電気代の節約方法

電気代の節約方法を調べます。2023年11月20日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

14 ways to save on your electric bill


電気代を節約する14の方法

電気代が値上がりしていることに気づくのに時間はかからない。米国エネルギー情報局によると、家庭の平均電気代は2022年に過去最高となり、2023年も上昇を続けた。

つまり、光熱費が(平均で月140ドル近くまで)上がっていることに気づいているのは、あなただけではない。しかし、この費用を節約する方法はたくさんある。

1. エネルギー監査を受ける

電気代を下げようと思ったら、まずエネルギー供給会社に連絡することから始めましょう。

MDエナジー・アドバイザーの顧客関係マネージャー、クリスティン・チャヴァルディーニ氏は、「多くの電力会社は、料金支払者に無料のエネルギー効率向上アイテム、無料のエネルギー効率監査、機器交換のための寛大な奨励金やリベートを提供しています」と言う。

これらのプログラムは電力会社や州によって異なりますが、通常、エネルギーの専門家があなたの家を訪問し、以下のことを行います:

空気漏れの問題と断熱の必要性を特定する。
主要家電製品の評価
現在のエネルギー使用状況を確認する。
家庭内の有害物質のスクリーニング。
LED電球、低流量シャワーヘッド、スマート・サーモスタット、スマート電源タップなど、無料の省エネ製品を設置する。
専門家が調査結果を報告する。ご自宅のニーズや所得レベルによっては、断熱工事やエネルギー効率の高い冷暖房機器の購入にかかるリベートや奨励金を受け取る資格があるかもしれない。

2. スマートプラグと電源タップを使う

コーヒーメーカーやゲーム機、テレビなどの機器の電源を切っても、壁に接続されたままだと電気を吸い続ける可能性がある。省エネサービス会社OhmConnectの最高経営責任者で、クリントン政権時代に米国エネルギー省長官の元側近だったシスコ・デブリーズ氏は、「これらの機器はエネルギーバンパイアと呼ばれています」と言う。

スマートプラグやスマート電源タップを使うことで、こうしたエネルギー吸血鬼を退治することができる。スマートプラグやスマート電源タップにデバイスを接続し、そのガジェットを通常のコンセントに差し込む。「これらのスマートデバイスは、デバイスを使わなくなったことを検知し、電源をオフにします」とデブリースは言う。

これらを使えば、年間200ドル以上の節約になります」。

3. スマートサーモスタットを設置する

Google Nestのようなスマート・サーモスタットは、あなたのエネルギー使用と行動を監視し、あなたの家ができるだけエネルギー効率的になるように設定を自動的に調整する。通常のサーモスタットをスマートサーモスタットに取り替えると、冷暖房費を最大15%節約でき、年間約145ドルの節約になる。

4. 割引料金について尋ねる

電力会社の中には、電気を消費する時間帯に応じて電気料金が決まる「時間帯別料金」プランを提供しているところもある。電力会社や地域によって異なるが、オフピーク時間帯は料金が安くなる。洗濯、食器洗い機、電気自動車の充電などを、通常午後9時から午前6時までのオフピーク時間帯に行うことで、電気料金を節約することができます。

これらのプランについて、また契約する必要があるかどうかについては、電力会社に問い合わせてください。一部の電力会社やOhmConnectのような第三者企業は、家庭内の機器に接続し、電気料金が最も高くなる時間帯に警告を出すことができる。電気代が節約できたり、使用量が少なければ現金がもらえたりすることもある。

5. 断熱性を高める

冷暖房システムが家に空気を送り込むとき、その空気の一部は断熱性の低い壁、床、天井を通って逃げてしまいます。これは大きなエネルギー浪費を引き起こし、家の快適性を低下させます。

「屋根裏の断熱、エア・シーリング、床と天井裏の断熱によって、冬は暖かく、夏は涼しくなります。電気代も20%節約できます。

これらのプロジェクトには最高8,000ドルかかるが、電力会社が費用の一部または全部を負担してくれる場合もある。

6. 家を密閉する

家を断熱した後は、空気が漏れる可能性のある他の隅々を見つけるとよいでしょう。家を密閉して空気漏れを防ぐには、以下の方法があります:

傷んだ窓やドアのシールを修理する。
窓にウェザーストリップをつける。
水道管や給湯器を断熱する。
ドアスウィープを取り付ける。
スイッチプレートやコンセントの裏に発泡ガスケットを取り付ける。
遮熱カーテンを吊るす。

7. 窓を取り替える

高性能の窓は紫外線をカットし、日差しによる温度上昇を防ぎます。また、密閉性が高く、冷気が家の中に侵入するのを防ぎます。

これらの機能は、空調システムが家を暖めたり冷やしたりするのにそれほど働かないので、電気代を下げるのに役立ちます。

8. 調光スイッチの設置

調光器は、照明器具の明るさを調節する装置です。電球への電気の流れを抑えるので、少ない電力で照明が作動し、省エネに役立ちます。つまり、電気代が節約でき、電球も長持ちします。

