金持ちになるか、貧乏になるか。その分かれ道

昨日の「オルカンかS&P500か?」をご覧になっていない方は、こちらをクリックしてください。


外国株式インデックスファンドなら20年で4倍

私は2002年に企業型確定拠出年金を始めましたが、100%外国株式インデックスファンドで運用しました。一方、同じ会社に勤める9割の社員は銀行預金で運用しました。それから21年が経過し、私の元本600万円は4倍以上の2500万円に増えましたが、ほとんどの社員が選択した銀行預金は、全く増えていません。

私は子供たちにも、確定拠出年金を100%外国株式インデックスファンドで運用することを勧めています。

この単純な選択でお金が増えるか、変わらないかが決まるのです。

New Trader Uの2023年12月5日の記事を見てみましょう。以下は拙訳です。

Discover 6 Money Rules That Separate The Rich From The Poor


金持ちと貧乏人を分ける6つのお金のルールを発見しよう

富を支配するルールを理解することは、経済的成功への道程を大きく変える可能性がある。お金持ちは、他とは一線を画す特定の原則に従っていることが多い。この探求は、単に秘密を暴くことではなく、お金に対するあなたのアプローチを変えることができる、実践的で実行可能な原則を理解することなのだ。

投資術から、収入を分散させる知恵、金融リテラシーの重要性まで、これらのルールは経済的繁栄を支える柱である。これらのガイドラインを読み解くことで、経済的停滞のサイクルを断ち切ろうと奮闘する人々と比べ、富裕層がどのように金銭を管理し、成長させ、認識しているのか、その微妙かつ強力な違いを明らかにする。この記事では、富裕層と貧困層を区別する6つの重要なお金のルールを探る。

経済研究、歴史的傾向、学術研究、金融文献など、さまざまな情報源から得た原則に基づき、富裕層と貧困層をしばしば分ける6つのお金のルールを紹介する:

経済的成功を勝ち取るための6つのルール:

1.貯蓄だけでなく投資を:

収入の一部を株式、投資信託、不動産などの投資に充てる。歴史的に長期にわたって従来の預貯金よりも高いリターンを提供している投資を目指す。

2.複数の収入源を作る:

収入を本業だけに頼らない。配当のある株式、賃貸物件、副業など、収入を分散させるための追加的な収入源を開拓しよう。

3.金融教育を受ける:

複利、債務管理、投資戦略など、金融の概念について定期的に学ぶ。これは、本や講座、評判の良い金融ニュースソースなどを通じて行うことができる。

4.長期的な計画を立てる:

長期的な財務計画を立てる。社会人になる前に自分のキャリアパスを計画すべきである。これには、退職金の準備、分散投資ポートフォリオの構築、主な生活費の事前計画などが含まれる。

5. リスクを理解し管理する:

投資、個人金融、ビジネスにおける財務上の意思決定におけるリスクを評価し、管理することを学ぶ。妥当なリターンを目指しながら、リスクを軽減するために投資ポートフォリオのバランスをとる。

6. お金に対する成長マインドセットを採用する:

お金を単なる消費手段としてではなく、成長と機会のためのツールとして扱う。お金を、より大きな機会や富を築くために活用すべき資源とみなす考え方を養う。

これらのお金のルールと、あなた自身のファイナンシャル・ジャーニーでの実践方法について、さらに深く掘り下げるために読み進めてください。

貯蓄より投資の力

富裕層と貧困層の根本的な違いのひとつは、資金管理、特に投資と貯蓄の考え方である。貯蓄は不可欠だが、評価され複利効果を生む資産への投資は富を増やす。株式、不動産、投資信託への投資は、複利効果と市場成長の力により、従来の預貯金に比べて歴史的に高いリターンをもたらしてきた。投資の主な利点には、より高いリターンの可能性、長期にわたって富を築く機会、貯蓄の価値を低下させるインフレに打ち勝つ能力などがある。

収入の多様化  給料だけではない

富裕層は、単一の収入源に頼ることはほとんどない。その代わり、不動産からの賃貸収入、株式配当、副業の利益など、収入源を分散させている。この戦略は、経済的な安定をもたらすだけでなく、富を蓄積する機会を増やすことにもなる。収入を多様化するには、さまざまな投資オプションを検討したり、副業を始めたり、自分のスキルや関心に合った他の潜在的な収入源を特定したりすることを検討しよう。

金融リテラシーの重要性

金融リテラシーは、資産形成の要である。これには、予算、債務管理、投資の基本など、金融に関する重要な概念を理解することが含まれる。金融リテラシーは、書籍、オンラインコース、評判の高い金融ウェブサイトなど、さまざまなリソースを通じて向上させることができる。この知識は、十分な情報を得た上で財務上の決定を下す力を与え、個人の財務管理や投資選択の改善につながる。

長期的なファイナンシャル・プランニング

長期的なファイナンシャル・プランニングは、持続的な富を得るために極めて重要である。これには、退職後の生活設計や戦略的投資など、長期的な財務目標を設定し、それに向かって努力することが含まれる。手始めに、現在の財務状況を評価し、財務目標を定め、分散投資ポートフォリオを含む計画を策定する。この計画を定期的に見直し、調整することが、長期的な財務目標を達成するために重要です。

財務におけるリスク管理をマスターする

金融リスクを理解し管理することは、富の蓄積に不可欠です。効果的なリスク管理戦略には、リスクを分散するために投資ポートフォリオを多様化することや、投資に影響を与える可能性のある市場動向や経済要因について常に情報を得ることなどが含まれます。こうしたリスク管理手法を応用することで、より多くの情報に基づいた意思決定を行い、大きな損失から財産を守ることができます。

富を築く考え方を養う

金持ちと貧乏人の大きな違いは、お金に対する考え方である。金銭を成長と機会のための道具と見なす、金銭に関する成長マインドセットを採用することで、より効果的な金銭的決断と戦略を導くことができる。これには、課題を学習と発展の機会と捉え、お金についての新しい考え方や管理方法を受け入れることが含まれる。

主な要点

戦略的投資を通じて富を最大化する: 単なる貯蓄よりも多様な資産への投資を優先し、富の成長を大幅に高める。

収入源を広げる: 経済的な安定とさらなる富の蓄積のために、本業以外の複数の収入源を開拓する。

金融知識を高める: より多くの情報に基づいた効果的な財務上の意思決定を行うために、財務に関する知識を常に身につける。

長期的な財務ビジョンを持つ: 退職後の生活や投資戦略など、長期的な財務目標の設定と達成に集中する。

巧みな財務リスク管理: 財務リスクを巧みに管理・軽減する方法を学び、より安全で豊かな財務上の将来を確保する。

繁栄志向の考え方を身につける: お金を静的な資源としてではなく、成長と機会のための動的なツールとして捉える考え方を養う。

まとめ

経済的繁栄に向けた旅に出るには、勤勉さだけでなく、資金管理に対する戦略的アプローチが必要である。そのためには、収入源を多様化し、金融知識を高め、目先の利益にとらわれない前向きな考え方を採用する必要がある。リスクは賢く管理し、投資は思慮深く行い、長期的な目標が財務上の決断を後押しする。

経済的繁栄への道は、知識、戦略、考え方によって切り開かれる。これら6つのお金のルールを理解し、適用することで、あなたの金融習慣を富裕層に合わせることができる。覚えておいてほしいのは、単にいくら稼ぐかではなく、それをどのように管理し、増やしていくかが重要だということだ。これらの原則を受け入れることで、より安全で豊かな経済的未来の基盤を築くことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d