リタイヤするために必要な毎月の貯蓄額

来年から新NISA制度が始まりますが、これをうまく活用すれば数年前に世間を騒がせた老後2千万円問題は解決するかもしれません。

アメリカでリタイヤする人は毎月いくら貯蓄する必要があるかを2例見てみます。

一つ目は2023年11月7日CNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

Here’s how much money you’d need to save each month to retire with $1.5 million if you earn $80,000 a year


年収8万ドルの人が150万ドルで引退するために毎月必要な貯蓄額はこれだ
2023年11月7日(火)12時57分配信

最近のWalletHubの調査によると、アメリカ人の4分の1強にとって、経済的な最大の不安は退職後のための貯蓄が十分でないことだという。

そして、多くの人がかなり高い目標を設定している。ノースウェスタン・ミューチュアルの2023年プランニング・アンド・プログレス・スタディによると、アメリカ人は平均して、快適なリタイアメントには120万ドル程度が必要だと考えている。

Vanguardの2023年版「How America Saves」レポートによると、昨年の米国の退職金口座残高の中央値は27,376ドルだった。

リタイアメント・ゴールへの到達が遠いと感じても、心配する必要はない。快適なリタイア生活を送るための十分な資金を確保する最善の方法のひとつは、遅かれ早かれ始めることだ。早く始めれば、少額の拠出でも、複利の魔法のおかげで、時間の経過とともに指数関数的に増えていく。

そこでCNBCは、年収8万ドルの人が67歳の時に150万ドルでリタイアするためには、毎月いくら貯蓄する必要があるかを計算した。これらの計算は、残高0ドルからのスタートと仮定しており、市場の変動、解雇、昇給、昇進といった人生の変動要因は考慮していない。

21歳から始める場合

年間収益率3%の場合:月1,260ドル
年間収益率5%の場合:月697ドル
年間収益率7%の場合:月366ドル
年間収益率10%の場合:月128ドル

25歳から始める場合

年間収益率3%の場合:月1,485ドル
年間収益率5%の場合:月873ドル
年間収益率7%の場合:月490ドル
年間収益率10%の場合:月192ドル

30歳から始める場合

年間収益率3%の場合:月1,843ドル
年間収益率5%の場合:月1,167ドル
年間収益率7%の場合:月711ドル
年間収益率10%の場合:月319ドル

退職金貯蓄の全体的な目標を念頭に置くことは有益ですが、目標の数字から大きく離れていると、威圧的に感じることもあります。

その代わりに、貯蓄率(年収の何%を老後のために積み立てるか)に注目することを目指しましょう。フィデリティの推奨する貯蓄率は15%で、雇用主からのマッチングがある場合はそれを含む。

しかし、すぐにその水準から始める必要はない。その代わり、できるところから始めて、推奨貯蓄率に達するまで毎年1%ずつ拠出額を増やしていこう。

「フィデリティのバイス・プレジデントであるアン・ダウド氏は、フィデリティの11月のViewpointsレポートで、「退職後のための貯蓄は険しい山のように思えるかもしれませんが、見た目ほど険しく登る必要はありません。「今、小さな一歩を踏み出すことが、後に大きな飛躍につながるのです」。


二つ目は、2023年11月22日のCNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

Here’s how much money you need to save each month to retire with $2 million if you make $150,000 a year


年収15万ドルの人が200万ドルで引退するために毎月必要な貯蓄額はこれだ

6桁の収入を得ているアメリカの労働者は、退職するのに十分な貯蓄ができているかどうかについて複雑な思いを持っている。

CNBCの8月の「Your Money」調査によると、10万ドル以上の所得を得ている労働者の約半数しか、将来快適に引退するのに十分な額を401(k)に拠出していると感じていない。

バンガード社の2023年版「アメリカの貯蓄方法」レポートによると、10万ドルから14万9000ドルの所得者では、退職金口座残高の中央値は10万4155ドルである。150,000ドル以上の所得者では、この数字は201,301ドルに跳ね上がる。

リタイア後に自分の生活を維持するために必要な金額は、リタイアする年齢、パートタイムで働き続けるかどうか、お金をどのように使うかなど、さまざまな要因によって変わってくる。また、生活費の高い州で引退するつもりなら、より多くの貯蓄が必要になるかもしれない。

しかし、多くの人は億万長者として引退することを目標としている。チャールズ・シュワブの2023年401(k)参加者調査によると、アメリカ人は平均して、退職までに約180万ドルの貯蓄が必要だと考えている。

これを念頭に置いて、CNBCは、15万ドルの収入があり、67歳で200万ドルの老後資金を得たい場合、毎月いくら積み立てる必要があるかを計算した。これらの計算は、25歳、30歳、35歳を開始年齢とし、残高0ドルから始めると仮定している。また、解雇、昇進、株式市場の急変など、予測不可能なライフ・イベントは考慮していない。

25歳から始める場合

年率3%の収益:月1,979ドル
年間収益率5%の場合:月1,169ドル
年間収益率7%の場合:月657ドル
年間収益率10%の場合:月258ドル

30歳から始める場合

年間収益率3%の場合:月2,463ドル
年間収益率5%の場合:月1,562ドル
年間収益率7%の場合:月954ドル
年間収益率10%の場合:月429ドル

35歳から始める場合

年間収益率3%の場合:月3,108ドル
年間収益率5%の場合:月2,117ドル
年間収益率7%の場合:月1,400ドル
年間収益率10%の場合:月718ドル

退職後の貯蓄がまだ希望する水準に達していなくても慌てる必要はない。複利で積み立てを増やす時間はまだある。

そのためには、退職金口座の種類ごとの拠出限度額と所得限度額を知っておくことが重要だ。

2023年、401(k)、403(b)、そしてほとんどの457プランの拠出上限は22,500ドルである。50歳以上の人はさらに7,500ドルを追加拠出できる。

ロート個人退職口座に拠出する場合、または開設を予定している場合は、所得制限に注意すること。2023年の場合、138,000ドル未満の独身者は6,500ドルまで拠出でき、50歳以上はさらに1,000ドル拠出できる。13万8,000ドル以上15万3,000ドル未満の場合は減額して拠出できるが、15万3,000ドル以上の場合は拠出できない。

しかし、口座残高を増やすことだけに集中しないようにしよう。その代わり、多くの金融専門家は、貯蓄率に注意を払うようアドバイスしている。フィデリティは、雇用主とのマッチングがある場合はそれを含めて、年間貯蓄率15%を推奨している。

フィデリティは、8月の「Viewpoints」レポートで、退職後のための貯蓄について、「重要なのは行動を起こすことだ」と述べている。

「直近のマイルストーンに到達していなくても落胆する必要はない-計画と貯蓄によって将来のマイルストーンに追いつく方法はある」と同レポートは述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d