9. LED電球を使う

通常の電球をエネルギー効率の良いものに取り替えると、エネルギーとお金の節約にもなります。LED電球は少し高価ですが、消費エネルギーが少なくとも90%少なく、寿命も25倍長いとデブリーズは言います。平均的な家庭では、この切り替えで年間約225ドルの節約になる。

10. 衣類は冷水で洗う

温かいお湯や熱いお湯で洗濯すると、使用電力の約75%がそのお湯を温めるために使われる。温度を75度から60度に下げれば、年間少なくとも60ドルの節約になる。冷水は、縮み、色あせ、シワを防ぐので、衣類にとっても良い。

11. 食器洗い機を使う

エネルギー効率の良い食器洗い機は、旧モデルよりも水の使用量がずっと少なくなるように設計されているため、手洗いに比べて何千ガロンもの水を節約できます。さらに、光熱費も年間40ドル削減できます。さらに節約するには、食器を温めるために多くのエネルギーを使う加熱乾燥設定をオフにしましょう。

12. エネルギー効率の良い電化製品を使う

洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、食器洗い機など、主要な電化製品を買い替える必要がある場合は、連邦政府が運営するEnergy Starプログラムのお墨付きのモデルを購入することを検討しましょう。

黄色いエネルギースターラベルは、最もエネルギーとお金を節約する製品を識別するのに役立ちます。例えば、Energy Star認証を受けた乾燥機は、標準的なモデルよりもエネルギー消費量が20%少なくなります。

13. ソーラーパネルの設置

太陽光発電を利用すれば、電気代をほぼゼロにすることができます。また、発電量が家庭の使用量を上回れば、余った電力を電力会社に売ることもできます。

8キロワットのシステムで平均24,000ドル程度だが、連邦政府の住宅用クリーンエネルギー控除、州全体のプログラム、地域のリベートを利用すれば、そのコストを大幅に削減できる。

14. コミュニティ・ソーラーを利用する

家を賃貸している、ソーラーパネルを買う余裕がない、屋根がソーラーアレイに適していない、といった場合は、別の選択肢がある。コミュニティ・ソーラー・プロジェクトでは、企業や電力会社が敷地外に太陽光発電所を建設する。その地域の企業や住民は、ソーラー・ファームに加入し、パネルで発電された電力の一部を受け取ることができる。毎月、エネルギー代が安くなるクレジットがもらえる。

アルタス・パワーの顧客担当責任者であるダニエラ・グレイ氏は、「屋根や家に手を加えることなく、地域の二酸化炭素排出量を削減しながら電気料金も削減できる」と語る。

よくある質問(FAQ)

最も電気を使う家電製品は何ですか?

家庭内の電化製品の中で、冷暖房システムが最もエネルギーを消費します。電気エアコンやヒーターは、光熱費の約45%から50%を占めています。


日本の政府広報オンラインを見てみましょう。

1家電製品別の電力消費の割合は?

家庭における電気の使用割合(夏季の点灯帯(19時頃))の円グラフ。エアコンが38.3%、冷蔵庫が12.0%、照明が14.9%、給湯が3.1%、炊事が7.8%、洗濯機・乾燥機が1.8%、温水便座が0.3%、テレビ・DVDが8.2%、パソコン・ルーターが0.7%、待機電力が4.0%、他が8.8%。

2上手なエアコンの使いかたは?

  • カーテンで窓からの熱の侵入を防ごう
  • エアコンのフィルターの掃除はこまめにしましょう
  • エアコンの室外機の周りにものを置かない
  • 扇風機やサーキュレーターを併用して空気を循環させよう
  • 外から帰ってきたらまず換気をしよう
  • 室内温度は適温に保つ

3上手な冷蔵庫の使いかたは?

  • ムダな開閉はしないで、設定温度は控えめに
  • 食材を詰め込みすぎない
  • 熱いものは冷ましてから入れよう
  • 冷蔵庫は壁から適切なスペースを取って設置しよう

4上手な照明の使いかたは?

  • 照明器具の掃除で明るさアップ
  • 点灯時間を短くしよう
  • 電球形蛍光ランプに取り替える
  • 電球形LEDランプに取り替える

5家電や生活習慣の工夫のしかたは?

  • テレビでは?省エネモードに設定。長時間使わない場合はコンセントからプラグを抜きましょう。
  • 洗濯では?容量の80%程度を目安にまとめ洗い
  • トイレでは?温水のオフ機能やタイマー節約機能を利用
  • ライフスタイルでは?家族そろってリビングで過ごし、人のいない部屋の照明・エアコンを消す

10年前の家電製品と比べてどれだけおトク?

  • エアコン:今どきの省エネタイプのエアコンは10年前と比べると約17%の省エネで、年間の電気代で約4,509円もおトクです。
  • 冷蔵庫:今どきの冷蔵庫は10年前と比べると約40~47%の省エネで、約5,319円~6,939円もおトクです。
  • 照明器具:電球形LEDランプは一般電球と比べると約86%の省エネで、約2,511円もおトクです。
  • テレビ:今どきのテレビは9年前と比べると約42%の省エネで、約1,620円おトクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d