『お金持ちになる方法を教えます』の実践

昔の金持ちは土地持ち

私の若いころ、周りには10億円の不動産を持っている親戚知人が数人いました。そのころ私の年間貯蓄額は数百万円でしたから、とても10億円を貯めることはできないと思っていました。当時のお金持ちは親から相続した土地によって資産を増やパターンがほとんどでした。

現代は投資

しかし、今は不動産ではなく、投資によって資産を増やす時代になりました。投資といっても、私の行っているETFや子供たちに勧めているインデックスファンド投資なら、あまりリスクは高くありません。

インデックスファンドの積立投資で損をする確率

自分が10年後に死んでいる確率が低いように、インデックスファンドの積立投資で10年後に損を出す確率も高くはありません。あまり、投資による損を意識し過ぎて、無駄遣いや無駄な貯蓄をし続けるよりも、お金持ちになる方法を実践したほうが良いと思います。

最近十数年間で、私の資産は3倍に、連れ合いの資産は2倍に増えました。娘、息子の金融資産も最近3年間だけで2割程度増えています。過度に恐れることはなく、10年間積立投資することがよさそうです。

INSIDER PERSONAL FINANCEの2023年5月6日の記事を読んで見ましょう。


『お金持ちになる方法を教えます』を読んで、私はお金を自動化し、投資先を変え、銀行と決別します

jen glantz

要約

  • 今年は本棚にある本を全部読みたいと思っていて、”I Will Teach You To Be Rich “から始めた。
  • いくつかのアドバイスは一般的なものだと感じたが、自分でもやってみようと思っている3つの良い戦略を持ち帰った。
  • 家計の自動化、インデックス・ファンドへの投資、そして銀行との決別だ。

私の個人的な目標のひとつは、本棚にある本をすべて読むことだ。私の蔵書の50%以上は、古本屋で買った文庫本や友人からのお下がりで、一度も読んだことがない。一冊一冊じっくり読んでみて、どれを残し、どれを地元の図書館に寄付するかを決めようと思った。

年の初日に、この目標を実行に移すことにした。私は目を閉じ、本棚から一冊の本を手に取った。選んだのは、ラミット・セティ著『お金持ちになる方法を教えます』。夫からもらった本だが、実は一度も読んだことがなかった。

I Will Teach You To Be Rich (2nd Edition): No guilt, no excuses - just a 6-week programme that works - now a major Netflix series

タイトルからして、この本の中のアドバイスはリスキーで型破りなものだろうと思ったが、まったく逆だった。クレジット・スコアや当座預金口座と普通預金口座の違いなど、金融の基本を学ぼうとしている初心者にぴったりのアドバイスがたくさん書かれている。

私は、早急に取るべき金融の次のステップを合理化するためのメモや実行可能なヒントを書き留めている自分に気がついた。『お金持ちになる方法を教えます』を読んで得た大きな収穫は3つあった。

1. 自動的なお金の流れを作る

私は家計の整理と実行可能な予算の作成に多くの時間を費やしてきたが、毎月のマネー・ゲーム・プランを自動化したことはない。現在は、異なる口座間のお金の移動、退職金への現金の入金、クレジットカードの支払いなど、すべてを手作業で行っている。これでは、週に少なくとも1時間は家計の処理に時間を費やしていることになる。

セティは、給料が自動的に分割され、複数の口座に直接入金されるように設定できる、自動化されたお金の流れを描いている。

彼の仕組みはこうだ: 給与の一定割合が毎月401(k)に自動的に振り込まれるように雇用主に設定し、残りは当座預金口座に振り込む。当座預金口座から、貯蓄口座、Roth IRAのような退職金口座、そしてクレジットカードやその他の請求書への支払いに自動的に現金を回すことができる。

私の構成は目標によって多少異なるだろうが、自動化されたフローを作ることで、財務管理が標準化され、簡単になる。

2. 銀行と決別する

この本の中に、しばらく、あるいは私の場合はずっとその銀行を利用しているために、銀行を変えようとしない人がいるという一節がある。その忠誠心は報酬を生まないし、実際、経済的な足かせになりかねない。

私は、最初に口座を開設した銀行の当座預金と普通預金口座をまだ持っている。これらの口座にあるお金の85%は、手数料が安く金利の高い別の銀行に移したが、残りのお金を移して永遠に口座を閉鎖する気にはなれない。

つまり、新しい銀行では0.5%の利息がつくのに対して、私の現金は0.01%の利息の銀行口座に眠っているため、私はより多くのお金を稼ぐ機会を失っているのだ。

また、この銀行のビジネス口座では、残高が最低必要残高を下回っているため、毎月の手数料が頻繁に発生する。もしビジネス口座を別のところに移せば、同じようなペナルティがない銀行を見つけることができるだろう。

私のやることリストの上位にあるのは、人生の大半を費やしてきた元の銀行と決別し、もっとお金を育ててくれる銀行と関係を結ぶことだ。

3. 個別株ではなくインデックス・ファンドを選ぶ

数年前、株式投資を始めたばかりのころは、自分が支持する企業や信じる企業の株を買うこと以外、大した計画もなかった。そのため、多くの個別銘柄を保有することになり、それをどうするか、いつ売るかという戦略もなかった。

この計画には欠陥があることは以前から分かっていた。この本を読んで、個別株よりもインデックス・ファンドの方が優れていることをよりよく理解することができた。

セティは、インデックス・ファンドとは、市場のインデックスに一致するようにコンピューターが運用する銘柄の集合体だと説明する。個別株よりもインデックス・ファンドを選ぶことで、私が株を保有している30以上の企業を監視したり、何百、何千もの株や債券のコレクションに投資したりする代わりに、もっと手を煩わせることがなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。