S&P500が史上最高値を更新

S&P500は、有力な投資方法の一つです。私や家族も以下の銘柄に投資しています。

  1. SPY(SPDR社のS&P500株式ETF)
  2. VOO(バンガード社のS&P500の株式ETF)
  3. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  4. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

この4銘柄の特徴を見てみましょう。

1.SPY(SPDR社のS&P500株式ETF)

  • S&P 500指数の値動きに、経費控除前ベースで概ね連動する投資成果を追求します。
  • S&P 500指数は、世界産業分類基準(GICS)において定義される全11業種に分散された米国の大型株式で構成される指数です。
  • 1993年1月に設定された本ファンドは、米国において上場された最初のETFです。
  • 世界最大のETFです。

2.VOO(バンガード社のS&P500の株式ETF)

  • 主要ETFの中で最もコストの安い銘柄です。
  • ウォーレン・バフェットが推奨している銘柄です。

3.eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

  • 日本最大の投資信託です。
  • 主要投資信託の中で最もコストの安い銘柄です。

4.SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

  • S&P500インデックスファンドの中では日本第2位の純資産残高です。
  • 主要投資信託の中でほぼ最低コストの銘柄です。

最高値を更新

このS&P500というインデックスはアメリカで最高値を更新しています。

ウォートン・ビジネススクールのジェレミー・シーゲル教授は、非常に長期にわたる投資パフォーマンスを研究し、1946年から2021年の間に、長期国債がわずか5.8%だったのに対し、株式は平均年率11.3%で成長したと報告しています。

気になるのはこれから先のこと、そして、退職後の資産です。

2024年1月26日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。

The S&P 500 hit another all-time high—but don’t switch up your retirement saving strategy, says CFP


S&P500が史上最高値を更新、しかし退職後の貯蓄戦略は変えないように、とCFPは言う。

1月25日の市場終了時点で、ハイテク株がS&P500指数をさらに史上最高値に押し上げたため、あなたの401(k)はいつもより少し良く見えるかもしれない。

しかし、今は退職後の貯蓄戦略を変更する時期ではない。

「長期投資であることを忘れてはならない。マーケット・イベントに振り回されてはいけません」と、公認ファイナンシャル・プランナーでBone Fide Wealthの社長、ダグラス・ボーンパースはCNBC Make Itに語っている。

その理由はこうだ: 401(k)のような退職金口座に資金を拠出すると、その資金は一般的に株式を含む様々な金融資産のミックスに投資される。これらの株式の価値が上昇すれば、あなたの投資価値も上昇し、口座残高に反映される。

しかし、市場が下落すれば、401(k)の価値も下落する。

フィデリティのソート・リーダーシップ担当バイス・プレジデント、マイク・シャムレルは、CNBCメイク・イットにこう語っている。

退職後の貯蓄戦略は、事後的なものではなく積極的なものであるべきです。株式市場はもともと予測不可能なものなので、長期的な投資戦略を短期的な市場動向に基づいて立てるのは賢明ではない。

「強気相場がいつ弱気相場になるのか、またその逆も正確には予測できない」とシャムレルは言う。「この予測不可能性こそが、市場が乱高下しているときでも退職貯蓄を継続し、拠出率を一定に保つことが一般的にベストプラクティスとされる理由なのです」。

退職貯蓄率を重視する

401(k)は市場のボラティリティによって変動したり下落したりする可能性があるため、多くのアドバイザーは口座残高だけに注目しないようアドバイスしている。その代わりに、自分でコントロールできること、つまり退職貯蓄率に集中しよう。

貯蓄率とは、税引前年収のうち、401(k)やその他の退職金投資口座に充てる割合のことです。フィデリティは、雇用主とのマッチングを含め、少なくとも15%の貯蓄率を目指すことを推奨している。

しかし、まだそこまで達していなくても慌てる必要はない。できる範囲の貯蓄から始めて、時間をかけて拠出額を増やしていけばいいのだ。

一つの方法として、推奨される貯蓄率に達するまで、退職保険料を毎年1%ずつ自動的に増やすように設定する方法がある。ただし、拠出額を増やす際には、最新の退職拠出限度額に注意すること。

退職後のための貯蓄は、早め早めに始めることが大切です。たとえ少額しか拠出できなくても、早く始めることで複利の力を利用できる。

結局のところ、退職金を積み立てるには一貫性が重要だとボーンパースは言う。

「市場は上がったり下がったりしますが、投資を継続することで、長期的な複利リターンを得ることができるのです」と彼は言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d