日本ETF保有者割合:ETFによる運用のハードル④証券コードとティッカーコード⑤1306、SPYの金融庁における扱い等。

◎今日のグラフ:日本ETF保有者割合

日本のETFの保有者の6割が日銀

日本のETFの保有者のうち、61%を占めるのが信託銀行です。東京証券取引所によると、信託銀行の背後には日本銀行がいると言われています。日本銀行は国内上場ETFの最大の保有者でもあります。個人投資家の保有割合はわずかに7%となっているのが実情です。アメリカのETF保有者と対比すると異常な感じがします。

 

◎今日のテーマ1:ETFによる運用のハードル④証券コードとティッカーコード

証券コード

株式の売買をする人ならご存知でしょうが、日本の場合は株式の売買に当たって、間違いの無いように証券コードを使います。証券コード1306は、野村アセットマネジメント株式会社のTOPIX連動型上場投資信託というETFのことです。私は日本のリスク性資産である株式やETFとして持っているのは、この1商品だけです。それでも、この1商品で、東京証券取引所第一部に上場している銘柄を加重平均しているので、日本の資産分散という意味では十分です。

ティッカーコード

一方、ティッカーコードは、ニューヨーク証券取引所等における日本の証券コードと同等のものです。私の場合、SPY(アメリカSPDRのS&P 500の ETF)などを保有しています。

1306、SPY、VGK、VWO、ASX200、VOO

私の保有する金融資産のうち、3分の1が1306、次の3分の1がSPY、最後の3分の1がVGK(バンガード®・FTSE・ヨーロッパETF)、VWO(バンガード®・FTSE・エマージング・マーケッツETF)、ASX 200(オーストラリア証券取引所における株価指数)、VOO(アメリカ・バンガード社のS&P 500の ETF)です。私は、これら6つのETF以外の株式、ETFは所有していません。この6銘柄を地域で言うと、日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、という先進国と中国、インド、東南アジアなどの新興国分散された株式から構成されるETFと言ったところです。今後とも、この5つのETFに絞って資産運用していくつもりです。

つみたてNISAは「野村つみたて外国株投信」

なお、つみたてNISAについては2018年1月から「野村つみたて外国株投信」を始めました。この投信は、ETFのように証券取引所に上場されていませんので、証券コードやティッカーコードはついていません。2017年までは、1306をNISAで運用していたのですが、その理由はNISAでは外貨ETFを運用できなかったからです。日本株式のウエイトを下げたいと思っていますので、2018年以降は外国のインデックスファンドをつみたてNISAで運用していく予定です。

◎今日のテーマ2:⑤1306、SPYの金融庁における扱い等。

1306、SPYの金融庁評価

1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)とSPY(アメリカSPDRのS&P 500の ETF)は、日本及びアメリカにおいて最大のETFですが、この2銘柄に関して、日本の金融庁はどのように評価しているのでしょうか。金融庁が提示されたとされる資料の中に、つみたてNISAの対象とする株式指数として、日本を対象地域とした場合、TOPIXを挙げ、それに連動するETFの例として1306を示しています。また先進国を対象地域とした場合、指数としてはS&P500、それに連動するETFの例としてSPYを示しています。従って、両銘柄は、日本及び先進国において代表的なETFと位置付けられています。両銘柄は、日米において、最も早く発売されたETFであるとともに、純資産額もそれぞれの国で最大です。残念ながら、信託報酬は最安ではありませんが、それでも純資産額が最大であるということは、投資家から信頼されていることの証にもなっていると思われます。これらのことを総合的に判断して、私と、連れ合いは、この2銘柄を中心に資産運用しているのです。

NHKニュースでも相場が把握できます

NHKなどの毎時のニュースにおいて、1306の相場はTOPIXの指数が放送されますし、SPYの相場は、ダウ平均とナスダックが放送されればその中間あたりの相場として類推できます。この観点からの身近な安心感があります。

1306の主要データ 2017年12月29日

(追加型投信/国内/株式/ETF/インデックス型)

証券コード 東証:1306
上場日 2001年7月13日
純資産総額 68,612億円
組み入れ銘柄数 2,034銘柄
基準価額(100口当たり) 187,150円
信託報酬率 税抜年0.11%
分配頻度 年1回7月
2017年7月の分配金利回り 1.58%

SPDR®S&P500®ETFの主要データ(2017年12月末時点)

銘柄コード 東証:1557/NY証取:SPY
ファンド籍/基準通貨 米国/米ドル
米国での上場日 1993年1月29日(アメリカン証券取引所)
連動対象指数 S&P500®指数
純資産総額 約2,775億米ドル
米国での1日当たり平均売買金額(直近3カ月間) 約182億米ドル
組み入れ株式銘柄数 505銘柄
1口当たり基準価額 266.55米ドル
運用にかかる経費率 年率0.0945%
分配頻度 原則として四半期毎
直近1年間の分配金利回り 1.80%

 

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です