20代の頃の後悔

最近私が知り合った84歳の人は、ニューヨーク市ブルックリン出身ですが、今はフロリダ州フォート・ローダーデールに住んでいます。なぜ、移住したかを聞いたら、「暖かいから」と言っていました。

今日の記事の女性も暖かいメキシコに移住しました。

2023年11月30日のCNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

67-year-old who left the U.S. for Mexico: I’m happily retired—but I ‘really regret’ doing these 3 things in my 20s


米国からメキシコに渡った67歳: 幸せなリタイア生活だが、20代にこの3つのことをしたことを「本当に後悔」している。

退職して5年になるが、他の退職者と同様、考える時間がたくさんあった。カリフォルニアの喧騒を離れ、メキシコのマサトランという落ち着いた環境とライフスタイルに移ったことも、何が大切かを考える機会を与えてくれた。

67歳になった今、今知っていることを知れば、もっと違うことをしていたのではないかとよく考える。このような反省は後悔を呼び起こすこともあるが、今の人生に活かせる貴重な洞察も生む。

知恵は年齢と経験とともに得られるものだと私は信じている。私は幸せなことに引退しているが、20代の頃にしたことを本当に後悔している3つのことと、より前向きな考え方で成長するための最善のアドバイスを紹介しよう:

1. 将来のことを十分に考えなかった

私は若い頃、自分の財政について考えたことがなかった。イタリア移民の父は、私に家計を切り盛りすることを期待していた。それだけだった。

結婚して子供を持つことは、女性がすることだった。お金を稼ぐことも、貯蓄することも、投資することも、誰も教えてくれなかった。とはいえ、両親を責めるつもりはない。

しかし、もしキャリアパスを決めてそれに従っていたら、今の私の人生はどうなっていただろう?あるいは40年前に貯蓄や投資をしようと考えていただろうか?快適な老後を送るために120万ドルが必要だとは思わないが、ある時点で1,000ドルだけでも投資していたら、あるいは30年間、毎月50ドルでも貯金していたら、どんなにいい気分だろうと想像する。

何百万ドルとはいかないだろうが、何かしらにはなるだろう。

2. 常にその場にいない

シングルマザーである私は、自分自身を少し甘やかすことができるが、3人の子供たちが成長する過程でもっと充実した時間を過ごせなかったことを後悔している。

食事、掃除、衣服、注意など、多くの体のメンテナンスに圧倒されることもしばしばだった。やらなければならない仕事としてではなく、人としての彼らにもっと集中できたのではないかと思う。

生活費を稼ぐために複数の仕事をこなしたが、疲れ果て、散漫になり、いつも最高の仲間とは言えなかった。

今になって思うのは、日々の苦労の原動力になっていたのは幻想だったということだ。私たちには屋根があり、食卓には食べ物があり、愛にあふれたコミュニティがあり、必要なものは十分にあった。ほとんどの場合、私たちは幸せだったし、私の子供たちは素晴らしい人間に成長した。

ここから得られるのは、シンプルで幸せな生活を送ることが、子供たちにできる最高の手本だということだ。

3. 自分の生来のスキルや情熱が、満足のいく成功したキャリアにつながると信じていなかったこと。

35年前、「好きなことをすればお金は後からついてくる」というアドバイスは一般的ではなかった。高校のカウンセラーから何らかの指示を受けたり、親の進路に従うこともあっただろう。多くの女性は、ただ結婚するだけだった。

しばらくの間、私はそのどちらもしなかった。生計を立てるための正当な方法ではないと思っていたからだ。

35歳のとき、私はコミュニティ・カレッジのクラスをいくつか取り、すぐに日刊紙でインターンとして雇われ、そこで成功を収めた。好きなことをして認められれば、もう後には戻れない。情熱を貫くのに遅すぎるということはない。

私は、子供たちにも夢を追う自由があるように最善を尽くした。私たち一人ひとりの才能はとても特別で価値があり、それを世界中の人々と分かち合うことで、誰もが恩恵を受けることができるのです。


この人は、今年3月にも記事になっています。

2023年3月30日のCNBC makeitの記事です。以下は拙訳です。

A 67-year-old American shares what retirement is ‘really’ like—with ‘no work and all that free time’


67歳の米国人が語る、「仕事もなく、自由な時間ばかり」の退職後の「本当の姿」とは?

