本国債が増え続けると大幅なインフレやキャピタルフライトが発生するだろうから、今のうちに外国に投資した方が良いということでした。当初は、一部外貨MMFを購入しましたが、低金利なので、よりリターンの多い外国株式ETFに換えました。

私たち夫婦は、基本的にバイ・アンド・ホールドを貫いています。別の言い方をすると、「買いっ放し」です。

上記の4億円はお金ですが、必ずしも「富」ではありません。お金よりも大切なものが富でしょう。

足るを知る者は富む

老子の「道徳経」第三十三章。 足るを知る者は富むとは、満足することを知っている者は、たとえ貧しくとも精神的には豊かで、幸福であるということ。 人間の欲望にはきりがないが、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。

アメリカ人は「富」についてどう考えているのかを、CNBC makeit 2003年9月4日の記事で見てみましょう。以下は拙訳です。

Americans say these 3 things define wealth—none of them require making a lot of money


アメリカ人が富を定義する3つのこと。どれも大金を稼ぐ必要はない

誰かを裕福だと思う理由は何だろう?

デザイナーズ・ラベルがびっしりついた服装がその指標になるかもしれないし、地味だが高価な服を着てこっそり裕福さをアピールしている人に目が行くかもしれない。

しかし、アメリカ人が裕福だと感じるものには、必ずしも値札がついているわけではない。

大多数の人々がそう思っている。チャールズ・シュワブが毎年行っている「現代の富に関する調査」によると、「経験を楽しむこと」、「お金のことでストレスを感じないこと」、「健全なワークライフバランスを保つこと」はすべて、良いものを所有すること、同世代より多くのお金を持っていること、収入を最大化することよりも有意義である。

より多くのお金を手にすることで、それらのいくつかはより達成しやすくなるが、富裕層並みの純資産を持たなくても、裕福なライフスタイルを送ることは可能であることを示している。

富を定義するとき、人々にとってより意味のある3つのものを紹介しよう。

1. 良いものを所有するよりも経験を楽しむ

家族と新しい街を探検するのと、高価な車を運転するのと、どちらがいいだろうか?シュワブの調べによると、アメリカ人の70%が「豊かさとは、いいものを所有することよりも、経験を楽しむことだ」と答えている。

新しいことに挑戦したり、すでに好きなことをしたりする時間を持つことは、たとえそれが宇宙旅行のようなお金持ちがやっている活動でなくても、充実感や満足感を得るのに役立つ。自分が楽しめることを見つけるのは自分次第であり、それが必ずしも頻繁にできる余裕のないことであれば、そのことの何が自分に喜びをもたらすのかを考えてみよう。

“私を幸せにするものは休暇かもしれませんが、それはどのようなもので、なぜ休暇なのでしょうか?” ローレル・ロードでファイナンシャル・セラピーを専門とする精神衛生カウンセラーの資格を持つアジャ・エヴァンスは、CNBC Make Itにこう語る。”それは一枚の皮を剥ぐようなもので、次にもう一枚の皮を剥いて、何があなたを幸せにするのか、本当に深く掘り下げていくのです”

旅の何があなたを幸せにするのでしょうか?新しい文化を学んだり、新しい食べ物を試したりする機会なのか、それとも単に仕事から離れて少しの間充電できることなのか。自分の欲求の真の対象を特定すれば、ずっと手頃な価格帯でそれを実現できることに気づくかもしれない。

「無料で素晴らしいアートショーに行ったり、低価格や無料で何かを楽しんだりできることを、人々は忘れていると思います」とエヴァンスは言う。

2. 知り合いよりお金を持つことよりも、お金のことでストレスを感じなくてすむことが勝る

インスタグラムにアップされる豪華な結婚式や、自分の住んでいる街の豪華な建物など、ある種の富の誇示は、お金について羨ましく感じたり、競争心を抱かせたりするものだ。しかし、アメリカ人の70%は、同世代の人たちよりも多くのお金を持っていることよりも、生活の中でお金のストレスを和らげるだけの十分なお金を持っていることの方が有意義だと答えている

繰り返しになるが、高い給料を得るなど、より多くの資産を手に入れることは、金銭的ストレスを解消するのに役立つかもしれない。しかし、基本的なニーズが満たされるだけで、お金が増えれば自動的に安心がもたらされるわけではない。

「そう、お金は安定、安全、リソースへのアクセスを与えてくれるが、そのお金を使って実際にリソースを活用する必要がある」とエヴァンスは言う。

例えば、セラピストと一緒に解決したいと思うような、お金を効果的に管理するのに苦労している根本的な問題があるかもしれません。

「お金を増やせば問題が解決するというのは誤解です」とエヴァンスは言う。

3. 収入の最大化よりもワークライフバランスを重視する

完璧な世界であれば、高収入でワークライフバランスのとれた仕事ができるかもしれない。しかし、アメリカ人の69%は、富を定義する場合、収入を最大化することよりも、健康的なワーク・ライフ・バランスの方が自分にとって意味があると答えている。

特定の経験について何が好きなのかを見極めるには、深く掘り下げる必要があるかもしれないという考えと同様に、何か違うことに挑戦することを考える前に、自分の仕事について何が好きなのか、あるいは何が嫌いなのかを自問すべきだろう。問題は給料が低いことかもしれないが、働きすぎかもしれない。

島で日光浴をしているから休暇が気持ちいいのか、それとも今の組織に居心地の悪さを感じているから休暇が気持ちいいのか。自分に合い、豊かな生活に貢献する仕事を見つけることは、より多くの収入を得ることを意味するかもしれないし、より柔軟なスケジュールを与えてくれる場所で働くために減給を意味するかもしれない。自分にとって最も重要なことを見つけることが重要なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d