DCの評価額推移2019年5月

◎今日のテーマ:DCの評価額推移2019年5月

年金は年齢とともに

今から30年以上前、私は職場の上司から、「若いうちから年金のことなんか気にするな。」と言われました。実際にあまり心配せずに過ごしてきたような気がしますし、50歳ころに、勤めていた会社にDB(確定給付年金)とDC(確定拠出年金)が導入されたときにも、「なんとか暮らしていけるだろう」くらいの気持ちでいました。それでも50歳から、財形年金を積み立てました。その後、DCにおける商品は、ネット証券を中心に運用管理費用(信託報酬)がかなり安くなってきました。

DCをみずほ銀行から野村證券に移管

私は昨年の初めまで、みずほ銀行でDCを運用していたのですが、信託報酬(0.5%以上)が高いので移管しようと思い、野村證券とSBI証券に絞って、比較検討しました。外国株式インデックスファンドの信託報酬は両方とも当時0.22%でしたが、SBI証券は紙の報告書を送ってくれないということなので、野村證券を選択して、みずほ銀行から移管しました。なお、信託報酬は6月18日から0.14% に引き下がります。更に、野村アセットマネジメント株式会社は、確定拠出年金向けファンドのうち、国内債券、外国債券、国内株式等についても、信託報酬率を引き下げます。

純資産額、収益率、リスク

野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAIの主な投資対象は、「外国株式MSCI-KOKUSAIマザーファンド」受益証券を主要投資対象とし、ベンチマークはMSCI-KOKUSAI指数です。純資産総額 は536.2億円ですから、比較的大きなファンドです。

過去の収益率とリスクは以下の通りです。

収益率 リスク
1年間 9.21% 18.32%
3年間 11.86% 14.96%
5年間 9.20% 16.08%
10年間 13.58% 17.84%

国別のウエイトは次の通りです。アメリカが全体の3分の2を占めています。

ファンドのウエイト
アメリカ 65.80%
イギリス 6.23%
フランス 3.99%
カナダ 3.79%
スイス 3.57%

株式組入上位10銘柄は次の通りです。上位9位までがアメリカ、10位にようやくスイスが入りました。

銘柄名 ファンドのウエイト
APPLE INC 2.56% アメリカ
MICROSOFT CORP 2.48% アメリカ
AMAZON.COM INC 2.08% アメリカ
FACEBOOK INC-A 1.22% アメリカ
ALPHABET INC-CL C 1.04% アメリカ
ALPAHBET INC-CL A 1.00% アメリカ
JPMORGAN CHASE & CO 0.99% アメリカ
JOHNSON & HOHNSON 0.98% アメリカ
EXXON MOBIL CORP 0.91% アメリカ
NESTEL SA-REG 0.77% スイス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です