強力なマネー習慣

どうしてもお金を使い過ぎていると感がる場合には、心理学者の手助けが有効かもしれません。

2023年12月19日のEntrepreneurの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

Do This Simple ‘Psychological’ Exercise to Develop Strong Money Habits in 2024, Says Financial Expert


2024年に強力なマネー習慣を身につけるために、この簡単な「心理学的」エクササイズを行え、と金融専門家が言う。

アメリカ人の大多数は給料日前の生活をしている。

重要なポイント

  • ファイナンシャル・ダイエットのチェルシー・フェイガン氏は、包括的な予算の検討と、大きな買い物におけるトレードオフの重要性を強調する。
  • フェイガンは、支出と個人の価値観を一致させるための支出追跡戦略をアドバイスしている。

2024年に人生の大きな買い物を計画しているのなら、初めての家や新車など、予算をオーバーすることなく支出できるベストな状態にあることを確認するために、家計をよく見直す時だ。

購入のプロセスはそれぞれの経済状況によって異なるだろうが、ほとんどのアメリカ人(CNBCによれば、正確には半数以上)は給料日前の生活をしており、今年人生で最も大きな買い物をするためには借金をしなければならないだろう。

Entrepreneurは、クロスプラットフォーム・メディア企業The Financial DietのCEO兼創設者であるチェルシー・フェイガンと対談し、人々がどのように重要な購買決定を下すべきかについて詳しく学んだ。

フェイガンは、自身のパーソナル・ファイナンスの旅が、このテーマの専門家になるきっかけとなった。初めてサラリーマンの仕事に就いたとき、彼女は “お金との非常にネガティブな関係 “と “台無しになったクレジットスコア “を修復することを誓った。そこで2014年、彼女はすでにライターとして持っていたプラットフォームを使い、ブログでその経験を記録し、最終的に現在の会社へと成長させた。

“私たちは皆、さまざまな大きな買い物をしなければならないが、それらはすべて同じようにはできていない”

フェイガンによれば、大きな買い物を検討する際には、いくつかの重要なステップがあるという。まず、その投資の長期的な価値を知ることだ。「私たちは皆、さまざまな大きな買い物をしなければならないが、それらはすべて同じではない」とフェイガンは言う。例えば、住宅は価値が上がる可能性が高いが、車はそうではない。

しかし、予算にどの程度の柔軟性を求めるか、特に物価の高い地域では、その購入が今後どのような影響を与えるかも考慮しなければならない。

「多くの人は、毎月の大きな出費を予算全体の中で考えることはしません。「毎月の大きな出費を、予算全体の中で考えていない人が多いのです。しかし、最初の大きな買い物にかかる100円やその他の金額が、残りの支出に大きな影響を与えるということを覚えておくことは非常に重要です” とフェイガンは説明する。

Kelley Blue Book My Walletのような、100%の支出をマッピングしてくれる予算管理アプリを使うことは、大局的な予算を念頭に置き、軌道を維持するための素晴らしい方法です。

“すべての購買決定はトレードオフである”。

さらにフェイガンは、”すべての購入決定はトレードオフである “と指摘する。少し安価な住宅は、職場から遠くなる可能性があり、通勤時間が長くなり、ガソリン代がかさむ。

教育もまた、2024年に大きな買い物をする可能性があるものだが、フェイガンは若い人たちに、その潜在的なリターンを十分に分析せずにプログラムに投資することを戒める。

「若い人たちは、他の投資と同じように学位の価値を解釈するように教えられていないと思います」とフェイガン氏は言う。「例えば、家を買うとしたら、どの地域なのか?過去のトレンドは?金利は?今後5年、10年、15年でどれくらいのエクイティが得られるのか?しかし通常、これらの決定を下すのはティーンエイジャーであるため、教育に関して同じような分析をする人は通常いない。”

“私たちの支出には、無頓着な消費主義が入り込んでいる”

フェイガンと彼女のチームは、借金がなくなるまで何にも使うべきではないという信念には賛同しないが、どんな買い物も、大小にかかわらず、自分の価値観に明確に沿うものであるべきだと強調する。

そして、簡単なエクササイズがそれを達成するのに役立つ: 過去3ヶ月のクレジットカードや銀行口座の利用明細にある支出をすべて調べ、記憶にない買い物をハイライトするのだ。

「特に、ライドシェア、フードデリバリー、飲みに行くこと、ファストファッションの買い物、休日に適当なものを買うことなどがそうです」とフェイガンは言う。「私たちの支出には、気づかないうちに無頓着な消費主義が入り込んでいる。自分にとって実際に価値のある買い物や消費習慣と、覚えてもいない消費習慣を考えると、自分の買い物を見て、65ドルも使ったのに、文字通り覚えていない、と言うのは、いつも大きな警鐘となる」。

この活動は、長期的に健全な金銭習慣の土台を築くのに役立つ一種の「心理的練習」であり、2024年、そしてその先ずっと経済的に成功するための準備になる、とフェイガンは言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d