2024年のお金のことをチェックしましょう

新年を迎えるに当たって、他のいろいろなことを考えなければなりませんが、新NISAが始まるので、お金のことは例年よりも大切です。

2023年12月28日のCNBC makeitの記事を読んで参考にしてみましょう。

Reset your finances for 2024 in one afternoon with this 5-step money checklist


5ステップのマネー・チェックリストで、2024年の財政を午後にリセットしよう

年末年始の休暇中に時間がある人は、新年を迎える準備をするために財務衛生日を設けてみてはどうだろう。

個人的には、プレゼントや旅行で予算を使い果たした可能性が高いので、毎年クリスマスの頃に財政を見直します。1年で最も休息が多い時期でもあるので、ソファでくつろぎながらお金の動きをチェックできる午後を見つけるのは簡単だ。

以下は、ファイナンシャル・プランナーがよく勧めるチェックリストだ。

1. 予算を見直し、無駄な出費を省く

予算を立てたことがなくても心配はいらない。最も基本的な形として、予算は単に毎月の収入と支出のリストを書いたものです。

デビットカードやクレジットカードの明細を参考に、支出は、住居費、交通費、食料品などの必要な支出か、娯楽費やレストランでの食事などの裁量的な支出に分類します。

理想的には、毎月の収入が毎月の支出を上回り、貯蓄や投資のための余力が残っていることです(多くの人が50/30/20予算を使っています。) そうでない場合は、予算のバランスが取れるまで、裁量的支出を減らしたほうがよいでしょう。

(注)「NEEDS」50%、「WANTS」30%、「SAVINGS」20%と振り分けるだけなシンプルな方法。

私はいつも、アプリやストリーミング・サービスの未使用の契約や、忘れてしまった契約が年末までに山積みになっているようだ。その場合は、それらのサービスを解約して、予算の別のところにお金を使う。

昨年はこの方法で、解約したサブスクリプションだけで毎月200ドル強を節約した。

2. 退職後の貯蓄目標を確認する

退職金の拠出が順調に進んでいるかどうかを確認するには、まず、既存の貯蓄口座と投資口座の残高をすべて集計することから始める。次に、その数字をこのCNBC Make It退職金計算機に入力すると、退職金目標を達成するために毎月いくら貯める必要があるかがわかります。

目標に遅れている場合は、拠出額を増やすか、退職をもっと遅い年齢まで延期する必要があるかもしれない。

また、退職貯蓄が遅れていて余剰資金があまりない場合でも、後で拠出額を増やして差額を補うことができます。特に若年層はキャリアの初期に収入が減る傾向があるため、この傾向が強い。

しかし、401(k)やインデックス・ファンドのような投資口座にお金を入れるのは早ければ早いほどよい。こうした投資は、時間の経過とともに複利で増えていくからだ。

早めに拠出することで、資金が増えるまでの時間が長くなる。

3. 緊急時の資金を増やす

予期せぬ出費をカバーするため、ファイナンシャル・プランナーは一般的に、出費の3~6カ月分の緊急資金を推奨しているが、1,000ドルを積み立てるのも立派な目標だ。2024年の不測の事態に備えるため、特にまだ緊急資金を持っていない場合は、毎月の積み立てを始めよう。

Bankrateによると、クレジットカードには現在平均20.74%の高金利が設定されている。

すでに緊急貯蓄よりもクレジットカードの借金の方が多い場合、多くのファイナンシャル・プランナーはまず借金を返済することを勧めている。

非常用資金を高金利の普通預金口座にためることも検討しよう。そうすれば、利息で残高が増え、必要なときに迅速に引き出すことができる。

緊急資金を積み立てておけば、2024年には、車の修理や医療費など、予期せぬ出費に対応できるはずだ。

4. 信用報告書をチェックする

少なくとも年に一度は信用報告書を確認することが大切です。信用報告書に記載されているデータは、あなたのクレジット・スコアに影響するからです。クレジット・スコアは、ローンやクレジットカード、自動車ローンの金利にかかる金額を決定する: スコアが高ければ高いほど、支払う利息は少なくなる。

クレジット・スコアには多くの種類があるが、最も一般的に使用されるものは、3大信用情報機関のいずれかの信用報告書から得られるものである: Equifax、TransUnion、Experianです。信用報告書には、ローンの支払い履歴、信用照会、債権回収会社に送られた借金の有無など、詳細な情報が記載されている。

残念なことに、信用報告書には、ローン口座の重複記載や、期限内の支払いが遅延と誤って表示されるなど、信用スコアを低下させる誤りが含まれていることが多い。もう一つの問題は、詐欺師が盗んだ個人情報を使って詐欺的な融資を行うことがよくあるため、個人情報の盗難が一般的であることだ。

そのため、少なくとも年に一度は各信用情報機関の信用履歴レポートをチェックすることをお勧めする。そのためには、AnnualCreditReport.comにアクセスし、”request your free credit reports “を選択する。レポートをダウンロードするか、郵送してもらうかを選ぶことができる。

各レポートには、エラーに異議を唱える方法についての詳細が記載されている。

5. パスワードを変更する

サイバーセキュリティの専門家の中には、数ヶ月ごとにパスワードを変更することを勧める人もいれば、強力なパスワードならそれほど頻繁に変更する必要はないと言う人もいる。暗号化されたパスワード・マネージャーを使う方が一般的に推奨されている。

私は、少なくとも年に1回は金融口座のパスワードを変更するようにしている。また、グーグル・パスワード・マネージャーの “パスワード・チェックアップ “機能を定期的に使って、漏洩したパスワードを特定し、必要に応じて変更している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d