チャーリー・マンガーの言葉

チャーリー・マンガー氏(米投資会社バークシャー・ハサウェイ副会長)28日、米西部カリフォルニア州の病院で死去しました、99歳でした。1924年中西部ネブラスカ州オマハ生まれ。

CNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

‘Diworsification’ and lifelong learning: 3 quotes from Charlie Munger that will make you a better investor


手の広げ過ぎによる失敗と生涯学習: より良い投資家になるためのチャーリー・マンガーの 3 つの言葉

億万長者で伝説的な投資家チャーリー・マンガー氏が火曜日に99歳で死去した。バークシャー・ハサウェイの副会長を長年務めたウォーレン・バフェット氏の右腕であり、オマハのオマハ紙は、マンガー氏が経営難に陥った企業への低価格投資から焦点を広げた功績を認めている。 高品質の企業を公正な価格で買収することです。

バフェット氏は声明で「チャーリー氏のインスピレーション、知恵、参加がなければバークシャー・ハサウェイを現在の地位に築くことはできなかった」と述べた。

マンガー氏はバフェット氏とともにバークシャー・ハサウェイに入社した時にはすでに裕福な人物で、その後2023年初頭までにその資産は推定23億ドルにまで増えた。毎年、マンガー氏はバークシャーの株主総会でバフェット氏の隣に座り、聴衆や株主を楽しませていた。 バークシャーの会長も同様に、その知恵、現実主義、そして辛辣な機知を備えています。

ここでは、あなたをより良い投資家にするための 3 つのマンガ―主義を紹介します。

「収入の範囲内で生活し、投資できるように貯蓄しましょう。 学ぶべきことを学んでください。」

マンガー氏は、「その通り!バークシャー・ハサウェイの億万長者チャーリー・マンガーの舞台裏」からの引用で、投資家に 2 つのヒントを与えています。

自分の収入の範囲内で生活するという考えは新しいものではありませんが、富を築きたい人にとっては実証済みのアドバイスです。 毎月の終わりに、たとえ少額であっても余剰金を出して投資口座に預けることで、数十年にわたってお金を複利化することができます。

マンガー氏とバフェット氏は収入を大幅に下回る生活をしていることで有名で、二人とも何十年も同じ家にアップグレードせずに住んでいる。

マンガーの学習に関する 2 番目のポイントは、彼がキャリアの中で何度も立ち返ったポイントです。 彼は、継続的な生涯学習が成功の鍵であると信じていました。

「私は、最も賢くはない、時には最も勤勉でさえない人々が出世していくのを常に見てきましたが、彼らは学習機械です」とマンガー氏は2007年の南カリフォルニア大学ロースクールの卒業式で述べた。 「彼らは毎晩、起床時よりも少しだけ賢く就寝します。特に長い距離を走る場合には、それが役に立ちます。」

「多くの人は、100 株持っているほうが、4 株や 5 株持っているよりも専門的に投資していると考えています。 私はこれを狂気だと思います。」
バフェット氏とマンガー氏はともに個別の企業に集中投資して金持ちになったが、特にマンガー氏は、さまざまな企業に賭けを広げる金融専門家を嘲笑した。 上の引用はデイリー・ジャーナル・コーポレーションの2021年の株主総会からのもので、そこで同氏は多様化の概念を嘲笑した。

「100 個見つけるよりも 5 個見つけるほうがずっと簡単だと思います」とマンガー氏は言う。 「ちなみに私はこれを手の広げ過ぎによる失敗と呼んでいます、誰かの真似です。 そして、私は2つか3つの株を所有する方がはるかに快適であり、それについて何かを知っていて、自分に利点があると思うのです。」

それでは、少数の株式を優先して S&P 500 インデックス ファンドを売却すべきでしょうか? マンガー氏でさえ、あなたが彼のように投資研究に人生を捧げるつもりがない限り、おそらくノーと言うでしょう。 バフェット氏は長年、初心者投資家にインデックスファンドの購入を勧めてきた。

しかし、マンガー氏のアプローチは、確信度の高い銘柄をいくつか購入して保有することで、ポートフォリオのリターンに驚異的な効果をもたらす可能性があるという考えを物語っています。 多様なコアを手に入れたら、ポートフォリオのごく一部 (たとえば 5%) を、長期的に信頼できる企業に捧げることを検討してください。

「EBITDAという言葉を使うプレゼンテーションは、その言葉を見るたびに『ブル—収益』というフレーズに置き換えれば理解できると思います。」
2003年のバークシャー株主総会は、マンガー氏が怪しい会計慣行、この場合はEBITDA(利払い前、税金、減価償却前利益を略した企業収益性の尺度)を批判した多くの機会のうちの1つであった。

要するに、企業は多額の負債を抱えているか、現金をほとんど生産していないという事実を曖昧にするために、複雑な収益性指標を強調することが多いとマンガー氏は感じていた。

「ビジネスには 2 種類あります。1 番目は 12% の利益をもたらしますが、年末にはそれを手放すことができます。 2番目は、従業員の利益は12%だが、余った現金はすべて再投資する必要があり、現金がなくなることは決してない」とマンガー氏は同じ会合で述べた。 「すべての投資した設備を見て『私の利益はすべてそこにある』と言う男のことを思い出します。私たちはそのようなビジネスは大嫌いです。」

マンガーやバフェットのように投資するには、企業の投資家向けプレゼンテーションにある最も派手な数字に騙されないでください。 代わりに、企業の基本を全体的に掘り下げてください。 企業や投資アドバイザーが難解な用語であなたを説得しようとすればするほど、あなたはより懐疑的になるはずです。

バフェット氏が2008年に株主に宛てた手紙の中でこう述べているように、「公式を掲げるオタクには気をつけなさい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d