2006年、私は荷物をまとめてカリフォルニア州サンタクルーズからメキシコのマサトランに引っ越した。この街の美しさと熱帯の気候、シンプルなライフスタイル、そして本当の冒険をするチャンスに惹かれたのだ。

フリーライターとしてのキャリアを続け、2018年に引退を決意する前には自分の雑誌まで創刊した。そこですべてが変わった。

理屈の上では、引退–仕事もなく、自由な時間ばかり–は夢のように聞こえる。締め切りがない?月420ドルの賃貸アパートでビーチの近くに住む?そうだ。

しかし、最初はまったく順調な旅ではなかった。

リタイアの初期とはどんなものなのか

仕事をやめてから、友人たちとの輪や長年築いてきたコミュニティが縮小していくように思えた。自分が何者なのか、何を望んでいるのかがわからなくなった。私は “新しい人生 “を望んでいると思っていた。しかし、その基盤がなければ、私はフラフラしていた。

私は少し年上の親友に手を差し伸べ、自分が迷っていることを告げた。

「今までのあなたには、残りの人生をどう過ごしたいかを真剣に考える時間がなかった。忙しすぎたのよ。”今、特に何をする必要もないのだから、何をしても意味がないのかもしれない “と感じるのは至極当然のこと。」

彼女の名言は私の心に響き、少しずつ前向きな考え方を取り入れることができた: 人生のこの時期には、好きなことをしてもいいのだ。それが喜びやくつろぎや満足感をもたらしてくれるのなら、なおさらである。

人生を変える新たな視点

行き詰まりを感じてから5年が経ち、今の私はずっと幸せな状態にある。

私はまだ毎日朝6時に起きている。でもオフィスに行く代わりに、サーフィンに行ったり、友人と朝食をとったり、早足で散歩したりしている。毎日、瞑想とヨガの練習もしている。

それ以外は庭でゴロゴロしている。執筆も少しする。たまに、自分のアパートで小さな集まりを持つこともある。自分のシンプルな日課が、どれほど深い満足感と安らぎを与えてくれるのか、どれほど猫たちを大切にしているのか、ちょっと恥ずかしくなる。

年上の友人たちは、日中座って本を読むことについて話してくれたものだが、私には想像もできなかった。今はそれが大きな喜びだ。ランチを食べながら本を開き、その気になれば自由に読み続けることができる。

研究によれば、人生に満足感を得るためには有意義な目的が必要だが、仕事がなければ多くの退職者はそれを見つけるのに苦労する。

私は幸運なことに、今でもフリーランスの仕事を少し続けている。しかしそれ以上に、私の引退後の人生に生きがいを与えているのは、私の行動すべてを彩る穏やかさと(あえて言うなら)知恵である。

残された時間を最大限に活用したい。私は何によって記憶されるだろうか?慈善事業に何百万ドルも寄付することはできないかもしれないが、愛と幸福を広めることはできる。ビーチを歩く仲間に微笑みかけるだけでも、私にとっては価値のある交流なのだ。

引退後の幸せの見つけ方

引退は終着点ではない。大きな転換期であり、変化は難しい。

人生のこの部分は孤独になりがちだ。振り返り、何が重要かを見直す時間はたくさんある。残された年月で何をしたいかを考えるのは、必ずしも楽しいことではない。

しかし、私の後悔(イタリアに行けるのか、竹馬で歩けるようになるのか)は、子供や孫の誕生、これまでサーフィンをしたすべての波、そしてついに完璧なパブロバを作ることなど、喜びのマイルストーンと釣り合っている。

幸せな老後を送るための最良のアドバイスは、今、この瞬間にいることだとわかった。外部からの期待やスケジュールがなく、自分の時間が完全に確保された今、ようやく自分がいつも望んでいた人生の新しいバージョンを創造しようとすることができるのだ。

I’ve found that the best advice for a happy retirement is to be present and in the moment. Without outside expectations and schedules, with your time finally fully your own, at last you can try to create a new version of the life you always wanted.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d