世界のETF1

◎今日のテーマ:世界のETF

金融庁がつみたてNISAの説明会で、「つみたてNISAの対象とする株式指数と連動ETF」を配布しました。そこに記載されていたETFを種類ごとに検討します。

つみたてNISAの対象とする株式指数と連動ETFの例 ティッカーコード
全世界MSCI ACWI Index ACWI
全世界 FTSE Global All Cap Index VT
全世界FTSE Developed Index VEA
先進国FTSE Developed All Cap Index VE
先進国S&P500 SPY
先進国S&P500 IVV
先進国S&P500  VOO
先進国CRSP U.S. Total Market Index VTI
先進国MSCI World Index URTH
先進国MSCI World IMI Index ACIM
新興国MSCI Emerging Markets Index EEM
新興国FTSE Emerging Index VWO
新興国FTSE RAFI Emerging Index PXH

◎今日のグラフ:全世界株式のETF

全世界株式は2銘柄あります。

ETF                ティッカーコード

  • 全世界MSCI ACWI Index       ACWI
  • 全世界 FTSE Global All Cap Index   VT

私の基準は、1兆円以上、低コスト

純資産総額は2銘柄とも100億ドル程度ですから、1兆円を上回るレベルです。私は海外のETFを購入するときには、純資産総額が1兆円以上で、信託報酬の安いものという基準を設定していますので、両銘柄とも、その基準をクリアーしています。

 バンガード社の商品は低コスト

運用管理費用(信託報酬)には大きな差があります。ACWIはブラックロック社のiシェアーズで、VTはバンガード社の商品です。バンガード社は、低コストを実現していることで有名です。バンガード社の商品は、最初に「V」が付きます。

VTは小型株を含む

ACWIは、先進国および新興国の大型および中型株式で構成される指数に連動しています。VTは、 米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場の、大型、中型、小型株の指数に連動しています。ベンチマークは、MSCI ACWI Indexです。設定日は、2008年3月26日です。

MSCI、FTSEの略

「MSCI」は、「モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル」の頭文字です。「 FTSE Global All Cap Index」は、FTSE社が開発した指数で、FTSEはFinancial TimesとLondon Stock Exchangeの共同出資によって設立されたので、その略です。設定日は、2008年6月24日です。

純資産総額に、あまり差がない

この2銘柄は、管理費用(信託報酬)に大差がついているのに、純資産総額はあまり差がありません。

楽天はVTをインデックスファンド化

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは、VTをマザーファンドとして運用しています。

全世界のリターンは10%前後

1年、3年、5年のリターンは10%前後ですが、2015年~2016年のチャイナショックが起こったため、その影響で多少変動していますが、全世界のリターンは、10%前後で推移しているようです。

著名経済評論家はVTを保有

私はどちらの銘柄も保有していませんが、ある著名経済評論家は、個人の資産としてVTを600万円保有していると言っていました。

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です