コロナの感染者数と死亡者数、戦争、インフルエンザなどとの比較

死者と経済

新型コロナウイルスの感染者数が世界約1000万人、日本2万人、死亡者数が世界約50万人、日本1000人に達しました。一方で、株価はかなり高いところまで戻って来ています。死ぬ人が増えても、経済にはあまり影響がないのでしょうか。

死と社会経済活動

還暦を過ぎて、様々な人の死に出会ってくると、死と経済・社会を考えることがあります。家族の死に直面し、数か月後には死を覚悟しながら生活し、街中を歩いていると、町の人たちは、何事もないように元気に暮らしていて、自分の気持ちとのギャップに驚くことがあります。逆に、自分の気持ちが晴れやかだったり、うれしい時も有りますが、その時に、すれ違う人の一部は悲しい思いをしているのだろうと思います。

今まで様々な出来事で亡くなった方はいます。感染病、戦争などで死んだ人はどれくらいいるのでしょうか。

◎ インフルエンザ

例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。

超過死亡概念によれば年間死亡者数は日本で約1万人

また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。

インフルエンザには、慣れてしまって、あまり騒がなくなっています。

◎スペイン風邪

第一次世界大戦中の1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック(スペインかぜ)は、被害の大きさできわだっています。世界の患者数は世界人口の25-30%、約5億人で、致死率は2.5%以上、死亡者数は全世界で4,000万人ともいわれています。日本の内務省統計では日本で約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されています。

◎東日本大震災

死者15,894人、行方不明者2,562人

◎阪神淡路大震災

関連死を含めた死者が6434人、住宅被害が約64万棟の大震災

◎交通事故

2019年の交通事故死は3215人でした。

昭和30年代(1955年 – 1964年)以降、交通事故死者数の水準が日清戦争での日本側の戦死者数(2年間で1万7282人)を上回る勢いで増加したため、この状態を「戦争状態」であるとして、交通戦争とよばれました

日本における交通事故での死者数は、1970年(昭和45年)にピークに達すし、その後減少しましたが、1980年(昭和55年)より再び増加に転じ、1988年(昭和63年)には1万人を超え、第二次交通戦争とも呼ばれました。

◎第1次世界大戦

世界全体の死者数は約850万人でした。連合国側、同盟国側の主要国の死者数は以下の通りです。

連合国側 死者数(単位:万人)
ロシア 170
フランス 140
イギリス 90
イタリア 70
アメリカ 10
ルーマニア 30
日本

0.03

同盟国側
ドイツ 180
オーストリア・ハンガリー 120
トルコ 30

◎第2次世界大戦

全世界の死者数は5000万人以上とされています。日本の死者は、兵士230万人、市民80万人、全体で300万人以上です。ドイツは約700万人、ソ連は2000万人です。兵士は男ですから、男がそれだけ減ると、結婚できない女性も同じ数だけいたということです。その女性たちがニュースになることは、あまり多くありませんでした。昭和22年から昭和24年にかけてベビーブームがあり、その後の日本経済の成長に貢献しましたが、その陰で結婚できない女性、夫を失った子供たちも、200万人いました。昭和38年に梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」が大ヒットしましたが、結婚や子供に恵まれなかった人たちにとっては、残酷な歌だったのでしょう。

枢軸国側 兵士の死者数(単位:万人) 市民の死者数 合計
日本 230 80 310
ドイツ 420 270 690
オーストリア 30 90 120
イタリア 30 10 40
連合国側
ソ連 1360 700 2060
中国 350 970 1320
ポーランド 10 590 600
ユーゴスラビア 50 120 170
フランス 20 60 60
イギリス 10 30 40
アメリカ 30 30
アジア・太平洋
朝鮮 20
フィリピン 110
ベトナム 200
ビルマ 20
インドネシア 400
インド 150

南北戦争

1861年から1865年にかけて、アメリカ合衆国の北部諸州とアメリカ連合国を称した南部諸州との間で行われた内戦です。奴隷制存続を主張する11州のアメリカ合衆国南部諸州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となりました。戦死者は両軍で50万人と言われています。第1次世界大戦の10万人、第2次世界大戦の30万人よりも多くなっています。

ペスト

ペストは、ペスト菌(Yersinia pestis)による感染症です。 歴史上何度も大規模な流行の波が人類を襲っています。 14世紀のヨーロッパの流行では、人口の3分の1以上がペストによって失われ、皮膚が黒くなる特徴的な症状から「黒死病(Black Death)」と恐れられました。

日清戦争

死者数は、日本1万 4000 、清  3 万 5000 人です。

日露戦争

死者数は、日本11 万 6000 、ロシア帝国  4 万3000 人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です