SPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)の現状と分配金 2021年11月

分配金

SPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)分配金支払いのお知らせが野村證券から届きました。今回は約23万円です。

年間分配率は1.35%

アメリカのETF分配金は四半期ごとに年間4回支払われ、今回は0.31%、最近1年間では1.35%でした。新型コロナウイルスが蔓延する前の2019年1年間では1.90でしたが、この2%弱というレベルがSPYの返金的な年間分配率です。それでは、現在は分配率が落ちたのかというと、そうではありません。株価が急騰して分配率がそれに追いついていないのです。1年前の株価が376ドルで、現在は460ドルですから、84ドル、22%上昇しました。分配率の分母である株価がこれだけ上昇すると、分配金が多少上がって(1年前1.339224ドル ⇒ 現在 428117ドル)も分配率は下がります。

交付日 株価 配当等の単価 分配率
19/02/05 270.06 1.435429 0.53%
19/05/09 288.1 1.233119 0.43%
19/08/05 291.62 1.43164 0.49%
19/11/06 308.94 1.383619 0.45%
20/02/05 332.2 1.569992 0.47%
20/05/08 292.44 1.405559 0.48%
20/08/05 332.11 1.366242 0.41%
20/10/30 326.54 1.339224 0.41%
21/2/1 376.23 1.580000 0.42%
21/5/6 419.06 1.277788 0.30%
21/8/2 437.59 1.375875 0.31%
21/11/1 460.04 1.428117 0.31%

SPYの現状を確認します。⇒は私のコメントです

設定来約30年間の株価チャートです。1993年1月には43ドルでしたが、2021年11月には463ドルになりました。10倍以上になりましたが、これ以外に分配金が支払われています。30年間で10倍以上になったのですから、10年ごとに2倍以上になった計算になります。ただし、2000頃にはITショック、2008年にはリーマンショックがありましたから、どの10年をとっても2倍になったわけではありません。

  • 純資産総額:$424,029.31(百万米) ⇒ 約48兆円
  • 総経費率:0.0945%
  • SPDR® S&P 500® ETF は東京証券取引所にも上場しています(証券コード:1557)
  • 主な特徴:
    〇 S&P 500®指数の値動きに、経費控除前ベースで概ね連動する投資成果を追求します。
    〇 S&P 500®指数は、世界産業分類基準(GICS)において定義される全11業種に分散された米国の大型株式で構成される指数です。
    〇 1993年1月に設定された本ファンドは、米国において上場された最初のETFです。
  • ベンチマークについて
    S&P 500®指数は、米国の上場企業の中から厳選された500銘柄で構成される指数であり、産業グループの分散は24種以上に及んでいます。
  • ベンチマーク:S&P 500 Index
  • 設定日:1993年01月22日
  • オプション取引:可
  • 基準通貨:USD
  • マーケティング・エージェント:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ファンズ・ディストリビューターズ LLC
  • 管理会社(スポンサー):PDR
  • アドミニストレーター:State Street Bank and Trust Company
  • 販売会社: ALPS Distributors,Inc.
  • 分配頻度:四半期毎
  • 取引所:ニューヨーク証券取引所(NYSE)アーカ市場(主取引所)、東京証券取引所

インデックス特性  2021年11月10日現在

  • 3-5年予想一株当たり利益(EPS)の成長率:16.46%
  • 組入銘柄数:505
  • 株価キャッシュフロー倍率(PCFR):17.90
  • 株価収益率: 24.97
  • 予想株価収益率(PER):22.04

利回り指標 2021年11月10日現在

  • 30日SEC利回り:1.16%
  • 30日SEC利回り(Unsubsidized): ー
  • ファンドの配当利回り: – 1.22%
  • インデックスの配当利回り: 1.31%

運用実績 青:基準価額 黄:S&P500Index

ファンド・パフォーマンス 基準日 1年間 3年間 5年間 10年間 設定来1993/1/22
基準価額 2021年10月31日 42.67% 21.28% 18.75% 16.06% 10.56%
市場価格 2021年10月31日 42.56% 21.28% 18.74% 16.07% 10.56%
S&P 500 Index 2021年10月31日 42.91% 21.48% 18.93% 16.21% 10.70%

⇒ 最近1年間の値上がりは42%と、極めて高かったことが分かります。それにしても過去30年間の平均利回りが10%を超えているのですから驚きです。数年前までは10%でなく8%でしたが、それでも十分に高いのです。私は、この数字を初めて見た時に、私の見方が間違っているのではないかと思いました。しかし、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社だけでなく、ブルームバーグ社のデータも同様だったので、本物だと確信しました。これらのデータは、アメリカの庶民にとっては常識的な数字ですが、日本人の多くの人には、いまだに信じられない数字でしょう。

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です