VWO分配金2019年10月支払のお知らせ

野村證券から外国証券分配金支払いのお知らせが届きました。

バンガードFTSEエマージングETF(ティッカーコードはVWO)

  • FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。
  •  インデックス・サンプリング法を用いたパッシブ運用です。

年間の合計分配率は2.71%

日本のETFの分配金支払は年間1回ですが、外国は4回です。VWOの場合は、10月が最も多く1.28%で、最近1年間の合計分配率は2.71%です。日本の代表的なETFである1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)やアメリカのSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)は約2%ですから、それらより高めです。

支払日 分配率
2019/10/2 1.28%
2019/6/25 0.69%
2019/4/2 0.20%
2019/1/8 0.64%
2018/10/4 1.17%
2018/7/2 0.68%
2018/4/3 0.22%

最近10年間はほぼ横ばい

VWOの設定日は2005年3月4日ですから、14年半の歴史があります。2005年の価格は20ドル台で現在は40.46ドルですが、2007年からの12年間はおおざっぱに言ってほぼ横ばいです。VWOは新興国の株式で、新興国は経済成長が著しいですから、ETFも価格上昇しているのではないかという期待を抱きがちですが、実際には違います。

アメリカが先進国の中で圧倒的成長

それに比べてVOO(アメリカバンガード社のS&P500のETF)は順調に成長しています。新興国よりもアメリカの方が過去においては順調でした。

VOOを買いたくなる

期間ごとのトータルリターンは次の表の通りです。VWOが常に10%未満で、VOOは10%以上です。この実績を見ると、VWOよりVOOを買いたくなります。

2019年6月30日までのトータルリターン VWO VOO
1年間 3.27% 10.48%
3年間 9.28% 14.15%
5年間 2.28% 10.67%
10年間 5.56% (9年)14.23%

VWOのETF純資産総額は、 638億米ドルですから6兆円以上です。

経費率は、 0.12%です。

新興国なので経費が高めです。

国・地域別シェアは以下の通りです。中国が全体の3分の1以上です。インドはまだ1割強ですが、将来中国を抜くのでしょう。

市場別保有配分 上位10市場 (%)
中国 34.4%
台湾 13.4%
インド 11.2%
ブラジル 8.5%
南アフリカ 6.6%
ロシア 4.2%
タイ 4.0%
マレーシア 2.9%
メキシコ 2.9%
インドネシア 2.3%

 

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です