SPY、IVV、VOO、VTI、QQQ、VTのコロナショック下落率2020年3月

ETFの銘柄による下落率の違い

アメリカの主要なETFは今回のコロナショックでどのくらい下がったのでしょうか。S&P500とナスダックの下落率に大きな差があったのでしょうか。それを確認したいともいます。

上位5銘柄とVT

アメリカのETFの純資産総額上位5銘柄は、SPY、 IVV、 VOO、 VTI、 QQQで、それ以外に日本で人気のあるVTを比較します。この6銘柄の特徴は以下の通りです。

  • S&P500:SPY、 IVV、 VOO
  • 米国株式市場のほぼ100%:VTI
  • ナスダック100:QQQ
  • 米国を含む先進国と新興国:VT

結論から言うと、今のところ下落率に大きな差がないと言うことができます。

2020/3/27 SPY IVV VOO VTI QQQ VT
時価総額(億ドル) 2,364 1,586 1,117 1,039 1,039 112
52週高値(ドル) 339.08 340.63 311.59 172.56 172.56 83.23
52週安値(ドル) 218.26 220.28 200.55 109.49 109.49 53.70
最大下落率 64.4% 64.7% 64.4% 63.5% 63.5% 64.5%
2020/3/27(ドル) 253.42 254.24 232.86 126.93 126.93 61.77
最終下落率 74.7% 74.6% 74.7% 73.6% 73.6% 74.2%

6銘柄の特徴について確認します。

◎ SPY US · 1557 JP SPDR® S&P 500® ETF 

運用方針

S&P 500 指数の価格と利回りに、経費控除前で連動する投資成果を上げることを目標とします。

  • ベンチマーク  : S&P 500 指数
  • 総経費率  : 0.0945%
  • 当初設定日  : 1993年01月22日

◎ IVV iシェアーズ・コア S&P 500 ETF

ファンド概要

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF は、米国の大型株で構成される指数と同等の投資成果をあげることを目指しています。

  • 設定日 2000年5月15日
  • 経費率: 0.04%

◎ VOOバンガード・S&P500 ETF

ファンドの概要

  • 設定日 : 2010/09/07
  • 経費率(年率) : 0.030 %

投資アプローチ

  • S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指します。
  • 大型株を投資対象とします。
  • 完全法を用いたパッシブ運用です。
  • ファンドはフルインベストメントを維持します。
  • 低経費によってトラッキングエラーを最小限に抑えます。

ベンチマークについて

米国の主要業種を代表する大企業500銘柄で構成される、S&P500指数に連動したパフォーマンスを目指します。

◎ VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

ファンドの概要

  • 設定日  : 2001/05/24
  • 経費率(年率) :0.030 %

投資アプローチ

  • CRSP USトータル・マーケット・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。
  • グロースおよびバリュースタイルに分散した大型株、中型株および小型株へのエクスポージャーを提供します。
  • インデックス・サンプリング法を用いたパッシブ運用です。
  • ファンドはフルインベストメントを維持します。
  • 低経費によってトラッキングエラーを最小限に抑えます。

ベンチマークについて

米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーする、CRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。

◎ QQQ

企業概要

インベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)は、米国籍のETF( 上場投資信託)です。ナスダックに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含 むナスダック100指数に連動した投資成果を目指す。指数はコンピューターハードウエア ・ソフトウエア、通信、小売り・卸売り、貿易、バイオテクノロジーなどの主要業界の企業を反映しています。

  • 設定日 03/10/1999
  • 経費率 0.20%

◎ VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF

投資アプローチ

  • FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。
  • インデックス・サンプリング法を用いたパッシブ運用です。
  • ファンドはフルインベストメントを維持します。
  • 米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場への幅広いエクスポージャーを提供します。
  • 低経費によってトラッキングエラーを最小限に抑えます。

ベンチマークについて

米国を含む先進国および新興国約47ヵ国の大型・中型・小型株約8,000銘柄で構成される、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。

ファンドの概要

  • 設定日 : 2008/06/24
  • ETF純資産総額 : $ 12.50 B
  • 経費率(年率) 0.080 % ⇒ バンガード社はどんどんコストを削減しています。

◎QQQとVTの上位銘柄比較

上記6銘柄の中で、最も構成銘柄に違いがあるのがナスダックのQQQと全世界のVTだと思われるので、その上位10銘柄を比較した表を示します。

GAFA・マイクロソフトが両銘柄とも上位を占めていますが、割合は大きく異なっています。共通の銘柄は赤字にしました

VTの上位銘柄 ファンドの割合(%) QQQの上位銘柄 ファンドの割合(%)

アップル

2.27

マイクロソフト

11.65

マイクロソフト

2.07

アップル

11.23

アマゾン・ドット・コム

1.33

アマゾン・ドット・コム

9.61

フェイスブック

0.85

アルファベット

3.89

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

0.75

アルファベット

3.89

アルファベット

0.72

フェイスブック

3.85

アルファベット

0.68

インテル

2.97

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)

0.67

ペプシコ

2.19

アリババ・グループ・ホールディング

0.64

シスコシステムズ

2.14

バークシャー・ハサウェイ

0.57

コムキャスト

2.04
カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です