自分の直観でお金を使ってはいけない

衝動買いをした経験があります。今から思うとなんで、あんなものを買ってしまったんだろうと思います。ストレスがたまったりすると、その衝動に勝てない時もあるものです。TBSアナウンサーの安住紳一郎は、仕事が忙しく、ストレスがたまった時、なぜか数百万円する自動車を事前の検討もせず、突然衝動買いしたそうです。その直後に、なぜ衝動買いしてしまったのか、理由が分からないと言っていました。衝動買いを避ける方法の一つは、100円ショップで、3~4千円、欲しいものを買うのです。そのようにして、少しずつはけ口から、衝動買いのエネルギーを噴出させておくと、大きな過ちをしなくて済むそうです。

買い物に関する2023年11月27日のCNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

‘You can’t trust your instincts,’ says financial psychologist—here’s how to avoid emotional spending


「自分の直感は信用できない」と金融心理学者。感情的な出費を避けるには?

ストレスや悲しみに押され、必要のないものを買ってしまったことがあるとしたら、それはあなただけではない。最近のLendingTreeの調査によると、アメリカ人の70%近くが、感情が支出に影響を与えたことがあると答えている。

感情的な支出に関しては、「私たちは不利な状況にある」と、金融心理学者で公認ファイナンシャル・プランナーのブラッド・クロンツは言う。

「私たちは、完全に感情に基づいた購買機会を私たちに提示する専門マーケッターと対峙しているのです」と、彼はCNBC Make Itに語っている。

若い世代ほど、感情に購買習慣を左右されやすい。ミレニアル世代とZ世代のおよそ75%が、感情的な支出を認めている。おそらく、「買う」をクリックするときに退職金のことを考える可能性が低いからだろう。

「私たちは今、消費するように仕向けられているのです。今すぐお金を使わず、将来のために貯蓄するためには、感情的に説得力のある理由が必要です。それが皮肉なのです」。

アメリカ人が散財の原動力となる感情のトップはストレスだが、興奮(44%)と幸福感(38%)がトップ3を占めている。LendingTreeによれば、54%が機嫌が良いと出費しやすいと答えている。

「ネガティブな感情体験が引き金を引かなかったというわけではありません。しかし、引き金を引いているとき、あなたはこの買い物にかなり興奮している。」とクロンツは言います

感情的支出はよくある習慣だが、大きな問題に発展させたくないものだ。感情的浪費家の40%近くが、それが原因で借金をしたと答えており、Klontz氏は、感情的浪費が家計や人間関係に与えるストレスについて警告している。

自分が感情的浪費家だと思い、その習慣に境界線を設けたいと考えているのなら、本能と戦い、次にストレスを感じたときに「買う」ボタンを押したくなる衝動を抑える方法について、Klontz氏の5つのヒントを紹介しよう。

感情的支出を抑える5つのヒント

感情的な出費に対処する第一歩は、私たちは皆そうしていると認めることだ、とクロンツは言う。

「お金に関しては、自分の直感を信じることはできません。「それが本質的なことなのです」。

感情的な支出は、脳の扁桃体(感情を処理する部分)によって引き起こされる。そして、感情が高ぶると、予算に関するような判断を司る前頭前皮質が同調しなくなる。

「感情が高ぶると、理性的な判断ができなくなる」とクロンツは付け加える。

ここでは、自分の衝動に挑戦し、扁桃体に金銭感覚を委ねないようにする方法を紹介しよう。

1. 24時間ルールを実践する

脳の「買いたい」という衝動に打ち勝つには、衝動買いをしてから実際に購入するまでに時間を置くこと。Klontz氏は24時間ルールを勧めている。

「アマゾンでカートにいろいろなものを入れるが、買うつもりはない。24時間待ってから、それが本当に欲しいものであるかどうかを確認するために戻ってくることになります」と彼は言います。 「これは超強力かも知れません。」

2. 可能な限り現金を使う

実際に買い物をするときは、カードを渡す代わりに現金を使うことをお勧めする。

「私たちの出費の多くは無意識のうちに行われており、実際に店でドル札を払わなければならないとき、それは一種の苦痛です」と彼は言う。「私たちの多くは、スワイプしても、今使った金額がよくわからないのです」。

3. 自分に厳しい質問をする

何かを買う前に、その買い物が本当に価値があるかどうかを判断するために、一連の質問を自分に投げかけてみるのも有効だとKlontz氏は言う。

「携帯電話のメモに書いてもいい: これは私が買えるものなのか?これは私に買えるものなのか?どこに置くつもりなのか?そして明日、このことをどう感じるつもりなのか?」

4. 説明責任を果たす仲間を見つける

友人を見つけ、2人で守ることに同意する支出上限を設定することで、感情的な買い物を抑制する。誰かがその限度額を超えて何かを買いたい場合は、まず相手に相談しなければならない。

「私の妻と私は実際にお互いにそうしています」とKlontz氏は言う。「他の人に相談する 」ということを知っているだけで、とにかく多くのものを買うのをやめさせることができるでしょう。

5. 長期的な目標を考える

感情的な支出は避けられないことが多いが、経済的な目標を考えることも、感情が家計を破綻させるのを防ぐ強力な方法だ。

「座って、人生で本当に欲しいものは何かを考えてみてください。なぜなら、それはアマゾンで買ったばかりの最新の小物ではない可能性が高いからだ」特論つは言う。

経済的自由やマイホームの頭金など、将来どのようにお金を使いたいか、明確でワクワクするようなビジョンを描くことで、感情的支出を目標に向けることができる。

「その場限りの感情的な支出は、あなたの実際の価値観や目標とは何の関係もなく、あなたにとって本当に重要なことを妨害しているかもしれません」とクロンツは付け加える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d